W90h90 artist

RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN

良質ポップロック

言葉やメロディに力がある、シンプルで良質なポップロックが聴きたいよ。

作成者:よんどしー (2016.10.05 02:34)

L A N D S.

♪POTSURI

Artist

歌詞を見る Icon plus


キミの未来と ボクの未来は 地平の彼方へ 続く
散々コケにした ドラマの続きが 昨日の自分を超える

なりたくない類の大人に 気づいたら僕はなりかけていた
適当に笑い 適当に流し 家に着いたら 涙を流し
半人前の 僕はいつしか 型にハマろうともがいていた
その度軋む 音こめかみに 響く キシリ キシリ

何もないけれど ここで待ってるよ
この狭い空の真下で キミを待ってるよ


キミの未来と ボクの未来は 地平の彼方へ 続く
散々コケにした ドラマの続きが 明日の自分を遂げる

なりたくない類の大人に 気づいたら僕はなりかけていた
適当に笑い 適当に流し 家に着いたら 涙を流し
半人前の 僕はいつしか 型にハマろうともがいていた
その度響く 声こめかみに 「キミは それで いいの?」

何もないけれど ここで待ってるよ
この狭い空の真下で キミを待ってるよ



何もないけれど ここで待ってるよ
この広い空の真下で キミを待ってるよ

夕立に笑う

♪忘れてしまうその前に

Artist

歌詞を見る Icon plus
忘れてしまうその前に

小さい頃駄々をこねてねだったオモチャは
どこにいってしまったのかな色も覚えてないけど

思い出せるのは少しだけ全ては持って行けないよ
あの手の温度もきっとすり抜けていく

君が大人になる頃には悲しみだって薄れて愛想笑いも上手くなる
忘れてしまうその前に弱さを許してあげよう誰も信じられなくても背中押してあげるから

擦り切れるまで何度も読んだ大好きだった絵本の
タイトルはなんだったのかな記憶の色彩は薄れていく

大事にしまったつもりでも少しずつ落としていく
一つ、二つ、消えていく僕らは気付けないまま

君が大人になる頃には全部嘘臭く見えて偽物の愛で満たしてる
忘れてしまうその前に君が叶える全てが誰の所為にならないこと歌にしておくよ
 
悲しい時には泣いて楽しい時には笑って
そんな簡単なことさえも難しくなる日が来る

君が大人になる頃には 忘れてしまうその前に
ここに残しておくよ

君が大人になる頃には僕はきっとそばにいないけど
忘れてしまったその後できっとまた思い出せるように

マチルダにおねがい

♪道中の霧

Artist

歌詞を見る Icon plus
何も無い何も無いとこから始めていい
道中の霧は怖れるな
僕らはまだまだ子供のようなもんだよ
道中の霧を越えてゆくんだ

どこもかしこも見えないな
なにもかもがもが見えないな
足元を照らすのは
あと五分持たないペンライト

今はどこだろうゴール付近?
それともまだまだ先長いか
そもそもわざわざ靴底減らすのは
なんの為?

意味があればなおよし
詰まらない散策はなし
迷うなら自分の心にきけよ

何も無い何も無いとこから始めていい
道中の霧は怖れるな
僕らはまだまだ子供のようなもんだよ
道中の霧を越えてゆくんだ

誰も彼もが
曖昧な答えをしてまたフェイドアウト
絶対なんてもんは無いのさ
どこにもないよ君にもないよ

酔っ払いたいそう毎日
何かによって生きてゆく
考えすぎてしまうこと
それすら意味はないから

意味があればなおよし
詰まらない散策はなし
迷うなら自分の心に聞けよ

何も無い何も無いとこから始めていい
道中の霧は怖れるな
僕らはまだまだ子供のようなもんだよ
道中の霧を越えてゆくんだ

意味があればなお良し
つまらない散策はなし
立ち止まって考えるより
走るのさ

僕らはまだまだ子供のようなもんだよ
道中の霧を越えてゆくんだ

何も無い何も無いとこから始めていい
道中の霧は怖れるな
僕らはまだまだ子供のようなもんだよ
道中の霧を越えてゆくんだ

道中の霧を越えてゆくんだ

道中の霧を越えてゆくんだ

zan80z

♪outside the window, sun was getting on the fields

Artist

歌詞を見る Icon plus
どこまで続く透明な車道
スピード上げていく何も知らないままで
揺れる鼓動

西へと向かう海沿いの車道
落ちて夢の中ずれた時間は戻る

青に変わる交差点
心置いてきぼりで
流れる景色眺める横顔を見ていられなくて
大切なものは全て置いてきてしまったけれど

黙りこんだ時間を照らす午後の斜陽
長く伸びた影とオレンジ色のニードル
押さえ込んだ思いを映す心模様
穂を揺らす風とオレンジ色の優しいニードル
車のバックシート窓越しに見てた
Outside the window, sun was getting on the fields.

約束はしたばかりさ
手を繋いで帰り道の途中
どこかの街で知らぬ誰かと
見えぬ明日へと向かって

思うままに言葉 綴りそっと置けば
振り返ることなく行くよ

黙りこんだ僕を照らす午後の斜陽
長く伸びた影とオレンジ色のニードル
押さえ込んだ思いを映す心模様
穂を揺らす風とオレンジ色の優しいニードル
車のバックシート窓越しに見てた
だからずっとずっと忘れない
Outside the window, sun was getting on the fields.

acullhie

♪Utopia

Artist

歌詞を見る Icon plus
また物語の中はあの子を救い出すヒーロー
間違ってよ
うまく泣けないのはいけないこと?

眩しく見えてしまうから
嫌ってみようかなって
いつも堂々巡り 同じこと
壊れそうになるだけ
3周回って27時 毛布の中も行き止まり
眠くならないのが悔しいよ

夢で笑う それすら難解だな 羊は狂い出す
いっそ散らかった想像で
ふざけながら歩いてみようか
だんだん外は暗くなって
一寸先は運命論だって
今も彼方のままで嘘みたいに漂うだけ

手摺りの向こう側に立っても
カウントダウン「3・2・1」で
いったい何を知れる?
まだたらればを重ねる遊びに甘えてるみたいだ

痛がりなのさ本当は
明日は今日より素敵になる
きっと何かが怖いんだ
例えばそんな不確かなこと
だんだんわからなくなって
一瞬血迷ったってほら
今も微かに残る蟠りに飼われているだけ

飛べない未来にハロー

ただ愛されたいんだ
空っぽの心を充たすリットルの悲しみ
流して夜を渡るのさ
ララルララ
間違った唄を歌う子供のまま そう
今も泳がない目をした誰かで終わりたいなんてさ
夢見るだけ

眩しく見えてしまうなら嫌ってみよう
泣けるまで

popoq

♪flower

Artist

歌詞を見る Icon plus
不出来な僕 夢で毒した脳は未だ解けず
青っぽい時だけがただ過ぎまた大人へ
幼い頃に出逢ったあなたは今やどこに
もう一度 夢で待ち合わせしよう 白樺の下で

吐息に煙を含ませ夜空に消え逝く白よ
今日だけは僕の相手をしてよ
なんて馬鹿らしいな

あれからどれだけの時が経っただろうか
眠れど離れぬ念を次は何で忘ろう

またあの丘の上で僕は待っているよ

幼い頃に出逢ったあなたにまた会いたい
もう一度 夢で待ち合わせしよう 白樺の下でさ

これから空白の時を埋め尽くそうか
僕はあの光景を未だ覚えてるよ

今の君はどうだい?

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録