メンバー
V, G:樋口侑希 G:古澤徳之 B:堀江俊吾 D:安田吉希

――結成までの流れはどんな感じだったんですか?

樋口侑希(V・G)「WOMCADOLE自体が生まれたのが2011年ぐらいで。このギターの子(古澤)と、中学校時代からコピーバンドというか、文化祭バンドをやってて。ふと『オリジナルをやろう』みたいな話になって、それで始めたバンドですね」

――樋口さんと古澤さん発信で。あとの2人はどういういう形で?

安田吉希(D)「僕はもともとWOMCADOLEと違うバンドを組んでて。ヴォーカルとギター(樋口&古澤)が2人だけでライヴしてる時に、たまたま対バンして。そこで樋口君から、『ちょっとサポートやってみてくれへん?』って言われて、渋々サポートやってたんですけど。ある日を境に『今日から正式メンバーやから』みたいに言われて……それで、『ああ、わかりました』って今に至ります(笑)」

樋口「計画通り」

――樋口さんはわりと無茶振りするタイプ?

安田「まあ結構、無茶振ラーですね、彼は(笑)」

堀江俊吾(B)「僕は入ったのは結構最近なんですけど。1年ちょっと前ぐらいに、別のバンドやってた時に対バンする機会があって。そん時に、ベースが諸事情でいなくなる、3人しかいない、みたいな感じのライヴの時に……『なんやこのバンド』って思いながらも、曲が結構好きやなっていうので、冗談で『ベースいつでも弾くよ』みたいなこと言ってたら……ある日、ギターの彼から『企画に出てほしいんですけど、いけますか?』みたいな話があったのが、ちょうどこっちのバンドが解散するってなってた時期で。その時は『ちょっとゴメンな』っていう感じで別れたんですけど……後々ちょっと思い返してみたら、『あれ? あいつらベースおらんな』と。どうするんやろう?みたいなんが偶然カチッとハマって、それで今年から一緒にするようになったって感じっすね」

――一番影響を受けたジャンル、アーティストは?

堀江「このバンドでは僕だけ滋賀じゃなくて。地元の先輩になるんですけど、アルカラにすごく影響を受けて……音楽だけじゃなくて生き方とか、ライヴの運び方とかも好きですね」

樋口「僕は、tacicaがめっちゃ好きなんです。撃ち抜かれたんです、聴いた瞬間。それこそ衝動がバッてきて、うまい言葉じゃ言えないんです」

古澤徳之(G)「僕は、ELLEGARDENから始まって。ポップスやったりロックだけではなくて、パンクとかメロコア的な、そういうジャンルが大好きで、はい」

安田「ELLEGARDENやったり、RADWIMPS、BUMP OF CHICKENあたりが、僕の音楽の入りなんですけど……一番好きなのは、イギリスのミューズですね。ジェントルマンになりたいです、僕も」

――今後に向けての夢、目標、ないしは野望は?

堀江「『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』の、GRASS STAGEのトリをしたいですね、ゆくゆくは。今の音楽のシーンを変えたいっていうのはすごく思ってます」

――さっきの演奏も、「みんなで踊って盛り上がりましょう」じゃなくて、ロックとメッセージを突き詰めて、目の前の何かを変えていこうっていう切実な感じがありましたね。

堀江「確かに、踊れるとか騒げるとか、ライヴが楽しい!とかよりも、ライヴに来て心打つような歌を歌ってくれるんで。それをもっと突き詰めて、そういう音楽が、いい歌が溢れる時代になったらいいなと思ってます」

――樋口さん、最後に野望は?

堀江「野望、叩きつけろ!」

樋口「アリーナツアーしたいですね」

堀江「俺、絶対そこで『ダイエットする』とか、そんなオチやと思ってた(笑)」

古澤「わりとガチの(笑)」

樋口「アリーナツアーしたいです!」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録