メンバー
V:さきぽん G:ひろ B:たいき D:Shun

――バンドの結成のいきさつから教えていただければと思います。

さきぽん(Vo)「高校の時に私が今のメンバーじゃないコらとPETALSっていうアコースティックバンドを組んでいて、1年ぐらい活動してからアコースティックじゃなくて普通にバンドがしたいなあと思うようになりました。で、今のドラムとベースとキーボードを呼んで活動を始め、そのうちのリードギターが抜けたんでひろさんに入ってもらいました。」

――最初やっていた音楽は全然違うんですか?

さきぽん「曲調とかは今とそんなに変わってないですけど、でもアコースティックバージョンって感じです。」

――でももっと骨太なサウンドがやりたくなったと。

さきぽん「はい」

――で、メンバーを新しくしてサウンドを変えて、作る曲も変化がありました?

さきぽん「いや、基本私が弾き語りをした曲を持っていってメンバーに作ってもらうので、それをみんなにかっこよくしてもらっている感じです。」

――さきぽんは原体験としてはどういう音楽が好きだったんですか?

さきぽん「幼稚園の時に『歌手になりたい』と思ったのがSPEEDを見てで、でもそこから小学生ぐらいの時はそんなに明るい曲は聴いてなかったんです。自分の作る曲もめちゃくちゃ真っ直ぐで明るいっていう曲はないです。」

――それはアコースティックな編成ではなくて、骨太なバンドサウンドで表現したい世界だったんですか?

さきぽん「そばにいて欲しい仲間をちょっとずつ見つけられたので、それをみんなで表現したいなあっていう思いです。」

――今、安心感があります?

さきぽん「あります。」

――みなさんは支えていて、どうですか?

たいき(B)「もともと地元のライヴハウスで元のPETALSとだいたい同じ構成の前のバンドを見て『こういう音楽いいな』って思ったのもあって、で、企画バンドで一緒になった時にそのまま誘ってもらって。」

――すごく自分の感性に合っていたと。

たいき「そうですね。」

――最後にPETALSの目標と夢を語ってもらえますか?

さきぽん「たいき言っていいよ(笑)。」

たいき「今のPETALSでの曲とかメッセージ性をひとりでも多くの人に聴いてもらいたいです。伝えたいです。」

さきぽん「あと、売れたい(笑)。」

――是非そのきっかけになればと思います。

全員「ありがとうございました!」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録