メンバー
V, G:イマイズミヒカル B:太田雄大 D, Cho:ちゃん矢野

――結成までの流れは?

イマイズミヒカル(V・G)「もともと自分たちが小学校からの幼馴染みで、中学校も一緒で、友達同士でよく遊んでたんですけど。中学生になったら、自分が音楽に興味を持ち始めて。そのタイミングで、ドラムの矢野から『バンドやらないか』と言われて。『俺がドラムやるから』と(笑)。当時大好きだったバンドのコピーバンドを文化祭でやろうって言われて」

――ちなみに何をやったの?

イマイズミ「BUMP OF CHICKENです。もう大好きで。中学3年生の文化祭で、初めて人前で演奏しました」

――初めから3ピースで?

イマイズミ「いや、最初はこの3人プラス2人の……」

太田雄大(B)「5人で」

イマイズミ「ギター3人ですね。ヴォーカル、ギター、ギター、ギター(笑)」

ちゃん矢野(D)「ひとりアコギで」

――トリプルギターのBUMP OF CHICKENから、結果的に3人になったと。

イマイズミ「そうですね。その後すぐひとり抜けて――4人で活動してた時期が結構長くて、3年ぐらい。コピーバンドやったり、自分たちのオリジナル曲を作り始めたりして。でも、就職とかでもうひとり辞めちゃって、3人になって……って感じですね」

――音楽の趣味的には邦楽?

イマイズミ「まったくみんな同じ趣味で、バンプ以外でも好きなのが似てて。中学校の頃よく聴いてたのはORANGE RANGEとか。流行ってたんでよく聴いてましたね」

太田「あとはtacicaだね」

イマイズミ「うん、tacicaが大好きで。自分たちが3ピースになってからは特に」

――イマイズミさん、歌いながら細かいフレーズ弾いてましたけども。あれって結構大変ですよね?

イマイズミ「あれは、大変ですね(笑)。本当はああいうことやる人ではなかったですけど。4人だったので。結構っていうかだいぶ大変でしたね。楽しさ3割、大変さ7割っていう感じで(笑)。でも、楽しくギター弾きながら歌わせてもらってますね、今は」

――曲はどういうふうに作ってるんですか?

イマイズミ「曲は、僕が細かいフレーズでも思いついたらギター弾き語りみたいな感じで、こういうメロディができたんだけどって。そこから想像ふくらましてアレンジして、その上にメロディ乗せたりっていう感じで。セッション的な感じでスタジオで作ってますね」

――活動は名古屋を中心に?

イマイズミ「名古屋が中心ですね。東京にも月に1回か2回ぐらい来てます」

――phononの夢と目標を教えてほしいんですが。

イマイズミ「やっぱりバンドやってると、武道館とかアリーナとかでやりたいなって――もちろんそれはみんなありますし。でも、ほんとに今、すごいバンド楽しくて。最近よく思うのが、別にそんなにめちゃくちゃ売れてるとか、武道館とかできてなくても、一生このメンバーで曲作って歌えてたら、おじいさんになってもバンドやれてたら、それはすごい幸せなことなのかなと思って……それは目標ではないですね、夢ですね。『ずっと音楽やれたらいいな』ってすごく思います」

アーティスト詳細ページへ
お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録