RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN

”バンド編成じゃないおすすめアーティスト”

ソロ、ユニットなどなど、バンド編成以外での個人的にオススメのアーティストをまとめました!

作成者:ぴかちゅ (2015.10.08 23:01)

神戸あかり

♪0

歌詞を見る
溜まり場だった秘密基地 今はどうなってるかな
どうでもいいように君は寝返りをうってた

波打つ鼓動のリズムがなんだか最近五月蝿いと
君が笑わなくなったから あたしは不安だ

楽になれるけど それでおしまいだよ?
諦めなければなんとでもなるんだって

だからね 君があたしの代わりに生きてよ
そしたら あたしが君の代わりに死ぬからさ


冷え切った希望を携え君はどこまで行くの?
遠くの方を見つめて何を探しているの?

言わなくていいから たまには甘えてよ
特別なことは君も持ってるんだって

だからね あたしは君を愛し続けているの
今一度 この手を取って 歩き出してみようよ



あの秘密基地に置いてきたアレを見つけてきてよ
あの秘密基地に置いてきたアレを見つけに行こうよ


だからね 君があたしの代わりに生きてよ
そしたら あたしが君の代わりに死ぬからさ


だからね 君があたしの代わりに生きてよ
そしたら あたしが君の代わりに死ぬからさ



CAPRICE

♪ルミナスのしおり

歌詞を見る
歩き続け進み続けて
探してきた答えには
いまだたどり着けそうもなく
途方にくれた 真夏の夜

いつか見た景色は
今となんら変わりないけれど
隣で笑っていた
君の姿だけが無くなった
足を止め見上げれば
そこには無限に広がる星たちが
言葉には出来ない感情を
僕に教えてくれる

虫達だって歌ってる
流れる川だって奏でてるのに

僕だって歌うよほら ah
「立ち止まる」それで見えるものがある
本当は進んでなんかなかったんだ

確かに僕は君という存在に
すがって生きてきて
与えることを経ちきって
愛を求めてるだけだった
そんな僕が今君に出来うる
最大の恩返し
もっと輝いてみせるよ だから

僕たちの創る光よ
誓いの歌にのせ 星まで届け

連れていって ペルセウス
この想いを アルタイル

僕はね歌うよほら ah
こうやって伝えていきたいから
たとえ移り行く先々で 幾度となく高い壁が
道をはばんだとしても
輝いてくれるよ 誓いの星たちが
ずっと在り続ける
道しるべ

リリカチック

♪Maze

歌詞を見る
出口はない
隔たりだけ
書きとめてた道は姿変えた

嫌なんじゃないよ
普通に感じるわ
幼い頃と違う


笑っていなくちゃ
今泣く時だ
コンピューターみたいに姿変えた

あっちでもない
こっちでもない
より真相深く覗けるように
誰かになりきるのもうんざりでしょ

決して終わりのない抜け出せないメイズ
本当のあたしを探して
早く見つけ出して
こんなんじゃないんだよ
そんな綺麗じゃない
強かなるフェイス
現実はそれさえもわかんない
どれがあたしなんだっけ
どれも偽物かしら
正解はなんだ?

Don't let me down



エントランスに群がり描いたビジョン
残像のひとつも今じゃブラックアウトしてる
エグジットはイリュージョン
Uターンは不可能
冗談じゃない

誰もスタートは空っぽの白
見る間に代わる代わるの赤、黒、青
終わりはない
(エンドレス、際限ないゲーム)
結局はどこのスーパースターも言うほどに大差ないし
そうして諭して、またしてループ
幾重にもさ迷う


決して終わりのない抜け出せないメイズ
本当のあたしを探して
早く見つけ出して
こんなんじゃないんだよ
そんな綺麗じゃない
強かなるフェイス
現実はそれさえもわかんない
どれがあたしなんだっけ
どれも偽物かしら
正解はなんだ?
もはやなんだっていいわ

Don't let me down

森ちひろ

♪くらげ

歌詞を見る
今日もまたご飯を作って
君が帰ってくるのを待つの
眠たくなってまた起きて
あぁ なんだ 夢だったのか

今日もまた手をつないで
夜の公園を散歩する
切りすぎた前髪を君は見て
くしゃっと笑って撫でてくれた

気がつけば君は僕の
当たり前になっていたんだ
夜は優しい 朝は温かい
見たことない幸せに出会ったんだ

ぷかぷか ぷかぷか
僕らは浮かんでた
光の世界に包まれて
夜の海もこわくはなかった

今日もまた会えない
僕がワガママなのは知ってる
どうしたんだろって考えてみる
今の僕にはそれしかできない

今日もまた口から出るのは
君の好きなトコと嫌いなトコロ
ほんとは考えたくないのに
やっぱり不安だった

気がつけば僕はからっぽ
きっと君も同じだったんでしょう
僕の部屋も街も変わってないけど
きっと僕らは大人になったんだ

ぷかぷか ぷかぷか
何を考えてる?
透明なのによく見えない
君は浮かんでいった もう遅いよ

Bioooo

♪ENDO ONDO

歌詞を見る
あんぴゅちゅぱぺろ

tiny tiny

♪きしゃぽっぽ

歌詞を見る
どこへ迷い込んでしまった
次の場所へ急がなくちゃ
泡になって消えてしまう
だけど僕はまだ足りないや

道端の犬は目を合わしてもそっぽ向いて 行く
どうやら無関心の匂いを嗅ぎ分けられるようだ

日本列島 東西南北
あちらこちらに張り巡らした
レールづたいに感じる鼓動
聴こえない僕の心臓の代わりに刻んで
一定のリズムでガッタンゴットン


もしもひとつ願いが叶うなら
一度 僕は時を止めてみたいな

星形にくり抜いた人参なら食べられるのに
僕ら皆 見た目の色や形にこだわりすぎているね

日本列島 東西南北
あちらこちらに駆け巡る
僕の声が聴こえるだろう
未来なんて待ったって何も変わりはしないよ
ちいさな胸を打てガッタンゴットン

ガッタンゴットン

イミシン?

♪Snoop!!!!

歌詞を見る
遠吠えて 片手で事足りる
忌憚も創意工夫と 斜めって他人を見る

保っていけ 見開いて付ける甲乙
眉間のだぶつく鈍痛 身から出る錆を一つずつ
嘘っぽい涼しい恋を歌って 図々しく馴れ合い踊って
罷り通っちゃどうしようもないよ

デトックス ほら解毒をしよう 自業自得じゃ済まされないね

蹌踉めく足でずっと突っ立ってる 泥だらけのそのイメージはほとんど
どっかの風に消えちゃうぞ 洗いようのない今だけ抱いていけ
吠え面をかいても

もしかして 独りじゃないのかもって
俯瞰で目を凝らして スティグマを押し付ける

イマジンったって ほっつく9mm口径
それもある種恒常性 とかく盛大に忘れて行く
と放っぽっちゃえば偶像に狂って
入念に燻って とても正気の沙汰じゃない

NO NUKES この鬱屈をどうおまけしてくれるってんだろう

意図したオーバードーズで楽土を捨て
矛盾してていいや

頭の中にずっと浮かんでる 覚束ない君のメッセージは意外と
勝手な色を足されるぞ 奇を衒いがちな未来だって奪い取ってしまいたいってよ

蹌踉めく足で未だ突っ立ってる 埃まみれのそのイメージはいつでも
どっかの風に吹かれてる 洗いようのない今だけ抱いていけよ
この際茫漠な未来に鎮座していな 吠え面かいても

設楽馴

♪優しい唄

歌詞を見る
「所詮この世は行ったり来たり
おんなじ日々の繰り返しなんです」

愚痴は募のり
不安ばかり
足並み揃えて押し寄せてくる

「誰か聞いてよ」
返事はあったかい

優しいだけの言葉なんかじゃ
どうせ君は満足なんてしないだろう
それならいっそこんな感じの
優しい唄でもいかがでしょうか

「何だよこれは
どうせならもっと慰めてくれ
用意はあるだろ」

「減るもんじゃないし
リスクも無いなら
出し惜しみする理由なんざないだろ」

こりゃ失礼
生憎こちらでは
優しさと同情は
全くの別物なもんでね

芝居がかった同情が良いなら
そんなもん吐いて捨てるほどくれてやる
けど欲しいのはそんなんじゃないだろ
優しいだけが優しさな訳ないぞ

「映画のストーリーみたいに
テンポ良く事は進まない
ましてや僕の日常は
常に劇的な訳でもない」
そう言って明日に残した
シナリオは君が創ったもんだろ
繰り返し使った言い訳が
導くラストシーンは見るに耐えないね

「所詮この世は行ったり来たり
同じ日々の繰り返しなんです」
逃げてんじゃねえよ
そんな台詞じゃ
誰の心にも響きやしねえぞ

君が創るその明日に辛気臭い曲なんか唄いたかないよ
それならいっそこんな感じの
優しい唄でもいかがでしょうか

parallelleap

♪そして、少女は笑った

歌詞を見る
あなた言った
髪、指に絡ませ
長い髪の毛 揺れるスカート
いつも憧れだった

「一緒に踊ろう。」手を引いてくれたね
それが僕らの出逢い
時間を忘れて笑い合った日々を憶えてる

別れを告げる
ホームのアナウンス
それぞれの道を 僕ら行くんだね
痛みを含んだまま微笑んだ

ただ見守ることしかできずに
手を振った

どんなに離れても
思い出は消えないから
何度もあなたを想っているよ

一人帰り道 いつもの音楽
いつもより少し ボリュームをあげた

悲しい夜さえ平気でいてほしい
あなたの笑った顔が見たいから
時間の流れがあなた寄り添い
優しく味方するように

僕は祈ってる
ヒカリが溢れて
全てが美しい

ただのなぎさ

♪みんな嘘ついてる

歌詞を見る
みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
きみも嘘ついてわたしの前で笑っている
みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
わたし嘘ついてきみに興味ないふりしている

みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
きみも嘘ついてわたしの前で話している
みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
わたし嘘ついてきみを忘れたふりしている

嘘に嘘を重ね、取返しがつかない
わたしが好きでも、あなたは嫌いなの分かるのよ

みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
みんな嘘ついてばっかいないほうがいいんじゃないの?
みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
わたし嘘ついて全部平気なふりしている

みんな嘘ついてる みんな嘘ついてる
きみも嘘ついて自分のこと誤魔化している
みんな嘘ついてた みんな嘘ついてた
みんな嘘ついてたけど気づかないふりしている

よしのまりこ

♪大切なあなた

歌詞を見る
大切なあなた

「心配要らないよ」って今日も優しく笑う
心の奥底見せてよ 無理しなくていいから
溢れ出しそうな 想い いつだって先回りして
誰より明るくふるまう 優しいあなたが好き

ねぇ 知ってる?乗り越えられる人だけに
神様は 試練を与えると言う

あなたは強く美しい 深く張った根は
どんな風にも負けやしない 私には見えるんだ
崩れそうになっても 明日になれば
空を見上げる あなたが私には見えるんだ

久しぶりに会うあなたの髪色が違う事
結局付けたままの 赤いベレー帽
大きなストール巻いて 見える傷を隠す
でもねなんだか不思議 前よりあか抜けたから

「辛い 怖い」見えない明日照らすように
笑い声を上げて 「生きたい」と叫ぶ

あなたが放つ輝きは 真冬の太陽
照らし続けるいのちは 明日を変えて行く
巡りゆく季節が ただそこにあると
あなたが描く未来が 私に語りかける

あなたは強く美しい 深く張った根は
どんな風にも負けやしない 私には見えるんだ
崩れそうになっても 明日になれば
空を見上げる あなたが私には見えるんだ

あなたが描く未来が

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録