メンバー
Vo・G:三嶋哲生 G:堀田陽介 B:空久保公平 D:渡部宏崇

――このバンドの結成のいきさつはどんな感じですか?

三嶋哲生(Vo・G)「ただ高校の軽音楽部になんとなく入って、なんとなく仲良くなった奴が同じバンドを好きで、それで一緒にギターの奴と組もうってなって。ドラムの奴はギターの奴と同じクラスだわみたいな。組んで、ベースいないわってなって、最後に余ってたのをもらったら3年続いてます(笑)」

堀田陽介(G)「「まだ誰とも組んでなかったよな、公平は」

空久保公平(B)「そやな。余ってたんです」

渡部宏崇(D)「フリーで、なんとなく雰囲気出てたんで」

――(笑)じゃあみんな軽音楽部の同級生なんだ。

三嶋「そうです。いかにそれらしさ出さないかみたいなんで悩みましたけどね、僕は」

――曲はどういうふうにできていくの?

三嶋「なんとなくいいと思うメロディとかイントロを僕が持ってくるか、ギターのフレーズやったりメロディから作るか。もうどっちかです」

――それにみんなでアレンジをつけていくと。

三嶋「そうですね。展開、アレンジ等をみんなでつけてそのあとで僕がメロディ入れるか、僕がそのアレンジに合わせてメロディとか曲をだいたい作ってから持って行くか、どっちかですね」

――この曲はどういうパターン?

三嶋「これは俺持ってったっけな。どっちやったっけ」

堀田「サビはあったんちゃう?」

三嶋「たぶんメロディスタートなんじゃないかなと思います」

――そこから演奏をつけたりアレンジを詰めていくわけなんだけど、その時みんなが意識してることってどういうこと?

空久保「空気ですね。とりあえず歌、邪魔せんように」

三嶋「まあ青っぽさというか透明感というか。僕はそういう感じですね」

渡部「最初、オリジナル作ったとき、ドラムくそ激しかったんですよ。絶対ちゃうわって」

三嶋「黙らせるのが大変で(笑)。ちょっとずつちょっとずつ、こっちのほうがいいんじゃないかって。今もやるんですけど、そこはある程度個性残しつつ」

――このバンドの最終的な目標とか野望は?

三嶋「最近僕、めちゃめちゃ売れたいんですよ(笑)」

空久保「それはもちろん(笑)」

三嶋「ちょっと前まであんまり興味なかったよな。最近、めちゃめちゃ売れたくなっちゃって。で、そう思い出してから曲が良くなりましたね(笑)」

堀田「ある程度みんな好きなことをやってるけど、ちゃんと歌ものとして売れるというのが理想ですね(笑)」

三嶋「(大阪)城ホールをパンパンにしたいですね」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録