RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

2017年注目のアーティストをピックアップ

今年ブレイクするであろうアーティストをピックアップ!

作成者:riot.com (2017.05.07 03:37)

ミズイロ

♪冷めたコーヒー

歌詞を見る
朝方淹れて忘れてたコーヒー
夕方帰って気づいて口付け
田舎の駅で手に取った表紙
夜空に浮かぶ白い月
Ah ah ah... La la la...

冷たい黒を舌に転がして
何とも言えず持て余して
それでもやっぱり捨てられないんです
温かかったほろ苦さを

シロツメクサのしおりをはさんで
本棚の一番上にしまおう
またいつの日か出会った時には
優しい恋の話をしよう

小さな鍋で温めなおして
ミルクに蜂蜜 アカシアの香り
まるくくるまる柔らかなベージュ
静かな部屋の甘い時間
Ah ah ah... La la la...

何気なく捲った表紙
始まった甘いストーリー
2人手を取る優しい場面に
いつしか紛れた花の影

冷めたコーヒー こうして私も
もう一度ちゃんとやり直せるかしら
捨てられることなく 奪われることなく
暖かい場所に戻れるかしら

小さな鍋で温めなおして
ミルクに蜂蜜 アカシアの香り
まるくくるまる柔らかなベージュ
静かな部屋の甘い時間
Ah ah ah... La la la...

まちがいさがし

♪夏に遠回りする

歌詞を見る
やたらとうるさいエアコンのせいかヒグラシが
鳴りやんでいたのに気づいたのはずっとあとだった

昼も夜もない電子の海で見かけたどの景色より
小さな窓から見えた遠くの花火がやけに綺麗だった

鳴らない電話 開かない扉 揺れないカーテン抜け出せずに
寝付きばかり悪いのは 目つきばかり酷いのは 休みすぎたからで

手つかずの夏は通り過ぎてゆく
遠回りする ひとつ遠回りする
手おくれの夏が通り過ぎてゆく
遠回りする いくつ遠回りする

いつまでもどこまでも宿題が そこにあるそんな気がした
本当は 本当は何を見たかったの 知りたかったの

何もかも何もかもは 今では思い出せないけれど
それでもたしかに夏だった

鳴らない電話 開かない扉 揺れないカーテン抜け出せずに
寝付きばかり悪いのは 目つきばかり酷いのは 休みすぎたからで

手つかずの夏は通り過ぎてゆく
遠回りする ひとつ遠回りする
手おくれの夏が通り過ぎてゆく
遠回りする いくつ遠回りする

いつまでもどこまでも宿題が そこにあるそんな気がした
本当は 本当は何を見たかったの 知りたかったの

何もかも何もかもは 今では思い出せないけれど
それでもたしかに夏だった

遠回りする 遠回りする 遠回りする夏
遠回りする 遠回りする 遠回りする夏

田島茜

♪カンジンナコトバ

歌詞を見る
事細かにいうと、あの日は突然
仕掛けられたような選択を
迫られてしまって
頭の中ではまとまってるはずだったのに

あれおかしいなって、気付いた時には
君の血流のスピードは登り始めてた
今の瞬間で口にして
ほら言わなくちゃ

カンジンナコトバはいつもどこかに
置き去りにして いつも言えなくて
カンジンナコトバはいつもどこかで
わたしを苦しめてる

あの時、何も発言できずに
濁して関係性はぎこちなくなったのさ
君は長文を読み上げるように
捲したてたあとはシャットアウトしていたね
「手遅れだ」って
積み上げてきた絆は崩れ落ちた

カンジンナコトバはいつもどこかに
しまい込んで誤解しか生めない
カンジンナコトバがいつか誰かを
失うことになるなんて
人として生まれたからには感嘆詞だけで片付けたくないけど
簡単な言葉で傷つける痛みは治らない

カンジンナコトバはいつもどこかに
置き去りにしていつも言えなくて
カンジンナコトバはいつもどこかで
わたしを苦しめている

カンジンナコトバは君との今後を支配してた
もう引き返せない
カンジンナコトバを今伝えたいよ

「ありがとう」

残された日々は、君との教訓を活かして進まないと不毛だろ

that's all folks

♪ミドルオブ

歌詞を見る
さわさわ揺れたのは 沈みかけた笹舟だ
零れて手をかざす 水音も無くて

浮かべた 君の声とまわりまわる明けの空
うなずき かえすがえす ぼくはひとり行く

影を踏んだら 風を切って滑るよ
もういいよ
憧れも慈しみも抱えて眠ったら

 ひとつ 踏み出し ふたつ 戸惑う
 誰も行けない 遥か彼方
 声に振り向けば
 明日笑おう 明日交わそう
 眩しいなら 黙ればいい
 まだ夢の途中

時々よぎるのは 忘れかけた宝物
零れた手の中で 溶けては消え行く

もしも晴れたら 風を集めてあげる
もういいよ
それだけで始めようよ 光が灯るから

 ひとつ はみ出し ふたつ 呟く
 誰も言わない 何処へ行こう
 空を見上げたら
 明日笑おう 明日交わそう
 手探りかな 迷えばいい
 まだ夢の途中

 ひとつ 踏み出し ふたつ 戸惑う
 誰も行けない 遥か彼方
 声に振り向けば
 明日笑おう 明日交わそう
 眩しいなら 黙ればいい
 まだ夢の途中

 眩しいなら 黙ればいい
 まだ夢の途中

灰色ロジック

♪モーニング

歌詞を見る
ああ、今朝からずっと君のこと
考えているけど
趣味とバイトとあんたと
どれにしたって俺は大切だ
最初からずっと、変わらないものばかりだ

ああ、今朝からずっと君のこと
考えているけど
灰皿とロウソクが
思い出させる次第です
最初からずっと、変わらないものばかりだ

どうにかしたいだけ
どうにかなりたいだけ
最初からずっと、変わらないものばかりだ


ああ、今朝からずっと君のこと
考えているけど
それ以外の余地ばかりが
俺を邪魔しているのです


どうにかしたいだけ
どうにかなりたいだけ
どうにかなりたいだけ
どこにも行かないでくれ
最初からずっと、わかってたことばかりだ

ああ、今朝からずっと君のこと
考えてたらおかしくなった

ユクアテ

♪境界線

歌詞を見る
映画みたいな暮らしなんて
似合わないさ そう僕らには
飲み干したいつもの缶コーヒー
朝を待ってる

ひねくれ思考 丁度いいさ
裏の裏はどうせ表だろ
Na Na Na Na Na Your favorite song
聞こえる

愛してるよって言葉
踏み込めない距離の心に響くの?
夜の街の光が
まだ見えないあなたを照らせばいいのに

We found imperfect things
(不完全な物を見つけた)
There's no need to apologize
(謝る必要なんてない)
You said you wanna be free
(あなたは自由になりたいと言って)
And ran away from home
(家を飛び出した)

入り組んだ感情境界線
気休めに飲んだワインで
紛らせた偽りの関係
消えないように

愛してるよって言葉
踏み込めない距離の心に響くの?
夜の街の光が
まだ見えないあなたを照らせばいいのに

誰もいない場所まで行こうか
夢見がちな僕をクスリと笑うよ
白く吐く溜め息と
やり切れない思いが堂々巡り

愛してるよって言葉
踏み込めない距離の心に響くの?
夜の街の光が
まだ見えないあなたを照らせばいいのに

森ちひろ

♪嘘みたい

歌詞を見る
そっぽ向かないでよ
どうしたの こっちおいでよ
ひとつでいいから
お願い聞いてよ

外は青い夜
眩しくて眠れないや
光の真下で
くすぐりあおう

プラネタリウムには適わないかな
天上見つめる君の隣

星に歌うたった そんな静かな夜
同じ音が聴こえる?
ふたり朝まで眠ろう

歌を作ったよ
君はピアノが上手
いつかのことも覚えていてね

プラネタリウムで見た星を探しても
同じものなんて見つかるかな

君に歌うたった そんな静かな夜
同じ音が聴こえる?
地球は僕らを見てる

嘘みたいな世界を見た

ALL ITEM 10 TIMES

♪トランジスタ

歌詞を見る
いつの間にか口ずさんでる
綺麗な世界の終わらせ方
肩をすかして眺めてる
いつも通り人の波の中
恋のスタート
漕ぎ出すボーっとしてる内に
もう空席は無い
不安定さ
君のことだけ考えれれば良いのにな

トランジスタラジオから流れだす
スノウパウダーみたいなメロディー
後悔を誘っているような
ペースメーカー裏拍で刻みだす
いつかの"もしも"を思い出す
もう全て捨てて
ただここで二人踊っていよう

I eye 愛 曖昧
無い night cruising
世界が色を変える
I eye 愛 曖昧
無い night cruising
君と向かい合ったなら
涙に詰まって
何も言えなくなってしまうから
また一人で考えりゃいいや

いつのころからか忘れてる
君への想い本当の気持ち
まるで世界に僕一人しか
居ない様な気持ちになる

形のないものに足を取られ
本質を見失っていくよ
トランジスタラジオが呼び戻す
いつかの"気持ち"を思い出す
もう何もいらないから
ただ僕の傍へとおいで

I eye 愛 曖昧
無い night cruising
世界が色を変える
I eye 愛 曖昧
無い night cruising
君と向かい合ったなら
涙に濡れて
何も見えなくなってしまうから
あの日の様にそっと この手に触れていて
お願いだから

おやすみアトム

♪踊るサイコパス

歌詞を見る
ぶっ壊れてるお天気 お日様って何色だっけ
人生ゲーム無料体験はもうつまんないし
ふっ飛んでった三次元 保てないもうあの子中毒
独り占めしたいのその甘ったるい二酸化炭素

ねえ、その眼球に僕を入れて僕だけを見ていてね
ねえ、その呼吸を全部飲み干したらほらずっと一緒!

サイコパスが踊る踊る 包丁持って騒ぎ出す
サイコパスが踊る踊る 取っ散らかってクソワロタ
サイコパスが踊る踊る 手足を振ってタラリララ
あっちもこっちもデタラメ!
やっぱラーメン食べいこ!

ずって見てる君の顔面 ゲシュタルト崩壊する寸前
閲覧注意のかわいい写真を集めて煮込んで捨てました。
ぎゅっとなったら破裂する ごちゃ混ぜになった思考回路
永遠なんて行方不明なら明日にはもう全部バイバイ!

ねえ、その頭にストローさして脳みそを食べちゃいたい
ねえ、この僕の体にあの子閉じ込めてずっと一緒!

サイコパスが踊る踊る 包丁持って騒ぎ出す
サイコパスが踊る踊る 飛び散らかってクソワロタ
サイコパスが踊る踊る 手足を振ってラリラリラン
あっちもこっちも血だらけ!
やっぱスマブラであそぼ!

3.14 …

サイコパスが踊る踊る踊る、踊ろ?

サイコパスが踊る踊る 包丁持って騒ぎだす
サイコパスが踊る踊る 取っ散らかってクソワロタ
サイコパスが踊る踊る 手足振ってラリラリラ
どいつもこいつもしんどけ!
やっぱ天国見に逝こ!

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録