メンバー
Vo・B:松本愛美 G・Cho:むーみん D:たっくん

――今日は、どうでした?

松本愛美(Vo・B)「緊張しました」

――東京で演奏する機会は?

松本「今日が初めてです」

――結成のいきさつは?

松本「私が前に組んでたバンドが、もうダメになって、ドラムが……私の弟なんですけど……一緒にバンドやりたいって前から言ってたから誘って。で、こっち(むーみん)は友だちで、まだギターを始めてなかったんですけど、無理やり引っ張り込んできて、それで始まった感じなんです」

――そのときにギター始めたの?

むーみん(G・Cho)「そうですね」

――ギター歴2年弱ってこと? 猛練習で。

むーみん「……マイペースに(笑)」

――普通ギター弾いてる人に入ってもらうんじゃない?(笑)。

松本「彼女の、キャラが立ってたので、なんかおもしろいなと思って」

――曲はどういうふうにできていくんですか?

松本「キーボードがあって……ピアノ弾けないんですけど適当にピャーッて押して、このコードいいな、みたいな感じで、メロディ付けてってって感じです」

――何をきっかけに曲作ろうと思ったの?

松本「中学生の頃から作ろうとしてて、椎名林檎さんに憧れてて……ずっとなんか作りたいなって思ってて。バンドを組んで、じゃあやろうって」

――ヌ・シャボンヌの世界観の背景には何の影響があるの?

松本「昭和の曲とかも好きで。あと、THE BACK HORNが好きで……そのへんを聴いていたらこんな感じに」

――ふたりは、彼女の作る曲はどう思う?

たっくん(D)「へんな曲やなあって」

――ははは(笑)。

むーみん「暗いなあって」

――このバンドの将来の目標とか野望は?

松本「笑えるぐらいかっこいいバンドになりたいです」

――そんな話、3人でしたりするの?

松本「いや、私が一方的にみんなに」

――こうなるんだ!って?

松本「はい」

――それにふたりはついてくっていう?

全員「そうなります(笑)」

松本「ステージに立ってるときは、もう心からどや顔なので……」

――ははは。

松本「見てよ!みたいな(笑)」

――自信がある? バンドの音楽に。

松本「はい!」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録