メンバー
V, G:カーミタカアキ B:ふじぴー V, D:なかのいくみ

――京都のバンドですよね。結成のいきさつは?

なかのいくみ(V・D)「大学のサークルで知り合って、最初は好きなバンドのコピーバンドをやってました。好きなバンドが偶然共通してたので、かなりギターロックっていうか、今とは全然ジャンルの違う感じで」

カーミタカアキ(V・G)「で、『オリジナルもやりたいな』っていうことで、ポストロックみたいなギターロックをやってたんですけど、いくみさん歌ったほうがいい感じになるかなと思って」

なかの「彼(カーミ)がもともと曲を作るのが好きで、最初彼だけが歌ってたんですけど、それだけじゃなんかちょっと物足りんなと思って。一緒に私がドラム叩いて歌って、彼がギター弾いて歌ってってしたら面白いんじゃないか?って。最初は遊び半分っていうか『ちょっとやってみる?』みたいな感じだったんですけど、かなり楽しくなって1年ぐらい経ったって感じです」

――みなさん好きな音楽とかジャンルとか傾向とかは似てたりするんですか?

なかの「この人(カーミ)が音楽にすっごい精通してて――」

ふじぴー(B)「自分らで言う? それ(笑)」

なかの「私から見てね。私は一番JUDY AND MARYが好きだったりとか」

――一見文系な感じのギター・ヴォーカルと、ものすごいパワフルで楽しそうなドラム・ヴォーカルっていう、キャラの違いが個性になってて。そういうところを楽しんでくれるお客さんも多いんですかね?

なかの「そうですね。ライヴハウスの店長さんとかにも、『ギャップが面白い』っていうのは言ってもらえたりします」

――曲はどういうふうに作ってるんですか?

なかの「彼(カーミ)が作詞作曲で、弾き語りのデモ音源を私たちに渡して、それで各々考えて。『じゃあスタジオで集まろうか』って言って、セッションみたいな感じからどんどん細かい部分を組み立てていく感じですね」

――将来的な夢や目標を聞かせてもらえますか?

カーミ「なんか、もっと自分たちの音楽が普遍的なものになるようにというか……いろんな人に知ってもらえるような音楽をしつつ……自分たちのできるようにやりたいです」

なかの「(笑)。だから要するに?」

カーミ「ポピュラーかつラブズみたいな」

なかの「『私たちの音楽がポピュラーになったらいい』ってことですか?」

カーミ「そうそうそう」

なかの「夢か……ちっちゃいとこしかやったことがないので、今はもう目に見えるような、手を伸ばしたら届くようなところにお客さんがいるっていう感覚しかないんですけど。みんなが遠くからワーッて言ってるようなところで、自分たちの歌とか演奏が届いたらどんなに素敵だろう?っていうのは日々、ほんと単純なことなんですけど、思ってやってます」

カーミ「そうっす」

なかの「ははははは」

カーミ「や、でもほんまに、もっと大きいところで、いろんな人に聴いてほしいっていうのはありますね」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録