W90h90 artist

RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL

勝手にきゅんプレ

CHERRY NADE 169

♪ワンフォーム

Artist

歌詞を見る Icon plus
形はなくて  特に色なくて  言葉にしたって  借り物だって
善いもんだって  悪もんだって  真似やフリにしかもうならなくて
夜がふける度に  追い込まれる  今日が始まる

散々迷って苦労して見つけた  ”自分”  もどうやらもう世間じゃ取るに足らん存在のようで
誰かの何かと比べられ  挙げ句の果てには「個性がない」
ちょっぴり気づいてた量産型ライフ

あの頃は
運命より早く走ろう  誰の何より光ってみよう
燃えかすも溶ける程のブルー  所謂これ努力のルール
保証はないのに信じてた  やる程上に行けると思っていた
でもそろそろもう限界だ  “何か”  に追い込まれている 

くらくら  くらくらと目眩  処方箋もなく
ひらすら  ひたすら言いきかせた  「がんばれ」 

始まった今日から  逃げれないから  逃げないまま歩いてきた
いびつでも  細かくても  これは僕だけの足跡

この傷や涙が誰かに言えば不幸自慢  苦労自慢であったり
誰かの何かと比べられ  挙げ句の果てには「よくあるね」
ちょっぴり気づいてた量産型ライフ
あぁもう  無意味に比べる世間の実体のない言葉を信じて
どうして自分を信じれない  僕はたった一人なのに

世界から  逃げれないから  逃げないまま震えていた
やっとで乗り越えた日々組み合わせ  僕になっている
あの時の痛みは  痛みのまま終わらせない
無駄じゃないんだ  そう言い聞かせて  ここに立っている

自分なんてわからない  でもいないフリもできない
隠れても  叫んでも  どうしても僕は僕を知っている

形はなくて  特に色なくて  言葉にしたって  借り物だって
善いもんだって  悪もんだって  真似やフリにしかもうならなく…否

形はあるよ  赤色が好き  僕にしか言えない言葉があるの
善いもんだって  悪もんだって  もうカテゴライズの外へ出ています
夜がふける度に  覚悟を決める  僕が始まる

代わりはいないって信じてるんだ  それだけでここまできた
かさぶたになったあの痛みは僕の模様に
始まった僕から逃げ出したって同じならば
全ての足音を結んで  言葉  紡いでいきたい
全て僕だけの模様に

モノクロパンダ

♪怪獣

Artist

歌詞を見る Icon plus
さみしい時にさみしいと 言えなかった怪獣は
その君の右手を待ってたの 小さくこごえる夜に
世界のほんの一握り せまいたいくつな森の中で
『明日がくるよ』とおびえて 死んでしまいたくなるのでした

水玉の世界の不自然な 明るい未来をかきまぜて
つながるはずのない 君の世界飲み込む

ここで待ってた 君を待ってた
消えてしまった色 探し
確かな愛をつかんだら
あざやかな色をまとって

青白く香る風景を ぼんやりと一人見上げて
また『今日が終わる』と嘆いて 殺してしまいたくなるのでした

やさしい世界の不確かな スプーンにうつる横顔を
僕だけ君だけ 独り占めにしたくて

描いた夢も 幼い記憶も
よく消える消しゴムで
消してしまえば
残るのは
君と交わした温もり

ここで待ってた 君を待ってた
消えてしまった色 探し
確かな愛をつかんだら
あざやかな色をまとって
二人で壊そう 色のない世界

メメタァ

♪I wanna be

Artist

歌詞を見る Icon plus
友だちのパンクロッカーは中指を立てはしないけど
いつも心の中に変わらないもの 一つだけ立ってる

友だちのパンクロッカーは汚い言葉を吐かないかわりに
優しい言葉とメロディーを紡いでいる

僕もあんなふうに歌いたい
ぼくもあんなこと言いたいな

I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のように
I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のようになりたい

仕事から帰った僕の父さんの顔は別に楽しそうじゃないけど
毎朝決まって 仕事に行きます

仕事から帰った僕の母さんは
「今日も疲れたなぁ」
と言いながらも 僕らのためにご飯を作ります

僕もあんな風に守りたい
僕もあんな風に包みたい
誰かを

I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のように
I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のようになりたい

僕はあんな風に歌えない
僕にはあんなこと言えない

でも僕には僕の歌
僕には僕の言葉がある
いつでも

I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のように
I wanna be I wanna be
あの人のように あの人のようになりたい

まちぼうけボーイズ

♪Sunagawa like teen spirit

Artist

歌詞を見る Icon plus
1人になって突っ切った君はすっかり頭大人になって
どうすることもないしタイミング見切って同じ行動ばっか
ふらついたり一点に重い思想も何も持たなくなって
終わりが近づいていたからもう届かない

頭の中ノックして
見慣れたその先へ

2人になって突っ立った君はすっかり心弱くなって
間違いなんてないし言っていることもう同じ話ばっか
頭の中から皮肉ったように言葉を話していたんだ
このままで終わったら壊れていきそうで

頭の中ノックして
見慣れたその先へ

頭の中ノックして
見慣れたその先へ

été

♪スタート

Artist

歌詞を見る Icon plus
君の手を放して進む 言わなかった言葉は胸に

「この先の永遠」だなんて 君は言って 目を瞑った 空を仰げば
曖昧な群青眩んで 僕は知った 見えない世界の色

届かないものばかり見えるのは その身体の重さに気付いてないからで
夢のような時間は過ぎ去って あの日僕らが遠ざけた「外」の世界に僕は もう一度触れてみたいと思った

君の目が涙に揺れて 崩れそうな夜でも 振り向かないように
僕たちが朝になる頃 この寂しさはきっと 消えないだろう それでもいいよ 君が笑った あの日に手を振る

夕方のバス停の隅で
ありもしない孤独に震えて
届かない日々のことばかり 考えてた

君のことを忘れるわけではないけど
このまま手を繋いでいたら僕らはきっとどこへも行けないままだ
あつい日々も、冷たい廊下も、君の笑顔も全て胸にしまって
それでも僕は その先にあるものを 見たいと思う

朝焼けが涙で滲む 知らなかった世界はあまりに綺麗で
君の手を放して進む この寂しさはきっと 消えないだろう それでもいいよ 君が笑ったあの日に

アマリリス

♪無重力トンネル

Artist

歌詞を見る Icon plus
無重力トンネル

無重力 それは重力全てから 解放されて ふわふわしてる つまり今の僕のこと

強大そして絶対的な可愛いは
まるで宇宙僕の全てになりそうで少し怖いな

暗くて長いトンネルの中
迷い込んだ時 それを恋と知る
トゥルーエンドかバッドエンドか
はたまた出口など無かったのか

無重力トンネル 抜けられぬトンネル
先長いこの片想いに終わりはあるのか
トンネル 抜けられぬトンネル 眩むような 眩しい光に目を細めていたいのです

強大そして絶対的な可愛いに
最早何も抗う術など無かった

暗くて長いトンネルの中
君を探して走り出した

無重力トンネル 抜けられぬトンネル
先長いこの片想いに終わりはあるのか
トンネル 抜けられぬトンネル 眩むような 眩しい光を独り占めにしたいのです

進展は皆無です。まだまだまだまだあなたに報告するほどは実らないのです。
過冷却された心がバキバキと凍っていく音が聞こえた気がした

君を見つけて また走るよ

無重力トンネル 抜けられぬトンネル
先長いこの片想いに終わりはあるのか
トンネル 抜けられぬトンネル 眩むような 眩しい光に目を細めていたいのです

眩い光求めて
恋の出口探す

グッドバイモカ

♪金曜ロードショー

Artist

歌詞を見る Icon plus
午後9時のロードショー 知らない場所に連れて行って
金曜日のテレビジョンに飛び込んで帰らない

流された毎日は退屈を覚えてる
終わる世界だけにエンドロールは流れる
流される毎日の時間に怯えている
終わらない世界で今夜流れるシネマ

何処へも行けるから どこへも行かない
ここから見えるから ここにはいらない
誰もがそこにいる 誰もいなくなる
全て入れ替わる

午後9時のロードショー 知らない場所に連れて行って
金曜日のテレビジョンに飛び込んで帰らない

もう9時のレイトショー 知らない場所に連れて行って
独り占めのテレビジョン 誰にも渡さない

ごめんね少しだけ眠るから 涙を流すの少し待って
壊れた世界を巻き戻して わがままに終わりをもう一度

午後9時のロードショー 知らない場所に連れて行って
金曜日のテレビジョンに飛び込んで帰らない

もう9時のレイトショー 知らない場所に連れて行って
独り占めのテレビジョン 誰にも渡さない

午後9時のロードショー 知らない場所に連れて行って
金曜日のテレビジョンに飛び込んで帰らない

アカイロ

♪例えば

Artist

歌詞を見る Icon plus
自分で選んだ 場所がとても息苦しくて
それでも笑って 取り戻せなくなっていく

塗り重ねた言葉の意味が
わからなくなって
どうにか見つけられないかな
単純なことのような

例えば そこにはなにもないとしても
少しは あなたのためになるかな
例えば そこにさ こんな歌があるなら
少しは あなたも笑ってくれるかな

なんとなく言葉が 冷たくて 壊れそうで
触れられなくて それが少しさみしいんだ

気づかないうちにいつの間にか
助けられたんだ
今も君の声がここに残ってる
たったそれだけなのに

例えば そこにはなにもないとしても
少しは あなたのためになるかな
例えば そこにさ こんな歌があるなら
少しは あなたも笑ってくれるかな

例えば 僕にはなにもないとしても
少しは あなたのためになるかな
例えば そこにさ こんな歌があるなら
少しは あなたも笑ってくれるかな

エスクレッソン

♪線光花火

Artist

歌詞を見る Icon plus
水たまりに映る虹を全部拾って 君にプレゼントしたいだけさ
朝、怖くて立ち上がれない君に
そう それは優しく手を差しのばすように

水しぶきが飛ぶ空に戻りたいってこと
本当はわかっていたんでしょう?

透明な声に 風鈴なんか鳴っちゃって
無口できれいに笑ってみたりして
火をつける瞬間だけ本当に寂しい顔するから見てられないよ

少し伸びた髪を 強く結んだら
また前だけを見て 歩きだせるかな

本当はただ 傍にいてほしいだけなんだ
無口できれいに笑う君は

生ぬるい風の中 太陽の下
空に手を伸ばす

開花 to Roots

♪ドラマチック登場

Artist

歌詞を見る Icon plus
あぁ 決戦の日 to night 今日こそはと 勢いは so good 帰り道 ため息交じりに But oh nonono...
本気出せよつったて 何か話せば 世間話だ 大事なことは またおあずけだ ohoh..
広い世界 探してもこんな弱虫 意気地なしはいない 賭けても良いくらい 情
けない 時間は無い 余裕なんてもっと無い 蹴飛ばして欲しいくらい
簡単だ そんな事分かってんだ ドラマみたいな展開 期待してるわけじゃないから
難解な 思想なんて捨てたいや 重くて 走れやしない

あぁ あいつ誰だ Oh NO!! 文句なし 男前 スタイル Good ライバル登場 こりゃやばいんじゃない...?
STOP!!よく考えンだ!! むしろチャンスだ また今度はない 諦めるにはまだはやいんじゃない?ohoh
何気ない話 いつも通り 変わりはない おや ちょっと違う これは運が回ってきてる
逃す術は無い 選択肢なんて余裕もない 今がラストチャンスだ!

下見ていてもなんも落ちちゃいないんだ ここでスタートを切るしかないんだ
ネガティヴ的人格にさよなら おさらばしよう
手に汗握って 言える気がする君に向かって 全力で走れ
さんざんな 結果でも構わないや
ライバルは大勢 待った無し 抜くか抜かれるかのレース
最高の テープはあと少し ぶっちぎりだ ダントツなんだ この気持ちは 止まれない lovin you やっと言えたよ

Crawlingfly

♪秘密

Artist

歌詞を見る Icon plus
君との朝はもうこれで最後にしよう
纏まらない言葉が僕を苦しめていた

君の知らない世界が僕にはあってさ
そんな事をあと何回思えばいいんだろう

このままじゃダメなんだ それを君に言えないでいるの
曖昧な事はもう今すぐに終わらせないと

君との朝はもうこれで最後にしよう
纏まらない言葉が僕を苦しめていた

君に会う日はいつも汚れた手を拭いて
何気なく愛を向けるふりをするんだ

このままじゃダメなんだ それを君に言えないでいるの
曖昧な事はもう今すぐに終わらせないと

僕はもう 嘘でしか 君と笑えなくて
君らしさも 不器用さも 消して

このままじゃダメなんだ それを君に言えないでいるの
曖昧な事はもう今すぐに終わらせないと
終わらせないと

警笛鳴らせ

♪メメントモリ

Artist

歌詞を見る Icon plus
夜もすがらこの街の少年少女は
空を飛ぶ夢を見て流線を描き 走る
夢ぎわの街はいつでも黄昏て
人は終わりを知り
明日に賭ける欲望を捨てて
ただ静かに笑うだけ
目覚めた僕はちょっと
死について考えて
活字と化した死者に
手を合わせ肉を食った
死に向かい生きてゆくこの瞬間も
ろくでもない感情に火花散らす
錆びついた言葉でも酔わせてくれ
空洞がガソリンを燃やし尽くすまでは


すぐそこにある暗闇を見ないふりで
踊る生者の群れ
神様はそこに唾を吐いて
僕らは捨てられたんだろう
夕暮れ行き交う
車のテールライト
空を汚してもなお
両手を伸ばしている
死に向かい生きてゆくこの瞬間も
ろくでもない感情に火花散らす
錆びついた言葉でも酔わせてくれ
空洞がガソリンを燃やし尽くすまでは
朽ちる肉と曲がる骨と
腐る夢に呆れ果てて
それでも尚明日はもっと
美しいと信じて
死に向かい生きてゆくこの瞬間も
ろくでもない感情に火花散らして
錆びついた言葉でも酔わせてくれ
空洞がガソリンを燃やし尽くすまでは

さよならミオちゃん

♪かいしんのいちげき

Artist

歌詞を見る Icon plus
世界の全ては一切分からん
まだまだ若輩者ですが
部屋から飛び出し何かを伝える
私なりの日記です
生きているのか死んでいるのか
分からん濁った毎日で
どうにかこうにかこの現状を
変えてやりたいと思う次第であります

まずそれには何が必要だと考えた結果、僕に
あるもの一体何なんだろうと頭巡らせてみましたが
「学歴・職歴・ルックス・人柄」何も持ち合わせて無い訳で
生憎これしか出来ないもんなあ
音と言葉を組み合わせるそう

現在!Yeah!
不平も不満も受け入れる、この
現在!Yeah!
何でも出来ちゃう曲の中なら
現在!言え!
ない事も言えちゃうが僕等は弱い
だから貴方と貴方と貴方と貴方と貴方と貴方と僕で
今日だけ一緒に踊りませんか?

「かいしんのいちげき」決めてやれ
そう、どうやら僕等はどれだけやっても死なないみたいで
「かいしんのいちげき」決めてやれ
9回裏2アウトから逆転、憧れているんだ
「かいしんのいちげき」決めてやれ
そう、ナードで中二でダサくて根暗でボケてる僕等が
「かいしんのいちげき」決めてやれ
まだ知らん未来を殴る、「かいしんのいちげき」だ!

世界の全てを分かったとほざく
若輩者が居ましたが
知らん間にどっかへ消えてった
貴方の真理とは何だったのか?
言いたいことも言えないこんな世の中じゃ…POISON
なんて反町隆史が言ってたなぁ、俺にはあんたよりも発言力が

なーーーーい!Yeah!
強者の弱音はただの皮肉で
現在!Yeah!
弱者の強がり夢物語
現在!Yeah!
過去と未来は一旦置いといて
貴方と貴方と貴方と貴方と貴方と貴方と貴方と僕で
今夜も一緒に踊りませんか?


「かいしんのいちげき」決めてやれ
今日も失敗そんでおやすみグッナイ明日やればいいや
「かいしんのいちげき」決めてやれ
弱パンチもキックもニーエルボーも全部要らないのだ
「かいしんのいちげき」決めてやれ
ただBボタンのひと押しで大逆転するのだ
「かいしんのいちげき」決めてやれ
まだ知らん世界を殴れ、「かいしんのいちげき」だ!


そしたら君はどうなるのかな?
考えずに言っちゃってー!
エビバディダンシン気分は送信
大体バイバイ言っちゃってー!
うるさい外野の妄言とかさー
気にしなくたっていいんだよ?
それではショータイム、MC交代

お待たせしました

Yeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaah!!!!!
天才に憧れてた
現在!Yeah!
鬱屈した青春時代が
現在!Yeah!
それがあるから今があるんです
貴方と貴方と貴方と貴方と
貴方と貴方と貴方と僕で
今夜も今夜も今夜も今夜も
今夜も今夜も今夜も今夜も
今夜も一緒に踊りませんか?

「かいしんのいちげき」決めてやれ
あぁ、必殺で必勝だ、僕ら全部ぶっ飛ばして
「かいしんのいちげき」決めてやれ
「我々にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな一歩だ」
「かいしんのいちげき」決めてやれ
なんて虚言も本当にしてやるよ、大嘘憑き(オールフィクション)です
「かいしんのいちげき」決めてやれ
もう後が無いんだ、これで最後
「かいしんのいちげき」だ!

ジャンプ ザ ライツ

♪OVER FLOW

Artist

歌詞を見る Icon plus
人間関係案外脆いものだから絶対なんて保障どこにもない
あんな奴の顔なんざ二度と見たくもない
なんだってあんな男信じちゃったんでしょうねぇ?
もう信じないわ甘い言葉にはなんてね
危ない!その時に
頬かすめた風にいま恋をした

感情沿線上 何かがしびれてはじけとぶ
案外鮮明にまぶたに焼き付いた
全然軽症じゃすまないわ足が進まない
とうとう完全にやられたなくらくら

心の中にそっと住み着いてたけど
触れないようにちゃんと鍵かけて
見えないように絶対背を向けてたのにさあ
肝心なところで役に立ってないんじゃもう(バイバイ)
オーバーフローさ、心の限界なんでしょう
思いとうらはらにひかる瞳にうつった顔を見た

TETOL SNOVER

♪虹が咲いたら

Artist

歌詞を見る Icon plus
信じられない真実を 突きつけられたとき
誰のためを想うのが 一番正しいんだろう

信じたくない現実を 目の前にしたとき
誰のせいにするのが 一番正しいんだろう

知らなきゃよかったな そう思うことばかりで
虚しいよ 怖いよ

悲しみを悲しむだけなら 神様の思う壷だと 笑いたい
移り変わらない季節なんてないから 焦る必要なんてないよ 

悲しみが止んで虹が咲いたら 新しい街へと歩き出そう

虹のふもと目指して どれだけ歩いても
辿り着けはしないと知って 儚く思えた

知らないことばかり 誰かの言葉借りて
全部知ってる気でいた

悲しみが降り止まなければ 神様の愛情の裏返しだろう
未来ならそこで待っててくれるから 急ぐ必要なんてないよ

待ちわびた明日も 手にしたい幸せも
過去を塗り潰すためにあるわけじゃない
こぼれた涙も 積もった後悔も 虹を咲かせるよ

悲しみを悲しむだけなら 神様の思う壷だと 笑いたい
雨雲の空も 明日は晴れるかな

悲しみに何度出会っても 悲しみを悲しむことに 慣れないで
ずぶ濡れた今を 光が照らすから 焦る必要なんてないよ 

悲しみが止んで虹が咲いたら 新しい街へと歩き出そう

Hippy di voo doo

♪あまい

Artist

歌詞を見る Icon plus
怒っているのか
嫌っているのか
甘えているのか
判らないなあ、それじゃあ

黙っているから
其方を向くから
待っているから
読めないなあ、それじゃあ

離れていきたい時は
発して伝えてみてね
僕は構えているから
心配せずにおいでよ

どんな酷い言葉でも
発して伝えてみてね
僕は跳ね返さないさ
どれだけでも甘えて

僕は君が好きだから
どれだけ悲しくても
結局全部許していて
立て直す方に必死さ

泣いているの
笑っているの
知りたいから
此方を見てよ、ねえ

愛されているの、と
自慢して貰いたい位
僕の喜怒哀楽の全て
君の為にあるんだよ

積み重ねていく幸せ
君の事が好きなんだ

プールと銃口

♪さよならアクアリウム

Artist

歌詞を見る Icon plus
急行の車窓から見えた外の世界は極彩色の街。
いつだって僕を睨んでいた。
35度5分の君は青に飛び込み、透明な息継ぎ。
僕はただ見ているだけだった。

魚になりたいって君は言った。
そうここはただの水槽、アクアリウムさ。
もう何度も壁にぶち当たってるのに、
君は気付かないんだね?

あれから8年が過ぎて街にはビルが建つ。そこは僕の知らない君の知らない街。
この街は全てだった。スカートのはためき、透き通る瞬間。誰もが信じた夏がそこには有った。
素敵れなかった思い出は塔となって僕達を俯瞰している。
ナンバーガールはもういない。
さあ、この街を抜けだそう。

透明な季節の中 踏切は閉まって
君に会いに 今、駆けようか?

海になりたいって僕は言った。
この街はやけに綺麗にキラキラ光る。
もういいんだよ。
作られた色を見て、そんな悲しい顔を、しないで!

魚になりたいって君は言った。
そう、ここはただの水槽、アクアリウムさ。
もう何度も壁にぶち当たってるのに、君は…

村上雄太

♪Only My Life

Artist

歌詞を見る Icon plus
ノラ猫みたいに パッと見、どれがどの猫か判らないように
猫が見ても きっとどれがどの人か分からないんだろう
僕もここで生きている

盛り上がっている話題に入っていけてないことに気付いて
黙り込んで 適当な理由述べて その場を離れた
僕はここに居てもいい?

only my life 僕の声と
only your life 君の声が
不意に響き合えた偶然のハーモニー
肩がぶつかったとき 一人の存在に今
気づけたよ 出会えたよ

躓いて恥ずかしくなり 逃げるようにその場を去っても
実は誰も 自分でいっぱいで それすらも気にしない
僕はここで生きている

他人だけで構成されるファミリー それが地球というんだよ
ありがとうもごめんねも言えないほど 分かりあってるから
僕もここで生きている

only my life 僕の足と
only your life 君の足で
すれ違う靴音(踵)からのシンコペのR&B
重なった二拍子で 誰かと生きているって
意味がある 何かある

only my life 僕の笑顔と
only your life 君の笑顔が
すれ違いぎわ目が合えた突然のファンタジー
何億のシナリオが 同時にこの世界で
進むから ぶつかるから 気付くから
出会うから 愛し合うから 今ここに居る

ゆうせいから

♪桜並木でまた会おう

Artist

歌詞を見る Icon plus
季節は流れ、春はあけぼの
いつかのあの娘によく似てたな
道の真ん中、散った花びら
集めても意味はないだろうに

二本足で立ち、そして歩いてく
それが人と猿の違いなら
許されぬまま、許せないまま
僕らは大人になってしまう

いつかあった日にはきっと敵同士だ
そんなことを君は言っていた
でももう二度と会うこともないな
それでも君がゆく道はきっと幸せであるように

戦争をしよう、そんな空気を
足の裏ぐらいで感じてた
心は貧しい、暮らしは苦しい
とてもそれどころではなかった

いつか会えるのなら きっと敵同士で
そんなことを僕も思ってた
だから精一杯でいよう
いつか呪ったこの道がきっとやさしさであるように

ららら

YUTORI-SEDAI

♪眠れぬ夜

Artist

歌詞を見る Icon plus
ゆらゆら揺れる僕の気持ちは
君にまた揺らされてる
弱虫過ぎて怖がりだけど
いつか君のそばで笑いたいんだ

考えすぎかな それでもいつも考えてしまうんだ
もっと素直になれたらきっと すごく楽なのに

夢のなかでいいから君が同じ思いで いてくれたらいいな
そんなにうまい話あるわけないか なんて馬鹿なんだろう

夢で逢えたら そう思いながら
今日もまた眠れないよ
弱虫過ぎて怖がりだけど
いつか君のそばで笑いたいんだ

今の君から今の自分は どう見えているかな
もしも君に他の誰かが いたらどうしよう

夢から覚めても まだ夢のなかなんだ
夢から覚めないよ
もし生まれ変わっても 君を思うだろうな
そんな気がするんだよ

ゆらゆら揺れる僕の気持ちは
君にまた揺らされてる
弱虫過ぎて怖がりだけど
いつか君のそばで笑いたいんだ

夢のなかでいいから君が同じ思いで いてくれたらいいな
そんなにうまい話あるわけないか なんて馬鹿なんだろう

夢で逢えたら そう思いながら
今日もまた眠れないよ
弱虫過ぎて怖がりだけど
いつか君のそばで笑いたいんだ


ラックラスター

♪イロハ

Artist

歌詞を見る Icon plus
ここは思うほど
恐ろしい場所でもなさそうです
愛した世界を
離れるのが少し辛いだけです

肩と肩がぶつかって
涙も少しこぼれました
そちらを想うことがないこともないので

信じてるって言わないで 
愛してるなんて言わないでくれ
それで帰るほど弱っちゃいないけど
待ってるなんて言わないで
愛されてるのは百も承知さ
強がりじゃないことくらいわかるだろ

ああ これじゃあれだ
立派にラブソングだな

どうにかこうにか
らしくない言葉を紡いで生きてる
なんてさ少しも
柄にもないことを言うつもりはない
肌と肌が触れあった
夢でも夢見てみましょうか
深く考えるのは案外苦手でね

言葉なんてなんだって同じで
あかさたな はまらやわ
ほらもう立派にラブソング

もうそれ以上言わないで
言葉なんかで伝えないでくれ
待ってるなんて言わないで
愛してるなんて言わないでくれ
言われなくても俺は胸を張って生きているのさ
それは本当さ

ああ これじゃあれだ
やっぱりラブソングだな

いつかはこんなもん
笑える思い出にできるようにさ
覚悟はしてるから
もう少し信じて待っててくれ
もう少し愛して待っててくれ

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録