メンバー
V, G:幡野友暉 G:岡村耕介 B:細川雅弘 D:伊藤優太

――まずは結成のいきさつから教えてもらえますか?

岡村耕介(G)「ヴォーカルの幡野が前にやっていたバンドを僕が知って、そのバンドがある大会に出て結構上まで行ったのが気になっていて。そしたらそのバンドが解散したので、僕が幡野に声をかけたっていうのがきっかけですね。それが高校1年生の終わりぐらいの時です。」

――「こいつとやりたい」ってずっと思っていて、チャンスが来たから誘ったと。

岡村「そうです。」

――そんなふうに思われているって知っていました?

幡野友暉(Vo・G)「全然知らなくて、ある日突然メールが来て。」

――面識はなかったんだ。

幡野「まったくなくて、それで『僕とやらないかい?』みたいな感じできて、最初誰かわかんないから『誰だこいつ!?』って。すごい怪しい人間なんじゃないかって(笑)。僕がコピーバンドをやってて、それを見に来てくれて、そこで『一緒にやろうぜ』ってなって始まりました。で、同じ高校の軽音楽部だったドラムの伊藤がプラプラしていたので誘って(笑)。最初は別のベースがいたんですけど、高校を卒業した時にそのベースが抜けたので今のベースに入ってもらいました。」

岡村「以前僕らと細川の前のバンドと対バンして、みんな同い年なんですけど、『同い年でこんな上手いベーシストがいるんだ』って衝撃を受けまして、それを思い出してオファーしました。」

――曲作りはどうやって進めるの?

幡野「大元を僕が持ってきて、それをバンドで器を大きく完成させて、そこにあとで歌詞をのせてみたいな。いろいろ歌いたいことはあるんですけど、曲と歌詞は同時進行で作っていきます。」

――the unknown forecastの夢と目標とは?

細川雅弘(B)「僕らが中学校とか高校の時に音楽をやるきっかけになったバンドの先輩たちがいたように、自分たちも下のコたちが音楽に目覚めるきっかけになれたらなあと思っています。」

岡村「僕も似たような感じなんですけど、高校生とか大学生とか軽音楽部でコピーされたくて、定番として。『おまえらもthe unknown forecastやるんかよ!』みたいな(笑)、そういう会話をしてもらいたいです。」

伊藤優太(D)「僕はその時代のひとつのシーンを築いていけるバンドに成長していきたいです。」

岡村「2010年代代表みたいなね。」

幡野「僕は時代のシーンを作るというよりは、今を生きる自分たちの時代を切り取った歌を歌いたいと思っています。それは別に後で廃っていってもいいんですよ。新しいことをその時代時代に思っている人がいる。たとえその人が異端児だったとしても、『ここにもこう思っている人がいるんだ』って感じてくれるその人に向けて俺はすごく歌いたいなと最近思っています。これからもずっとそうあり続けられたらいいなあと思っています。」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録