RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

独断と偏見 - なにかのアニメのエンディング曲にどうかしら?な曲まとめ(10曲と数曲)

OP曲にどうかしら?な曲まとめのエンディング曲ver. 。雰囲気重視。今回もコンセプト上 各曲へのコメントは無記入。(コンセプトはOP曲ver.まとめと同じだけど繰り返しておくと)曲を既存のエンディングの映像に脳内で合成するもよし、音,メロディー,声,歌詞のそれぞれに(全体にでも)合った映像やアニメを作る/思い描くもよし!お好みでOP曲や挿入歌 , 劇中歌にも!(※10曲と数曲、としたのはOPの方のまとめに入れるか凄く迷ったものがいくつかあるからです。深い意味はなく曲順後ろの数曲がその迷ったいくつかというわけでもないです。)それではどうぞ!

作成者:蝶番 (2017.05.08 09:00)

ハザマリツシ

♪のん

歌詞を見る
キミキミキミが ギミギミギミガール
キミキミキミが 好き

最近どんな音楽聞いてんのん?
最近どんなランチをたべてんのん?
Non Music,Non Life Non Future,Non Cry
しゃべくりセブン見たけどめちゃくちゃ口下手なんだね。

キミはストレイトにひねくれガールさ
俺はストレイトに好きだってしか言えない
キミはモノレイルで浜松町まで
俺は物思いに耽る

のんべんだらり しがらみをかわしてゆける程
俺たちはそんなに器用に出来てないコトぐらい
分かってるッチューねんな!
New Nameあげる!OhBaby!
最大のポテンシャルでキミを呼ぶ!

キミキミキミが ギミギミギミガール
キミキミキミが 好き

最近買った旅行ガイドはロンドン
お揃いのやつ買いたいチェスターコート
Nonトラブルとはいかない 飲んでさっぱり忘れたい
『北三陸マーメイドはキミだけだね』なんてネ、、、

キミはストレイトにひねくれガールさ
俺はストレイトに好きだってしか言えない
キミはモノレイルで浜松町まで
俺は物思いに耽る

のんべんだらり しがらみをかわしてゆける程
俺たちはそんなに器用に出来てないコトぐらい
分かってるッチューねんな!
New Nameあげる!OhBaby!
最大のポテンシャルでキミを呼ぶ!
『のん!』

LissE

♪心灯極光

歌詞を見る
完全真空なこの道の上で
期待もせず何もいらなかった
失くした時 虚しくなるから
その類は持たないようにした

段々とそう 時は重なって
段々とその 代わる代わるして
段々とまた 欲しくなって
少し手をかけている
散々失くしそれでもまた望みを待っている

ありふれた平穏な日の
何気ない願いがいつも
知らず知らずに心を照って
影に染まりきらないよう光っていた

満面の笑みで笑う人を見て
なんとなくつられて微笑んだ
巡るその型の無い笑みは
貰ったなら与えればいい

燦々とそう、無駄な悩みから
燦々とその、解放されてゆき
燦々とまた、思うままに
邁進する今に
ただそれだけが欲しいんだろ

ありふれた平穏な日の
何気ない願いがいつも
知らず知らずに心を照って
影に染まりきらないよう光っていた

それでも突然 思いもよらない事でまた影に埋もれる
「期待しない 何もいらない 」
繰り返して
次は何を求める?

不意に貰う優しさが
大きくて笑ってしまう
僕らやっぱり 願いは懲りず
求めてしまうんだね

離せないどれ一つも
この先も一緒で在りたい
麗らかに心を満たしてくれる
単純な答えだった
もう失くしたくない光景

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

The クラウドエンプティーズ

♪Do you know TV?

歌詞を見る
Do you know TV?

Do you know?
Do you know TV?
Do you know? I am TV!

チャンネル1つ変えれば
別の世界に
ほら CHECK 1, 2!

甘いもの中毒
君の言葉を聞き流すなんて
そんな事ないでしょ?

EVER NEVER 中毒
君にクラクラ
必要なのは
そう Communication!


I、哀、愛とか恋とか
いつも会いたいとか妙だね?
夢見たい?馬鹿みたい!
僕は藍の稲妻



恋愛中毒



EVER NEVER 中毒
君にメロメロ
必要なのは
そう Communication!


I、哀、愛とか恋とか
いつも会いたいとか妙だね?
夢見たい?馬鹿みたい!
僕は愛の稲妻


BON BAY

♪Ghost leaf

歌詞を見る
遠ざかるあの日の声
必死だけが取り柄だった
だけど世界はそうじゃなく
賢く生きねばならなかった

暗闇の中の声
泣き叫び疲れたよ
どうかどうか見せてくれ
産声聞かせてくれ

大樹から伸びる日々は
今にも枯れて落ちてきそうだ
嵐の中それでも
根っこは深く繋がってて

日々泥を被ろうと
あなただから


理不尽が付いて回る
信号は赤く光る
停止線の前でずっと
立ち尽くしているだけ

神の掌の中
ずっと踠いてる錯覚
全部苦しく思うのは
あなたが欲したから

大樹から伸びる日々は
神にもらった思考という色
上手く使えない事を
誰かのせいにしたいだけ

日々泥を被ろうと
あなただから

風の日も
雨の日も
あなただけの
世界だから

大樹から伸びる日々は
いつか立派に旅立つ時を
この目に焼き付けたいんだ
あなたらしく生きてくれ

日々泥を被ろうと
あなただから

34

♪じゃぽん

歌詞を見る
ありきたりな愛猫家は言う
気高さ故の人当たりの悪さ
何処も彼処もかくかくしかじか
笑い上戸、露天商は言う
取り留めの無い戸惑った問答
受け売りだけは勉強はしない

まだ眠っちゃいかんよ
怖いも知らずに手を合わせ黙祷

ちゃちな感情論打っ込んで
誰も彼もが好きがって言って
何がいいのか、わからんな
気違って降る雨空模様に
高尚な涙も浮かびはしないな

殺伐とした空気を劈く
頑固な青年の泣き喚き
血盟の誤った算段
郊外には、端た金をばら撒くべく
味もよくわからん焼酎の肴に
ただ煙吐く不毛な行為

素養のないこんな場合には
黙りこの上沈黙に徹し
出生も不確かな達観
巧者の他論を亡き者にす
聖者の行方は遥か彼方の向こう

THE NINJA

♪百鬼夜行

歌詞を見る
いざ進め夜の道 丑の刻は宵の口
東から南まで 東からちづるまで

解き放て 百鬼夜行
外は暗くても朝が来れば大丈夫 恐れない
明日になったらまたおいで

いざ進め夜の道 生き急ぐな子どもたち
仲間ならオトモダチ ゆきえならお前たち

とち狂え 百鬼夜行
外は怖くても仲間いれば大丈夫 恐れない
大きくなるまでまたおいで

咲き誇れ 百鬼夜行
明日が来なくてもここにいれば大丈夫
大丈夫

解き放て 百鬼夜行
外は暗くても朝が来れば大丈夫 恐れない
大きくなったらサヨナラ

解き放て 百鬼夜行
東から南まで
東からみきひさまで
宇梶からつよしまで

水、走る

♪旅に出よう

歌詞を見る
人に頼れば水の泡
優しい言葉には裏がある
どういうわけかそんな気がする

目玉の奥で腕を組む疑う心の暗い鬼
どうすればいいのかはわかってる

今日から僕は一人きり
雨に打たれて生きていこう
今日から僕は一人きり
傘もささずに

さあ旅に出よう
この街とお別れさ
さあ旅に出よう
思い残すことはない

三人寄れば文殊の知恵と
馬鹿が三匹話している
つまらなそうな匂いがする

三本の矢って知ってるかい?
そのうち一人が言い出した
あぁもうこれは救いがないぜ

今日から僕は一人きり
風に吹かれて生きていこう
今日から僕は一人きり
孤独を愛そう

さあ旅に出よう
この街とお別れさ
さあ旅に出ようぜ
思い残す事はない

さあ旅に出よう
揺籠から墓場まで
さあ旅に出よう
君は君の人生を

Filmland

♪Unstable Night

歌詞を見る
そうたまに 悩める時とかに
ふらりと 立ち寄る河川敷
夜に溶け込む水面が写すのは
ぼやけて顔のない…
間抜けな僕だ!

迷ってばかりの僕を 照らす月も隠れ
哀愁もどきの風よ さらってくれないか

空は紅色で覆われ このまま世界よ
終わってくれないか

今でも迷ってばかりの僕を 照らす月も隠れ
哀愁もどきの風よ さらってくれないか

交ざる思いに 気づかぬふりして
流れていく時に 身をまかせる

パステル

♪言ノ葉

歌詞を見る
子供の頃に思っていた大人ってのは
成ってみればあっけなかった
蓋を開けてみれば「こんなもんか」と
ちっぽけだった

失くさないように仕舞っていたカケラは
何処に行ったんだろう
気付かぬうちに落としていたのかな
どこかで勘付いていたんだけど


大人に成って言えなくなった
本当の「ありがとう」はいつも
こんな風に言いたかった
訳じゃないはずなのに

御伽噺のように
進まない時間を疎ましいと
終わらせたい悲しみを早く
二律背反のジレンマで生きてる

「またいつか」って言った君が
いつもより無理して笑っていて
引きつってたその君の笑顔に
冷たく笑って見せた

「また明日」の言葉の価値を
知ったのが少し遅かったみたい


大人に成って言えなくなった
本当の「ありがとう」はいつも
こんな風に言いたかった
訳じゃないはずなのに
君がいなくなって
願うほど遠くなって
背中に向けて言った
「ありがとう、ごめんね」

the Voyager

♪手を振る

歌詞を見る
「ありがとう」も「さようなら」も
聞きたくなかった 言いたくなかった
「いつかまたね」 そう言えなかった
あの日の事


朝方 いつもの道を歩く
ふと笑い声が頭をよぎった
涙の現実から 逃避するために
僕は君を思い出す


「ありがとう」も 「さようなら」も
聞きたくなかった 言いたくなかった
それならばいっそ 嫌いでいてくれた方が
何十倍も楽だったのにな
君と見た綺麗な景色に
手を振る


それぞれの道で それぞれの場所で
生きていく事を 君は選んだ
僕にとって 君にとって
その意味は恐らく違うんだろうけどね
それでもね また2人で笑いたかった


「ありがとう」も「さようなら」も
聞きたくなかった 言いたくなかった
その意味さえ わからないまま
真っ暗な道を歩いていた

君の涙も 君の言葉も
偽りじゃなくて 精一杯の答えで
「いつかまたね」 そう言える日が来たら
また2人で笑い合えるのかな
君と歩いたあの日の夜明けに
手を振る

さようなら またね

さしすせそズ

♪WEEKEND

歌詞を見る
明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

仕事終わり飛び乗った地下鉄 待ち合わせには間に合いそうだ
プレゼントは君が欲しいと呟いてた
サマンサタバサのピンクのカバンに決めたんだ

喜んでくれるかな?僕だけの笑顔で
綱渡りの恋の上で僕らはもう一つになってる

明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

これは勘違いなのかな そう思った時もあったけど
君の言葉を素直に受け止めて ポジティブに生きようと思うんだ

揺れるサイリウムが君の頬を照らす
輝く汗の中に映る僕もまた君の一部なんだろうな

君と作るこのステージが誰かの心に届いたのなら
それだけで僕は幸せなんだ 君の力になれている気がするんだ
週末君に恋してる そんな僕にも僕は酔いしれる
プラスマイナス断然プラスさ 全ての気持ちが報われる優しい世界さ

明日君に会う為に今日も朝から汗を流すんだ
誰に何を言われてもいいんだ 僕は僕の信じた君を推し続ける
週末君に恋してる 君はスポットライトに酔いしれる
そこに何の隔たりもないんだ きっと君は僕を必要としているんだ

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録