メンバー
G:にえぬ G:J氏 B:オオタニアキヒサ D:クタナベタワ

――変なバンドだね(笑)。

にえぬ(G)「サーカスみたいな感じなので。面白音楽、面白人間ショーみたいな」

オオタニアキヒサ(B)「そんな変か?」

にえぬ「ははははは! 俺そういう意識なんだけど」

オオタニ「俺はポップなバンドだと」

――ある意味ポップなところもあるけどね。

にえぬ「このバンドがここまできてしまったこと自体が変でしょ」

クタナベタワ(D)「まわりのほかのバンド聴いて、すげえいいと思って」

オオタニ「いいバンドばっかだなあってしみじみ家で思ったんですよ」

――そもそもどういうふうに始まったバンドなの?

にえぬ「もともと自分がひとりで音楽を作ってて、バンドやりてえなって思って。僕友達少ないんですけど、友達で楽器弾ける人たち集めてバンド組みましたって感じですね」

J氏(G)「なぜ俺たちが選ばれたのか」

にえぬ「俺の曲やんない?みたいな。アレンジは全部自分がやってるんですけど」

J氏「彼のワンマンバンドを僕らが必死に再現するっていう。こんな無茶なのどうやるんだよって(笑)」

オオタニ「各パートごとにアレンジするみたいな感じだよね(笑)」

J氏「なので曲間でカポつけたり外したり(笑)」

クタナベ「全般的に曲が速いんですよ。僕今まで全然速い曲やってこなかったから、このバンド始めてから腕が1.5倍太くなって(笑)」

にえぬ「最近ツインペダルを導入したから足までぶっとくなってしまって(笑)」

オオタニ「このバンドほんとスポーツなんで。どんどん手が動くようになるというか、動かさざるをえないという」

にえぬ「他にないことがしたいからね」

J氏「演奏は演奏で本気でやってるんですけど、どう楽しんでもらうか、いや違う、俺らがどう楽しむか(笑)」

オオタニ「でも、観てる人がかっこいいって思うものにしたいっていうのはあるよな」

J氏「いいこと言っちゃった(笑)」

――変なバンドだけど、やっぱりポップだと思う。

オオタニ「曲はポップだよね。キャッチーなんだよ、聴きやすい」

にえぬ「モテたいからね」

オオタニ「キャッチコピー、『モテるインスト』だもんね」

にえぬ「でも、かっこいい振る舞いもできないからな。だから歌もねえんだよ」

クタナベ「あとMCもない」

にえぬ「歌詞、書きたくないから(笑)」

オオタニ「なんかゆったりしてたいよね。ゆるい感じでいきたいよね」

オオタニ「さっきから思ってたけどさ、インタヴューじゃなくて俺ら勝手にしゃべってるだけだな(笑)」

――いや、いいですよ(笑)。インストの曲調もそうだけど、佇まい自体、痛快なバンドで。

オオタニ「ガンガン行きたいね」

クタナベ「とりあえず、うまーくより添ってな。仲いいから普通に」

にえぬ「仲良しだよね、よく考えたら」

オオタニ「仲良し……か」

にえぬ「不穏な空気やめろよ(笑)」

J氏「名古屋にはじめて遠征行ったときに、ぼくたち、ダブルベッドとツインベッドがわかんなくて間違えて予約して。なんか変だなと思ったらベッドに枕が2個だけっていう(笑)」

オオタニ「なんでひとつのベッドなのかなってな」

にえぬ「ネタが尽きないな(笑)」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録