RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

【聴けば分かる、聴いたら分かる。】良い声 × 良サウンド が次なるシーンを担う

自分は単なる一音楽人の端くれですが、趣味的に適当に聴き漁った出場者で取り分け印象に引っかかったアーティスト達をピックアップしました。オシャレサウンド寄りです。次なるシーンの旗手・・・その担い手がここから誕生することに大いに期待してます。

作成者:トガシjr (2017.04.29 17:25)

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

No Gimmick Classics

♪ONEDAY

イントロ1小節で辺りを包むムーディ感。歌の合間に挟まるキメを涼しい顔で弾いてそう。LIVEでは酒を片手に横揺れしたいね。

歌詞を見る
the day off alarm なしで起きる朝 眼をつむればまた戻れる夢の中 お決まりのbreak fast ビターなココア飲んでリラックス sweet time sun light がテラス リフレッシュ浴びるシャワー
1人でダラダラ 昼からアルコール飲んでDVDを見たり make musicしたりさ night cruising行きたいな write on the paper the lyrics going back to sleep

*one day all day 吹かす煙草にbeer 音楽とchill どうせone life to live 生きてる証 音楽でfree(生きる)

shirtにfood jeansにshoes ラフなstyle but cool crossroad 超える環七甲州 信号待ちでslow ケツはないmore ゆっくり行こう friendsにcall アルコールと踊る いつものメンツと飲む
原宿to the 渋谷 いつものコース散歩がてら 着飾らなくても君が彩どるby my side
シアターで見るmovieもいいな 軽くdinner クラブでテキーラ make love with you honey
next morning来たらもう brand new day
*
廻るerath 俺と君いなくても 何となくこなしてる誰も 何時ものルーティン 何時もの休日 気負うなもっと楽にtokyo same old same old taking a job no joke the real I can’t control だっておれらnot a androidだからいけるでしょ?

every day every night play my music
we love the music


dream見るTOKYO時に盲目誰もが抱える不安と孤独それでもI’m ready go we let it go 1234

UCURARIP

♪ウェンズデーブルー

冒頭のシンコペ効いたピアノリフに丸い重い四つ打ちのバスドラムが絡み始めるだけで、ホールと体が横に揺れるぜ。 サビも良メロ。

歌詞を見る
ウェンズデーブルー
冷たい雨が降る夜の繁華街
taxiがこぼれる人を待つ
さっきいた君を思い出す

ウェンズデーブルー
焦ったい 胸が苦しくなるのに如何してか
もう並べられた嘘とアイデンティティーとダンス

胸に残る青が
いつまで経っても抜けない
治すクスリもなくて
未来に頭が痛む

ウェンズデーブルー
眠たいの 昨日も今日も毎日同じことばっか言って
遠ざけないで向き合ってみてよ
目の前の僕が見えないのかい

胸に残る青が
いつまで経っても抜けない
治すクスリもなくて
未来に頭が痛む

胸に残る青は
濃くなって藍になるだろう
今晩は雨季夜
朝の群青を待ってるよ

from STRANGERS

♪Time Travel

歌い始めのシンセと歌のみの薄い構成でも十分引き込まれるが、メインイントロに入ったらあら重厚ギターサウンド。他の曲も聴きたくなる振り幅の余地を感じさせられる。

歌詞を見る
君はそうやって 僕はこうやって 今日という日を過ごしたけれど
それがいつか 消えてしまうような 死んでしまうようなものだとしたら
また明日も消えてなくなって 忘れられて また一人で
笑えなくって 泣きじゃくって 願ってても 戻れなくて

今日を信じて眠りについて 目が覚めたら裏切られてて
明日明後日を忌み嫌っても ふと気づいたらもうここにいて
どうなってんだこの世界は まるで何も残せなくて
書き続けたこの歌詞さえも消されていく そんな気がした

もう失わないさ 絶対的存在を 探しに今を飛び越え 旅に出ようか

暗くてもはっきり見えるような 細くても切れはしないような
重くてもしっかり持てるようなものを今 探しに行こうか
もう悲しくならないように 忘れたら思い出せるように
信じても裏切られないようなものを 探しに行こうか

君はここで待っていてね 泣かないでね 生きていてね
暗くなったら外出ないように 鍵かけて 眠りについてね
そうやって旅に出たけど 何も見つけられなくてさ
僕の方こそ涙が出そう

過去も今も未来も わからなくなっていた 思わず僕は君の ところへ向かう

ためしに過去へ向かったけど 残されてたのは形だけで
未来なんて何もわからずにただ僕を 不安にさせて
だけどやっぱ君の隣で 話してると安心する
心が楽になるような気持ちなんだ しばらくここに居させてよ

結局僕は 何も拾うこともできず 明日明後日も
失ってく 忘れていく 殺していく 昨日みたいに
でもそれでいい 今日も死んで 世界が死んでしまっていても
君がここに 今ここに 隣にいてくれていたら
僕もずっと ずっと 忘れることないはずなんだ

かけがえのない思い出よりも 大切なものがここにあるよ
それは過去でも未来でもなくここにある 君だったんだ
3年間過ごした日々も これから作り出す人生も
君が居て 僕が居たら他に 何もいらないと

もうタイムトラベルも する必要なんてないんだよ
僕らこれからまっすぐに 進んでいくそれでいいんだよ

WIS

♪HATRED

確かな歌唱力を持つ女性vo.に無骨なギターサウンドが科学反応して、フェロモン放射。単なる組み合わせの方程式では導き出せない不思議な説得力がそこにはある。

歌詞を見る
零れた 掌から 溢れる 闇の光
眠れば 戻るのかと 問いかけ 月に溶けよう

癒えない傷に飽きて 忘れる痛みの痕
触れれば蘇ると 怯えて 滴る 雨 乾かず

目には映らぬもの 目には映さぬもの
feel me, touch me again 重ね合わせては
口にできず 落としてしまうもの
feel you, touch you again 重ねたくなくて
You and I are the same...

透けて見えた真実の裏と こもって聞こえない内側の鼓動
見えて 消えない 聞こえない涙 乾かず

触れられないもの 触れてみたいものは
just a dream, in my dream ever 覚め続けていても
遠のいてく 消えてしまうものは
in my hands, in your hands ever 覚めないとしても
You and I are the same...

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録