• エントリー受付
  • 一時選考
  • 一時選考結果発表
  • ユーザー投票
  • 入選選考
  • 入選選考結果発表
  • 入賞アーティスト ライヴ映像収録・編集
  • 入賞アーティスト ライヴ映像アップ&ユーザー投票
  • 優勝アーティスト選考
  • 優勝アーティスト発表
  • フェス出演&CDリリース
メンバー
武田大(Vo・G)
永山駿(D)
千葉雅人(B)
陶山良太(G)

●結成のいきさつは?

武田大(Vo・G)「もう抜けちゃったベースの奴がいて、そもそもはそいつとふたりでなんかやろうねって言っていて。そいつが連れてきたのが(永山)駿くんで、最初3人でやってて。その後、メンバーの入れ替えがあり、駿の後輩の千葉くんがベースを弾くようになって、人の紹介で陶山くんを紹介していただいて。そういう感じです」

永山駿(D)「順番的に違うだろ(笑)」

武田「ああ、陶山を先に紹介してもらって」

永山「しかも、最初ベースだったんですよ、彼は。ベースで入ってもらったんですけど、他のバンドでギターやってたこともあって」

武田「ギターのほうがうまいから」

永山「でも、このメンバーになってからまだ1年経ってない。そろそろ1年ぐらい?」

●このメンバーになって楽曲の世界観は変わったの?

永山「世界観は変わってないですけど」

武田「サウンドとか迫力とかはたぶん、大きく変わりましたね」

永山「今は結構攻撃的だと思うんですけど、前はもうちょっと優しいイメージだったと思います」

武田「シューゲイザー的なイメージだったんだよね。楽曲とコンセプト自体は変わってないんですけど、アレンジはアグレッシブになったよね。ステージングもそうですし、初めて見た人が衝撃的みたいな感じで」

●詞が独特だよね。文学的でもあるし。

武田「そうですね。もともとマイナスの感情の共有っていうのがコンセプトで。これはほんとの結成当初からあって。僕自身引きこもったりするんですけど。でもそういう時ってだいたい、『自分だけクソみたいな感じでまわりはすごいな』みたいな、『なんで自分ばっかりこんな感じなんだろう』みたいな方向にいっちゃうんだなと思って。だから、ライヴに来てもらったりして、俺らが自分の暗い部分だったり汚い部分を歌ってる間は、お客さんにも『自分だけじゃないのかな』って思ってもらえるのかなって。それで別に何が変わるわけでもないんですよ、たぶん。それで明日も頑張ろうってわけじゃなくて。だけど、たとえば孤独だったら、孤独な人がふたりいればそれは孤独じゃないっていうのをちゃんと体現したかったから。そんなアーティストがいたら、自分はたぶんもうちょっと楽だったかもなって思うんですよね。すごい難しいですけど。歌詞を書いてると、最終的にそれでも頑張ろうとか、明日も笑って頑張ろうみたいな方向に落ち着いちゃう時もあって。でもそれじゃあコンセプトと違うんで、意識的にマイナスに向かっていくのは結構つらいんですよね。気持ちが先行して歌詞を書ける時はいいんですけど、歌詞を書いていて自分が暗くなっちゃう時はきついですね。けど人を攻撃しちゃいけないし、それもポリシー的に違うので。だから攻撃もしたくないし、自分が一番弱い立場で、でも感情を吐露するだけでもない、みたいな。ただ感情をギャーギャー言ってるだけのバンドにもしたくなくて。それはそういう人たちがかっこ悪いっていう意味じゃなくて、自分がやるとしてってことで。まとまんないけど」

●言ってること、とてもわかるけどね。

武田「そういうふうにいろいろごちゃごちゃ考えちゃうから、たぶんこういう感じの歌詞になっちゃうんだと思います」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る