W90h90 artist

RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18

埋もれるには輝きすぎて

in da my house

♪19の僕

Artist

もっとも胸打たれた歌だった。ガタンゴトンから始まる何気ない私小説がページをめくる度どんどん加速し心に押し入ってくる。わっしょいわっしょい、のクダリでは完全に打ちのめされていた。

歌詞を見る Icon plus
山陽本線ガタンゴトン
今日も中庄駅で降りる
いつの間にか決まってしまった大学の入学式へと向かってる
いつの間にか定まってくSTORY
その中で増えていくI'm sorry
「こんなはずじゃなかった、ほんとごめんな。」って
また自分自身を甘やかす
ねぇ?そんなときお前に会ったな
その幼気な眼差しにすぐに惚れた
ねぇ?そんな目して言ったよな
「ずっと一緒に居よう」なんて

もう彼女はあいつの腕の中
僕の先輩の腕の中
また会いたい ただ会いたいなんて思うけど君は遠い遠い街
タバコ吸ったお前にキレたこと
それで泣き出すよな弱いとこも忘れられんから
会いたい ただ会いたいなんてもう言わんけどさ
君は青い春

ねぇ?お前のこと忘れないから
何度だって死んでたってお前に呼びかけるから

だからそん時はいつものような調子で
バカみたいに返事してくれな?

もう会わんし好きでもないし思ってもない
タバコ吸ってたって泣いてたって知ったこっちゃないから
言うまでもないことは他でもない


「俺と俺の大事な人の次に幸せになれよ」


今彼女はあいつの腰の上に乗ってワッショイワッショイって楽しんでるんだろうな
会えない もう会えないなんて言うからさ今日も1人で自慰行為
引かれてることくらいは知ってるよ
でもこれが19の僕の全てなんだよ
会いたい ただ会いたいなんてもう言うこともないけど君は青い春


青い青い、春


こんなええバンド組んだよ
みんなアホやけど
楽しく、厳しく、何より暖かく
会いたい ただ会いたいなんてもう言わんからね


今までありがとう


今だから言える


ほんまにありがとう。

ながとろ

♪言えない

Artist

歌姫より歌えているし、ラッパーよりラップしてるし、詩人よりも苦悩の聞こる歌だ。ドラマチックな歌は聞く度に薄れるものだが、彼女の歌は聞いても聞いても薄れる事がない。

歌詞を見る Icon plus
鏡の予感 僕もこの人みたいに
隠して守って塞いで溜まって
だってたった2文字で全部が伝わる
って妄想だけが膨らむ

「平気で矛盾しやがって」って
バカにしながら嫉妬して
脳みそはなぜかいつもパンク
あいつより 僕のほうが

わかられないようにしたくなるその気持ち わかるよ
「はっきり言ってほしい」ってはっきり言えない


見ないで 来ちゃダメって両手ひろげて
とおせんぼしといて寂しいって
ちがう ぼくはただきみと
笑ってたいだけなんだ

怒られないようにしている僕を怒って
「お願い、嫌わないでほしい」って嫌われそうで言えない
わかられないようにしたくなるその気持ち わかるよ
「はっきり言ってほしい」ってはっきり言えない


嫌われないようにしてる僕が嫌い
「はっきり言ってほしい」ってはっきり言われたいな
嘘つくことも君にはしたくない
本当のことも
本当のことだから言えない


優しいって言うな むかつく
だってどうせ恋してはくれないんだろう
いつまでたってもきみには言えない
言えない 言えない 言えない

殺し文句を、あの娘に

♪あの娘に首ったけ

Artist

最初から最後まで攻めたバンドのNo.1。一歩も引かない、いや彼らは引けないんだと思う。きっと防具も盾も持っちゃいない。ギラついた剣を両手で持ちたった二人で攻め続けた。忘れないゼ。

歌詞を見る Icon plus
あの娘に首ったけ

場違いタレント気取り
した事全ては本能
時代はキザギザハート

俺はもうあの娘に首ったけなのさ

Alone alone あの娘なしじゃ、もう
物足りない愛情 のイマを
Alone alone  あの娘はいつだって、そう
俺のハートを突き刺すの

あの娘の気になる視線
感じる俺の本能
もうダメダメな俺のハート

俺はもうあの娘に首ったけなのさ

Alone alone あの娘なしじゃ、もう
物足りない愛情 のイマを
Alone alone  あの娘はいつだって、そう
俺のハートを突き刺すの

おおきゆりね

♪週末なら

Artist

歌詞の一行一行をそのままツイートできるくらいに瞬間瞬間を捕まえた歌だと思う。彼女の声で彼女の好き嫌いが並べられ、自己紹介無用のキャラクターをいつの間にか知る事となる。

歌詞を見る Icon plus
タイムカード切った今日も生きたよくやった
世界の終わり間近でいつもの日常です
ある日に終わる世界は私だけが知ってる
いつかは教えないけど理由はわからないけど

やることが変わるわけじゃない世界が終わるだけで
君の好きもあの子の夢もずっとつづくだろう

相変わらず私は今日も早起きが苦手で
彼に起こしてもらってなんとか仕事に向かうのよ
テレビでは決まった時間にいつもの人が出て
喋ってる彼と私はご飯を食べて横に並んで歯を磨くの

いつもは言わないけど今日はどっか行きたいな
東京タワーがいいな、スカイツリーより好きなの
朝はやっぱ苦手だけど東雲は好きだわ
コーヒーも苦手だけど甘いやつならのめるわ

私は右彼は左定番の立ち位置で
彼の趣味も私の好きも胸に残り続けるわ

最期だとわかっていたら君のなにかがかわるの
ねぇだったら最初からその君をみたいの
無い物ねだりと君はきっと怒るだろうか?
『君の中で生きるほんとのことおしえて』

言えずにその日がくるの

だまっていてごめんね
実は今日が最期よ
キョトン顔のみんなに
私は微笑み手をふるの
相変わらず今日もタイムカードを切ったわ
彼が待つ駅まであと少し今日はケーキを買って映画を観て一緒に眠ろう

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録