RO69JACK 2012

255 BLACKS
絶望と希望の狭間を漂う快感ロック
1 刹那

刹那

月の灯りを捉えては燃やす
音を弾いてゆく君の横で
「好き」と云う想いは「絶望」によく似て
時をとめた

例えばこの先春が無くても あの日の花達は咲くのかな
例えば神様など居なくても あの日の私には戻らない

何かを隠した 記憶の狭間に
夜辺泣く声に 喉を湿らせて
瞼の裏から流れた血液
視界を失くして初めて見えたよ

壊してしまえ 叶わぬ夢など悲しいだけ
答えて欲しい 言葉に出来ないこの想いにも

ほら
私が伸ばした両手に果たして貴方は何を望む?
きっと悲しみの先に答えは無いから
手放せない _刹那_

例えば神様が居るのならば こんなに難しい筈は無い
瞼の裏から流れた血液
視界を失くして初めて見えたよ

壊すことしか出来ない君へのこの想いを
絶とうとしてもまたすぐ心を染めてゆくから

ほら
貴方が伸ばした両手で果たして私に何が出来る?
いつか悲しみの果てに別れがあるなら
手放せない _刹那_

明日をも奪え
言葉にできないこの想いを燃やし続けて
全ては過去へと変わり逝くから
ほら私が伸ばした両手が果たして明日もあると思う?
きっと悲しみも何もここには無いから
そばにいてよ _刹那_

閉じる
楽曲の再生には、最新のAdobe Flash Playerが必要です。

○活動拠点:東京都

○編成:4人
やましたまなほ(Vo&Key)、せきひろちか(Gt)、いわいゆうき(Ba)、さわだたくま(Dr)

○プロフィール
2008年4月結成

人間の欲望や生きる事の意味を真摯に問い続ける4ピースロックバンド。
ライブバンドと謳われるだけありこのバンドの本質は音源や動画を介してではなかなか伝えにくいものがありますが、少しでも多くの方にBLACKSの音楽が届きそして同じ空間の中でより大きな興奮を分かち合える日を願い、今日もこの大都会の何処かで音を鳴らし続けています。

○ホームページ
http://www12.ocn.ne.jp/~blacks/