メンバー
V:ふるがいちまい G:安藤リク B:山川空海

――結成のいきさつを教えてください。

ふるがいちまい(V)「もともと中学校の同級生で結成したバンドが始まりで。山川さんと私と、前いたドラムと、前いたギターの4人で始めて――私だけ学校は違ったんですけど、前のギターと私が知り合いで、『バンドやろう』ってなって連れてこられた人が2人、っていう感じで始まって。その時はコピーバンドだったんですよね。で、高校卒業ぐらいの時に――」

安藤リク(G)「進路の問題でギターが抜けて」

ふるがいち「『どうしよう?』ってなったんですけど、『でも私たちバンドやるから』『本気でやります!』ってなった時に、京都で一番上手いギターを探そうって――」

安藤「やめとけ、やめとけ、そういうの(笑)」

ふるがいち「当時ギターヒーローだった安藤くんを、実家から引き抜いて入れました」

全員「(笑)」

――ギターヒーローは当時バンドは組んでなかったんですか?

安藤「組んでなかったですね、前にやってたバンドも、他のメンバーがもう進学して、『医者になる』とか言い出して、どっか行っちゃったので」

ふるがいち「全員、進学校に通ってたので、周りからバンドをやることを反対されまくっていまして。その反対を押し切って入れました」

安藤「初ライヴに、進路指導の先生が観に来て。『ほんとにできんのかお前ら?』みたいな説教を1時間ぐらいされました(笑)」

――みなさんそれぞれ、一番影響を受けたアーティストなりジャンルは?

山川空海(B)「僕は、昔の洋楽が好きで。クイーンとかレッド・ツェッペリンとか、そういうところから、結構ハードロックとかが好きで……そこからいろんな音楽聴くようになって、今はジャズだったりカントリーだったり、いろんな好きな音楽が増えていったんですけど」

ふるがいち「私は、アヴリル・ラヴィーンです」

安藤「僕はもともとサザンオールスターズがずっと好きで。そこから、まあ昔のハードロック、ロックを聴きだして、並行してクラプトンです。エリック・クラプトンが大好きですね、あとニルヴァーナです」

――ギターヒーローのギターヒーローはクラプトンってこと?

安藤「そう……ですね。(ふるがいちに向かって)おい、何てこと言うねん!(笑)。クラプトンとか、あとは結構ヘヴィメタル、ハードロックのギタリスト好きです、ザック・ワイルド、ランディ・ローズとか」

――曲はどうやって作るんですか?

ふるがいち「結構バラバラなんですけど……彼(山川)はひとりで作るのが好きなので、あんまり立ち入らせてくれなくて。ひとりで作ってきたやつに私が歌詞を付けてっていう感じで……ここ(ふるがいち&安藤)は共作が多いですね」

――山川さん曲は洋楽寄りとか、そういう傾向があるの?

ふるがいち「(山川曲は)重くて暗いですね。『あ、根が出てるのかな?』って(笑)」

――(笑)。今回の応募曲は?

山川「僕が作って、彼女の作詞です」

――みなさんの夢、目標は?

ふるがいち「夢は、武道館に出ることです、私は。あと、『SUMMER SONIC』」

安藤「フェスに出たいです」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録