W90h90 artist

RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN

空間系、ギターソロ、リフが印象的なバンド

ギターさんのアレンジとかソロとかリフとか好きな感じのバンドさんを選んでみたの(n´—`n)

作成者:ユイ (2015.10.10 11:54)

キイロヒト

♪或る部屋の、

Artist

ギターさんのソロめっちゃかっこいいんですの (n´—`n) でぃれい?のリフも好き。

歌詞を見る Icon plus
冴えない目を擦った 僕らは行く 僕らは行く
大人になってしまった 僕らは行く 僕らは行く

答えない日々が見透かしてる 繰り返す朝と夜の隅
散らかしたままでいつだって 
唯 唯 始まりを待ったの

足りないまま目を閉じた 光り 痛み 淡いままの日々も 部屋の隅に紛れてしまったの
浮かぶ 歪む 煙になって消える 未来 いつかのその声も 思い出せやしないんな

ぼやけた絵も失くした 僕らは眠る 僕らは眠る
光る窓を眺めた 僕らは眠る 僕らは眠る

当たり前に夜が来て 当たり前に朝を聞いて
点いては消える灯りも 疑うことなんてなくて
揺れる 揺れる 
憂う世界で 
まだ まだ 始まりを待ったの

足りないまま目を閉じた 光り 痛み 淡いままの日々も 部屋の隅に紛れてしまったの
浮かぶ 歪む 煙になって消える 未来 いつかのその声も 思い出せやしないんだ

ヨルニトケル

♪dilemma(only mine)

Artist

ギターの音が印象的なの(n´—`n)

歌詞を見る Icon plus
眠れない夜の中 進むtokyonizeの日々に
夢は置き去りにして笑う、無情な僕でした

残酷なfade out

繰り返す夜の中 歪むtokyonizeの日々に
言葉は遮られて、歌う声も奪われた

何でそうなるの? 誰のせいだろう?
答えは知ってるよ 僕のせいだろう?
dilemma only mine
誰もわからないくせに 偉そうに決めつけないで

僕らは満たされた世界の中で
不確かな明日を信じてる
変わらない僕は何処だろう?
鏡の中で笑う君は誰?

認めたくない顔で僕は僕を裏切っている
眠らない夢を見させて

いつかの理想みたいに光って、笑って、うそぶける今日です
でも本当は全然満たされてないし思ってることは伝わらないから
ねえ、今だけは僕を見ていてよ

壊された日々の欠片を集めて
此処で全部殺すから
見ててよ、僕だけのdilemma
夜を溶かすBLACK HEAVEN

Do you lost the heaven?
into the BLACK HEAVEN

僕らは満たされた世界の中で
不確かな明日を信じてる
変わらない君は何処だろう?
鏡の中で笑う僕は誰?

認めたくない顔で君は僕を裏切っているけど
流れ行く日々の中、このまま縛られ消えたくは無いよ

歌声響け、言葉よ刺され
あなたの心に僕が残るまで

眠らない夢を見させて

「終わる事の無い夢を見せるから」

flower in the vasement

♪faded

Artist

キーボードに絡むギターさんのアレンジがイイ(n´—`n)

歌詞を見る Icon plus
君が僕らから奪った
白くて四角いあいつ
土足で乱暴に踏みにじった
そうさそうさ 僕は停滞した

揺らいで揺らいで揺らいで
汚れたから 痛くて痛くてだけど
垂らして垂らして垂らして
廃棄物を ハンカチで拭った

君はマニュアル通り自然に
服を脱がせて横になってと促す
土足で乱暴に踏みにじった
そうさそうさ 僕は漂流7日目

また一日が過ぎて ピントは合わせられない
また一日が過ぎて 今日も今日もまた合わせられない

停滞した
揺らいで揺らいで
汚れたから 痛くて痛くてだけれど
垂らして垂らして垂らして
廃棄物を ハンカチで拭った

sheeplore

♪Melancholia

Artist

さわやかギターサウンド(n´—`n)

歌詞を見る Icon plus

君は四番線のホームで俯く
ありもしないイメージをふみつける
ビルの間に青い彗星が 誰にも見えてはいないようだ

君は騒々しいトークを塞いで
くだらない愛の真似もやめる
それはなんだか美しい世界で
返し忘れた映画を捨てる

きっとそう 簡単さ 曖昧な信号を見送る

風の匂いがして 息をとめて 少し笑った
すぐにまた消えて 君の前を通り過ぎてく
わかっている 君の手はずっと冷たいままで
夢の中で 目が覚めるのを待っているんだろう

君は四番線のホームで俯く
途切れる境界線 鳴り響くベル
指の間に青い彗星が
ここにいる理由は もうないんだよ

きっとそう 簡単さ 曖昧な信号を見送る
いつもそうやって めをつぶってたんだろ? 愛のない心臓を鳴らして

風の匂いがして 息をとめて 少し笑った
すぐにまた消えて 君の前を通り過ぎてく
わかっている 君の手はずっとまだ冷たいままで
空を埋める 青い彗星が降るのを黙って見上げている

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録