メンバー
Vo・G:えむ G:カミバヤシユウタ B:まいこ D:潤

――今日はどうでした?

えむ(Vo・G)「私は『よっしゃ!』って感じです」

カミバヤシユウタ(G)「緊張しました(笑)」

――このバンドの結成のいきさつは?

えむ「私が2年前の春ぐらいにバンドやりたいなって思って。大学の軽音サークルに入ってたんですけど、そこでいい後輩とか見つけたらヘッドハンティングして一緒にバンドやろうと思ってて。そしたらその春入ってきたのがドラムの潤ちゃんで、いい子だと思って『一緒にバンドやろうよ』って言ったら、ふたつ返事で『いいっすよ!』って言ってくれたんで、よし、じゃあやろうって」

潤(Dr)「ちょうどヒマしてたんで(笑)」

えむ「じゃあ他のメンバー探そうって、ユウタと知り合ってギターやってもらって、ベースだけがなかなか決まらなくて。去年の春先、2月の終わりぐらいに、潤ちゃんが高校でも軽音部入ってて、軽音部の同期の子がまいまいで、それで一緒にやろうみたいになって揃った感じです」

――初めて4人になった時のこと覚えてます?

えむ「まいまいをスタジオに呼んで入れて、この子や!って(笑)。『やりましょう』って言ったら、『は、はい……』みたいな(笑)」

――まいまいさんはどう思ったんですか?

まいこ(B)「あ、怖いなって思いました(笑)。初対面の人とスタジオに入るっていうことが初めてだったんで。えむさんとユウタさんは初対面で、いきなり合わせようかってなったんで、すごい力量を試されてる感じが怖いなあって思って」

えむ「試してるしね、実際(笑)」

まいこ「ずっとスタジオで弾きながら怖いなあって思ってました(笑)」

――楽曲はどういうふうにできていくんですか?

えむ「私が作詞作曲全部やるんですけど、みんなの目の前でスタジオでギター1本で弾いて聴かせて。その場でセッショしながらどんどん作っていく感じです」

――やっぱりメロディとヴォーカルの世界観が際立ってるバンドだと思うんですけど、演奏する3人はどういうことを気にしながらアレンジしていくんですか?

「ギター1本で弾いた時点で、楽曲のリズム感が伝わってくるというか、速さというかノリをつかみとって、なるべくそれに沿うようにやるんですけど。でもそればっかりに乗ってるとつまんないんで、ちょっとここ崩してやろうとか、そういうのを考えながら駆け引きを楽しみます、僕の場合は(笑)」

カミバヤシ「僕は最初のほうは何も考えてなかった(笑)。最近は少しメロディ邪魔してるからここはやめとこうみたいな。あんま考えてないです、僕は(笑)」

えむ「みんなもともといっぱい引き出しがあるんで、私もとやかく言わないんですよ。基本的にみんなそれぞれのパートにおまかせみたいな感じにしてて。そのほうが、私が考えて思いつくギターとかベースとかドラムよりもずっといいもの作ってくれるって期待があるんで、私はあえてほとんど何も言わないで、それぞれにまかせちゃうって感じで」

――東京シュガーキャッツのこれからの目標を聞かせてく下さい。

えむ「とりあえず、優勝して幕張でカウントダウンすることですが(笑)、CDもこの前全国流通を出させてもらって、それをもっとみんなに知ってもらいたいし、たくさん聴いてほしいし。こっからシュガーキャッツがどんどん売れていけたらなって思っています」

「北海道から沖縄まで、日本全国のいろんな人に聴いてもらえるぐらいの(笑)」

えむ「みんなに知ってもらいたいです」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録