メンバー
V, Key:sappi G, Cho:taru B, Cho:miyosu

――ボーカルがsappiで、バンド名がSAPPY……どなたが考えたんですか?

sappi(Vo)「そうですね、考えたのは…、みんなで考えました。」

taru(G)「ニルヴァーナの“Sappy”って曲も好きなので」

――SADとHAPPYの造語ということですね。で、結成のいきさつは?

taru「もともと、ここの男性ふたりがずっとバンドやってて、そのバンドが解散して新しいバンド始めようってときに、大学のサークルの後輩だったこのsappiちゃんを誘って、ちょっとポップスをやろうかなと。」

――taruさんの中にこのユニットの構想があった?

taru「そうですね、サークルのライヴとか観てたりしていて、声いいな、みたいな。それが2012年です。」

――2年前、そこからずーっと?

taru「最初ドラムが居たのですけど、この体制になったのはこの4月からです。」

――と言うことは、“Swimming Night”はできたての曲なんですか?

sappi「“Swimming Night”はドラムがあってベースもあってっていうかたちでやってたとき、1年くらいに前にできた曲だったんですけど、それをアレンジして今のかたちで演奏してます。」

――曲はどういうふうに作られるのですか?

taru「曲は僕がだいたい作ってきて、で、この子とキー合わせたりします。もともと最初僕の男の声で入れるんで、それをアレンジしていくという感じですね。」

――でも、3人プラス別のメンバーが加わってくる可能性もありそうで、音楽的には今、試行錯誤の最中なんでしょうか?

taru「そうですね、でもやりたいことはどんどんハッキリしてきたかなっていう感じですね。」

――それはどういう方向性なの?

taru「1回エレクトロの要素を取り入れようってなり、打ち込みとかで……。今回の“Swimming Night”はバンドっぽい曲ですけど、もっと4つ打ちのバンドチューンみたいなものを中心に攻めつつ。」

――EDM?

taru「EDMとか。更にもともとUKロックとかシューゲイザーとかも好きなので、そういう要素をちょっと混ぜて融合させていきたいです。その打ち込みを経た上で、またドラム入れたら変わるのではないかと思います。」

――SAPPYの野望を訊かせてください。

sappi「野望は、とにかくビッグになりたいですね……曖昧ですか?」

taru「JUDY AND MARYやろ? 次の世代の。」

sappi「次の世代のJUDY AND MARY……というか個性がある女性ボーカルの新しい音楽を作っていきたいと思います。それを続けて、またさらに進化した日本の新しいポップス、そういうのを作りたいって思います。」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録