メンバー
Vo・G:小島ユウスケ B:楠田秀平 Key:菊池博人

――バンドの成り立ちから訊きたいんですが。

小島ユウスケ(Vo・G)「僕たちは全員、九州人なんです。じつは、僕が彼と中学校からずっと一緒で、家も歩いて」

楠田秀平(B)「1分」

小島「ぐらいかな、楽器やる前から友だちだったんですけど、僕がアコースティックギターをやっていて、彼に無理やり、楽器を一緒にやろうぜって最初にやらせて……最初はギターだったんですね。ふたりでバンドを立ち上げまして……高校生になってからだったっけ、高校生の時に前身バンドを結成して、自分たちで曲を作るようになってきて。音楽の道でやっていこうっていうときに……大学には行かずに音楽一本でいこうっていうことに決めて、東京にバンド全員で出てきたんですけど。で、それからしばらく経って、彼(菊池)は九州にいたときに僕たちの曲をリミックスしてくれたりしていて」

菊池博人(Key)「個人的にね」

小島「で、上京するっていう話を聞いて、上京するんなら一緒にやりませんか?っていう感じで今に至ります」

――このバンドのポップ感はかなり絶妙なところを突いているんですが。ギターポップでもあり、ピアノポップでもあって。

小島「僕、コードがわからないんですよ、楽譜も読めなくて、自分が弾いてるコードもよくわからなくて。彼は逆にもうめちゃくちゃ理論がわかるんですけど……僕がたとえば、なんていうんだろうね、オレンジ色のグワッとした感じをさ、って言った言葉を理論的に、2拍目の裏でこうで……みたいなそういうところに変換してもらってっていう感じの流れですかね」

菊池「ハイハイって(笑)」

――じゃあもう、鍵盤兼通訳として入ってもらったっていう。

小島「そういうことですね」

菊池「バンド全体でやって、うまくいかないところは、自分がデモを作って投げて、そこで修正してとか」

――今後はどんな活動をしていくんでしょう?

小島「とりあえず、ライヴをやって、自主盤でアルバムを作って、レコ発で……やっぱり自分たちは……メジャーっていうところで売れたいと思ってるので、そこに行く為の活動もやり、ライヴしながら、曲作り続けてっていう……ガツガツいきたいですね、プロを目指して九州から来たので」

菊池「新年を機に生まれ変わるように活動できたらいいと思ってます」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録