RO69JACK 2013 一次選考通過アーティスト

CORONA sessions

明るく陽気なアコースティックセッション

5人編成:
大久保 海太(ボーカル・アコースティックギター)、村井 栄介(アコースティックギター・バンジョー・コーラス)、右田 泰孝(アップライトベース・コーラス)、前田 仁(パーカッション・コーラス)、西澤 寿実(サックス・パーカッション・コーラス)
活動拠点:東京都
プロフィール:
2011年3月結成

アコースティックギター、バンジョー、アップライトベース、パーカッション、サックス、歌による、5
人編成の(メキシカン?)アコースティックバンド。2011年3月より、大久保海太と村井栄介によるアコースティックのコンビバンドとして活動をスタートし、同年7月にアップライトベースの右田泰孝、パーカッションの前田仁が加入。8月には毎年群馬県嬬恋村で行われる野外イベント「ソトデナニスル」に出演し多いに客席を沸かせた。2011年12月に1st Album「CORONA」リリース記念イベントを敢行しライブスタイルを昇華させ、同日サックス&パーカッションの西澤寿実が加入。2012年8月に、約8ヶ月という短いスパンで2nd Album「mucho! mucho!」をリリースすると共に、3ヶ月連続で行われたツーマンイベント「ルチャ・リブレ」でカケラバンク、建吾、Natural Recordsと競演。各会場を多いに盛り上げた。同年12月には初のワンマンライブを「青山 月見ル君想フ」にて行い、大盛況となった。アコースティックでありながらも、基本陽気に、時に攻撃的に「ライブは観客の為に」をテーマに活動している。メキシコの太陽を描くことを目標に今後も旅を続ける。

公式サイト:http://coronasessions.com

CORONA sessions からのメッセージ

全ての一次選考通過アーティスト発表後にアップをスタートします。
応援コメントの投稿は終了いたしました。