メンバー
G・Vo:塩入冬湖 B・Cho:コシミズカヨ

――どういう経緯でFINLANDSは始まったんですか?

塩入冬湖(G・Vo)「高校生の時から違うバンドをふたりで組んでいて、それが去年活動休止したので。それでふたりであらためて始めて、サポートメンバーを募って始めました」

――違うバンドをやってる頃から、このふたりはやっぱりいいなっていうのはお互いにあったの?

塩入「高校入ってすぐにずっと一緒にやってるので、当たり前のように(笑)」

――それだけ感覚が合うとか同じものが好きだとか、そういうことはないんですか?

コシミズカヨ(B・Cho)「うーん、気が合うぐらい(笑)」

塩入「マブダチ的な」

――そういうものなんだ(笑)。ふたりでやり始めた時から音楽性は変わらない?

塩入「高校生の時はコピーバンドをやってたんですけど、高校2年生ぐらいからオジリナル曲をやりだして、それからはずーっとこういう感じです」

――ふたりの共通になってるバンドってあるんですか?

コシミズ「一番好きなバンドはふたりともバラバラ」

塩入「一番好きなバンドはスピッツです」

コシミズ「私はストレイテナーが好きです(笑)」

――なるほど。ふたりの嗜好をどういうふうにFINLANDSの音楽に落としこんでいくんですか?

塩入「私が曲を作ってるので、『今回はこういうふうにしたい』って伝えて、それに合わせてもらうっていうスタイルです」

コシミズ「私は彼女の作った曲に合わせる側ではあるんですけど、高校生の時、最初にやってたバンドは男の子がヴォーカルだったんです。ひょんなことから冬湖が歌うようになって。冬湖の歌を聴いたときにおっ!と思って、それで前のバンドを組み、オリジナル曲を作るようになって。冬湖の作る曲が私もすごく好きなんで(笑)」

塩入「ありがとうございます」

コシミズ「やっぱり冬湖の作る曲が単純に好きなので」

――いい話じゃないですか。

塩入「お世話してくれるんです(笑)。面倒見てもらってます」

――今後FINLANDSはどういう目標に向かって進んでいくんですか?

塩入「まずはこのまま活動続けて。私、箱根町出身なんですけど、箱根町でフェスをやりたいです」

――おお、いいね。

塩入「土地は余り狂ってるので」

――はははは。

塩入「昔スキー場だった土地がいっぱいあるので(笑)。そうやって町おこしに貢献できたらと」

――温泉が確実についてくるフェス。

コシミズ「最高ですよね(笑)」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録