RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

大阪、私的好きなバンド!ライブで見たいバンド!

大阪で活動中のかっこいいバンドをまとめました!

作成者:キキ (2017.05.03 10:55)

sankanshion°

♪チューイングガム

素敵な曲。爽やかでかっこいいです!

歌詞を見る
みんな みんな憂鬱と書かれたステッカーをおでこに貼り付けて歩いていく
出来るだけ目立たないようにする 何から隠れてるかは分からない

道に寝転がった猫は知らんぷりだ

味のなくなったガムをいつまでも 噛み続けてるようなそんな日々です
今すぐ吐き捨ててしまいたい でも出来ない自称・常識人

気付いたら靴の裏にガムが張り付いていた 誰だこんなところに

誰かを頼るのは苦手だ 頼って欲しいと願うくせに
生きることを何度諦めても 今もこうやってこの心臓は動くことを諦めてくれない

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうのなら
この僕にどれだけの意味がある それを証明したい
もう夜が明けそうだよ 降りやまない雨の音で目が覚める
いつか君に貰ったチューイングガム 朝が来るまで付き合ってチューイングガム

上ばかり見上げて歩いてたら 落ちてる石に躓いて転ぶんだ
擦り剥いて痛む膝小僧が お前は生きてると笑ってる

道に寝転がった猫に手を振る

僕らは生まれたその時から 息の仕方を知っていた
誰にも教わらなかった呼吸で 
今もこうやってここでこうして思い切り深呼吸するんだ

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうけれど
悲しいほどに生きてしまうこと 僕は肯定したい
ああ 俯いて初めて 今 一歩を踏み出すつま先が見える
もう味のしなくなったチューイングガム まだ吐き出せずにいるチューイングガム

大事なものぜんぶ 失くさないように歩いてきたんだけど
気付いたら手のひらは空っぽ 何にも残ってない
でも こんなに悲しいよ 悲しいと思う心がまだあったよ
味のなくなったガムにだって最初は 味があった筈なんだ

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうのなら
この僕にどれだけの意味がある それを証明したい
もう夜が明けそうだよ 降りやまない雨の音で目が覚める
いつか君に貰ったチューイングガム まだ吐き出せずにいるチューイングガム

これ味が無いから もうひとつくれ


tryangle

♪ターニングポイント

王道!まさに爽やかロック!!

歌詞を見る

いつもと同じ電車にゆられ
人混み掻いて生きてゆくため
いつもと同じ見慣れた街並み
横断歩道そんな光景

何かが変わる交差点を
願いのその先着地点を

何かが変わる交差点を
願いのその先着地点を

探して見つけて
限られる時間の中で
掴んで光って
繰り返しの日々の中で

現実に追われたとしても
理想求めよう
願い叶わぬ日々の中でも
生きて行く意味を

何かが変わる交差点を
願いのその先着地点を

何かが変わる交差点を
願いのその先着地点を

探して見つけて
限られる時間の中で
掴んで光って
繰り返しの日々の中で

いつもと同じ遠い雨の空
晴れ間が刺したそんな光景

君がそうなら僕はこう

♪ほめてくれる人のそばにいたい症候群

聴いているだけで元気になれます!!!!

air conflict

♪蒸留器

声が素敵なバンドです。

歌詞を見る
広い街並みに薄い影 目立たないのに
白い雲のように透き通っている 
綺麗な影

見慣れた場所で 濡れ髪だったこと
その時、言ったこと思い出して

「君だけを蒸留器に流し込んでよ。」って
出てきたのは僕のすべてで
残った物は適当に捨てたらいい
君の中だけに居れたらいい いいんだよ

残さずに 飲み干してよ 消えてしまう前に

見慣れた場所で 震えてしまったけど
壊して、壊して、声が掠れてしまうまで

「君だけを蒸留器に流し込んでよ。」って
出てきたのは僕の弱さで
残った物は適当な強さだけど
君のためだけに居れたらいい いいんだよ

残さずに 飲みほしてよ 嫌いになる前に

さしすせそズ

♪WEEKEND

心おどるキャッチーなメロディがクセになります。

歌詞を見る
明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

仕事終わり飛び乗った地下鉄 待ち合わせには間に合いそうだ
プレゼントは君が欲しいと呟いてた
サマンサタバサのピンクのカバンに決めたんだ

喜んでくれるかな?僕だけの笑顔で
綱渡りの恋の上で僕らはもう一つになってる

明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

これは勘違いなのかな そう思った時もあったけど
君の言葉を素直に受け止めて ポジティブに生きようと思うんだ

揺れるサイリウムが君の頬を照らす
輝く汗の中に映る僕もまた君の一部なんだろうな

君と作るこのステージが誰かの心に届いたのなら
それだけで僕は幸せなんだ 君の力になれている気がするんだ
週末君に恋してる そんな僕にも僕は酔いしれる
プラスマイナス断然プラスさ 全ての気持ちが報われる優しい世界さ

明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録