RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

み~んな結成1年以内! 輝きを見せる驚異のニューカマー8選

結成から1年足らず(※2017年4月現在、各アーティスページの「活動開始」時期を参照)でROJACKの予選通過、さらに上まで狙っちゃえそうな期待の超新星を8組ご紹介します!

作成者:mvage -ムベージ- (2017.04.30 14:05)

オッケーオールライト

♪お金がない

歌詞を見る
お金がなくて困るね
今日も
夢ばかり見てたよ

グラスゴー行きの切符でさ
君とランデブーをするのさ

退屈ばっか殺してみても
生きている気がしない

斜にかまえているその内に
時は過ぎていくのさ

ああ
君のこと
好きだよ

けど少しだけ
歌わせてよ

不安で仕方ない
彼女
洗い物してる
痛くて狭くて不精な愛を
君にあげるよ
来年だって再来年だって
世迷い言ばかり
サイダー飲んで
げっぷしちゃって
なんか
かっこつかないなって

西日の差すこの部屋の
すべて
おぼえていたいよな

冴えない暮らしを波打たせて
さあ何が生まれるか?

ああ
君はまた
怒るけど

君のこと
歌わせてよ

不安で仕方ない
あなたのために歌うのさ

不安で仕方ない
僕ら
こわいものしらず

痛くて狭くて不精な愛が
僕らを救うかい?

来年だって再来年だって
こんなことばかり

サイダー飲んでげっぷしちゃって
笑う
とりとめのない
僕らのことを

citrus+

♪柑橘モード

歌詞を見る
ビタミンCが足りない
走ると呼吸が荒れる
ビタミンEも足りない
少しお肌が荒れている

オロナミンC足りない
春の訪れを感じている
なんとなくお外に出たい
君と意味もなく歩きたい


爽やかな香り出して
気づくといなくなって
決められないどうにかして

身体(からだ)にどっちもいいし
だからどっちも欲しいし
我慢できない


みかんとオレンジどっち
すっぱくて甘くて美味しいけど
やっぱりストロベリー
だって可愛いから


ビタミンCが足りない
走ると呼吸が荒れる
ビタミンDも足りない
日光浴が足りてない


鮮やかな色を出して
見てもそっぽを向いて
決められないどうにかして

見た目はどっちもいいし
ほらね さっぱりしてるし
我慢できない


みかんとオレンジどっち
すっぱくて甘くて美味しいけど
やっぱりストロベリー
だって可愛いから


爽やかな香り出して
気づくといなって
決められないどうにかして

好きなのはチョコレートだけど
ダイエットもしているし
どうかしてる


みかんとオレンジどっち
すっぱくて甘くて美味しいけど
やっぱりストロベリー
だって可愛いから

みかんもオレンジも好き
すっぱくて甘くて美味しいから
やっぱりストロベリー
だって可愛いから

Francesca

♪Fuckin' ugly day

歌詞を見る
It makes me feel lonely
It makes me feel so bad
It makes me feel so high
It's raining in the city


If I caught a amazing cold
Everyone maybe says whatever?
Frankly speaking
I really envy you


Today is fugly day
Fugly day
My heart is cloudy
Feels like shit today
Fugly day

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

アロネス

♪Star Burst

歌詞を見る
さあ 行こう 星の声を手繰り寄せて
あの日の君と描いた理想のすぐ側まで
いつの日か この命の「限り」を知って
終わらせる時は
どうかこの「夢」に結末(こたえ)を

静寂に眠った「想い」が また、光に焦がれて
言葉を紡ぎ出す
届かず、かすめた「夢」の続きを 指書きなぞって 瞼を落とす

隠しきれずに溢す本音が
居場所を無くして闇夜に溶ける
その前に救い出して 終わりにはまだ早いから
夜空にそっと手を伸ばして

さあ 行こう 星の声を手繰り寄せて
あの日の君と描いた理想のすぐ側まで
いつの日か この命の「限り」を知って
終わらせる時は
どうかこの旅に答えを

どうしても眠れぬ そんな夜に怯えては
耳障りな音に頼っていた
視界の外の光源が「ここだ」と叫びを放つ
雲間を覗けば
そこに崩れた「理想」がいた

我が儘に言葉振り回して
過程ばかり誇るようになっていた
でもそんな僕も僕なんだと認められたなら…

もう行くよ 届かぬ星に手をかざして
遠ざけたはずの導(しるべ)が
怯えた僕を押すから

さあ 行こう 足掻くであろう明日に向かって
研ぎ出せた夜色の音で
その歩みを照らせば
そう きっと この命の「限り」を知って
焦がれ果てる時は
どうかこの「夢」に結末(こたえ)を

シベリアンフィッシュツリー

♪246

歌詞を見る

飲み終えた缶が散らかって飛び出したあの部屋
駅前のくだり坂、咲く白い花
刺青を隠したくなって、夏が終わるのをただ待つかのように


東京と夜が交差してネオンライトが文字を照らすんです
東京と夜が交差して 目を瞑って朝を待つ
東京と夜が交差してネオンライトが文字を照らすんです
東京と夜が交差して目を瞑って朝を待つ

夜になる街をずっと眺めてたいな 君の場所まで届く唄がいいよな
イヤホン流れきって君の中まで響く 車中の低音域ただ笑うんだ

いつでも構わず会いに来て
いつでも変わらず会いに来てね

東京と夜が交差してネオンライトが文字を照らすんです
東京と夜が交差して目を瞑って朝を待つ
東京の夜はどうですか 道玄坂のホテル18歳
東京の夜はどうですか 交差点ですれ違う

ロマネ

♪ミッドナイト・コールガール

歌詞を見る
寝つきが悪くて
歌を歌ってる
意味なんかないよ
ちょっと暇なだけ

暗闇の中で
おあいこあいこで
夜は明けて行く
朝が近くなる

いつの間にか幼すぎた僕らも大人になったんだ

今抱き合ってそばにいれたらこんな言葉は意味はないでしょう

これで何度目の
最後のサヨナラ
嘘はよくないよ
ちゃんとわかってる

息を切らし追いかけてたあの日も見えなくなったんだ

今抱き合ってそばにいれたらこんな言葉に意味はないでしょ?
空の青さも歌えないならこんな言葉に意味はないでしょ?

いつの間にか幼すぎた僕らも大人になったんだ

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録