ロッキング・オンが主催するバンド・アーティストのオーディション

RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
長靴をはいた猫
長靴をはいた猫
上手く泣けなかったあなたに。
勿忘草

作詞 鶴  作曲 鶴

愛してるって なんでか言えない
おもちゃみたいなものだから
覚えたてのそれは
思考と自立を奪っていく

気にしないってなんでかできない
子供みたいなものなんだ
君の唇の薄さ
熱を奪っていく

拒まないよ 否定しないよ
抱きしめるよ 撫でてあげるよ
信じないよ あげられないよ
でも目を瞑るよ 優しく撫でて

やだ
私の悪さも 甘えも全部抱えて
会いたい
君の悪さも 甘えも全部抱えて
見たくない

会いたいなんて絶対言えない
代わりみたいなものだから
傷つけた右耳疼いて
心は空っぽだ

拒まないよ 否定しないよ
抱きしめるよ 撫でてあげるよ
満たさないで 拒まないで
ずっと目を瞑るよ 優しく撫でて

まだ
君の熱さも 冷たい温度も全部
忘れない 忘れたい 忘れた 忘れたくない
私の熱さも 冷たい温度も全部
忘れない?忘れたい?忘れた?忘れないでいて

この針がいくつ回ったら 君を忘れちゃうかな
この針がいくつ回ったら あなたに会えるのかな

私の悪さも 甘えも全部抱えて
会いたい
君の悪さも 甘えも全部抱えて
見たくない いたい
君の熱さも 冷たい温度も全部
忘れない 忘れたい 忘れた 忘れたくない
私の熱さも 冷たい温度も全部
忘れない?忘れたい?忘れた?忘れないでいて

泡雪

作詞 鶴  作曲 イノウエケンイチ

絡まる髪を指で解く
眠る瞼を指でなぞる
冷えた空気は息を染める
明日が今日になった音

確かめたいこと 無くしたくないもの
手に入れないけど ずっと触れられなくて
確かめないんだよ 無くしたくないもの
また季節が手から溢れて

淡く咲いて春の六つ花
そっと溶かすはあなたの涙
このまま時が止められたら
もうずるいよ
この手が解ける前に

子供みたいに照れて笑う
遠く遠くで鳴るあの歌
曇るガラスを皮脂でなぞる
アルバムを捲るかのよう

確かめたいこと 無くしたくないもの
手に入れたいから ずっとここに居て
なんて
言えないんだよ
月明かり 振り向く刹那少し怖くて

手をつなぐと握り返して
頬を撫ぜると小さく笑う
その全てが愛しくて でも
全部嘘だよ

手を離すは 良心か 偽善か
熱を溶かすは私の涙
このまま時は止められない
まだだよ 見ないで

淡く咲いて春の六つ花
そっと溶かすはあなたの涙
このまま時が止められたら
もうずるいよ
泡雪 溶ける前に

  • MUSIC VIDEO

長靴をはいた猫からのメッセージ

何処かの誰かへ

東京都、下北沢を中心に活動するバンド 長靴をはいた猫です。

今回はRO JACK 2月入賞アーティストに選出していただき光栄です。

ありがとうございます。

本ページで、僕らの楽曲を2曲試聴することができます。

大切な楽曲達です。

ライブもいくつか決まっているので、是非足を運んでみてください。

「上手く泣けなかったあなたに。」

結成してまだ1年の若輩者ではありますが、どうぞ宜しくお願い致します。


ライブスケジュール
※本情報は、アーティスト本人によって登録された内容が表示されています。詳細や最新情報、お問い合わせ先は、アーティストの公式サイト等をご確認ください。
  • 04/12(木)東京都 | 新宿Marble
  • 04/29(日)東京都 | Magic Node Festival 2018 (下北沢サーキットフェス)
  • 05/11(金)東京都 | 下北沢ろくでもない夜
  • 05/30(水)東京都 | 下北沢MOSAiC
  • 06/16(土)東京都 | 下北沢Daisy Bar(3マンライブ)
  • 06/30(土)東京都 | earth garden "夏" 2018(代々木公園野外ライブ)

プロフィール
活動拠点
東京都
活動開始
2017年3月
URL
https://pussinboots4band.wixsite.com/psinbts
Twitter
https://twitter.com/PussinBoots_jp