メンバー
V, G:宮田翔平 B, Cho:森雅美 D, Cho:須長宏紀

――まずは結成のきっかけから教えて欲しいんですが。

宮田翔平(V・G)「僕が大学に入った時に『オリジナルバンドをやりたいな』ってずっと思ってて。当時のサークルのメンバーでバンドを組んだんですけど、そっからベースが抜けちゃって。僕も『バンドをやめようかな』と思ったんですけど、そこに森が入ってきて。そしたら今度はドラムがやめちゃったんですけど、『なんとか続けたいな』と思って須長を誘いました」

――宮田くんがやってるユニットとしては、コンセプトや方針は変わらない感じなんですか?

宮田「だんだん変わってきてはいるんですけど、自然と『懐かしいなあ』とかそういうことばっかり考えちゃって、そういう歌ができていって(笑)。メンバーも自然と、笑いのツボとか波長が合う人が集まって、いい感じにゆるくこのメンバーになりました(笑)」

森雅美(B・Cho)「期せずして、気の合う仲間がポーンと(笑)」

宮田「最初はほんとに、お互いのことを知らないぐらいの距離感だったんですけど、意外とハマって……そのせいで少しゆるくなりすぎた感じはするんですけど(笑)」

――一番影響を受けたバンドなりミュージシャンは?

須長宏紀(D・Cho)「THE BACK HORNとか好きですね、今も昔も」

宮田「僕はいろいろあるんですけど、YUKIちゃんがすごい好きで。JUDY AND MARYをずっと聴いてきたのもあって、ずっと女性ヴォーカルのバンドをやりたくてメンバー探してたんですけど、結局見つからなくて。『じゃあ自分で歌おうか』って現在のバンドになったんですね。YUKIちゃんの曲ってどういうジャンルのどんな曲をやっても『YUKIの音楽』っていう感じがあって、しかも一回聴いてすごく耳に残るものが多かったので。メロディを作る上で、すごい影響は受けてると思います」

「私は圧倒的に、音楽を聴く分母数はめっちゃ少ないんですけど、その中でも1位、2位で好きなのが、GRAPEVINEとFoZZtoneが好きですね。」

――実際のプレイはすごいですよね。最後のほうはもう、音で踊ってるみたいな感じで。

宮田「森ちゃんは結構、男前な弾き方をするんで、それはすごくいいですね。ベースのこと何もわかってないと思うんですけど、弾き方だけは120点。ヒゲダンスみたいな動きに見えてくるんで(笑)」

「知り合いのバンドマンさんに、『笑けてきて見てらんない』って言われます(笑)」

――日本語に対するこだわりはあるんですか?

宮田「それはあります。高校生の時に、その時は女の子ヴォーカルでやってたんすけど、英語のポップパンクみたいな曲を作ったりしてて、その時に英語で歌詞を書くのがほんとに嫌で。日本語の歌は、歌詞を聴いて楽しむのも、音を聴いて楽しむのも、どっちもあると思うので」

「宮田さんの歌詞は読んで恥ずかしくないんですよ。『歌詞見せて』っつっても『ああー、なるほどね』みたいなスッと入ってくるっていうか、いきらない感じがすごい好きで」

宮田「僕は恥ずかしいんですけどね(笑)」

――将来の目標とか野望は?

宮田「フェスもそうですし、『CDを出す』ってこともそうだし、中学生の時に『こういうのかっこいいな。でもムリなのかなあ』とか思いながらぼんやりと憧れてたバンドたちと同じことをして、肩を並べて同じところに出るのが理想なのかなと思います。」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録