ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト

RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 予選通過アーティスト

pFpG

思いついたら即採用 足し算大好きバンド

pFpG

♪ある子どもと子どもと子ども

歌詞を見る
ある子どもと子どもと子ども


自動的に求愛する猿。
混ざり合う汗、怠惰な軽蔑。
言い訳染みたアパシー。
白痴のフリをするきみは。
「誰が悪いかだなんて言い合うのはもう止そう。」
バスタブに放たれた唾。
白痴のフリをするきみは。

デペイズマン、落下する水、照明用ガス。
語り得ぬものへの沈黙。
皺だらけのシャツ。

ぼくたちは罪のない子どもたちを殺した。
         いとも簡単に殺した。
      そしていとも簡単に赦された。

暴力を誘うハイデガー。
阻止される革命。
きみのシャワーの放物線がぼくの亀頭を這う。

ぼくたちは罪のない子どもたちを殺した。
         いとも簡単に殺した。
      そしていとも簡単に赦された。

ぼくたちはくだらない自由に弄ばれ、いつの間にか開け放たれていた箱に残ったものはなんだ?

きみのくだらない病気。
乗客はきみを笑ってなんかいない。
誰もきみに興味がないのだから。
誰もきみなんかに興味がないのだから。
「はやく家に帰ろう。きみは疲れてしまったしぼくらはもう自由さ。穏やかに暮らそう。」
「ほんとう?噓、吐いていない?」

プロフィール

活動拠点
京都府全国マップ
活動開始
2015年8月結成
メンバー
F.T.(ボーカル, ギター)、
M.H.(ギター)、
O.S.(ベース)、
M.S.(ドラム)
PR
確かな劣等感と被害妄想(と誇大妄想)で曲を作ってゐます。
よろしくおねがいいたします!

pFpGからのメッセージ

メッセージはまだありません。

ライブスケジュール

ライブスケジュールはまだありません。

このアーティストを含む聴けるまとめ(1件)

リスナーからの応援コメント(0件)

  • コメントはまだありません。

応援コメントの投稿は終了いたしました。

その他の予選通過アーティスト


▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。