メンバー
Vo・G:萩原望 G:板野哲也 B:山口哲平 D:石川翔

――このバンドの結成のいきさつは?

萩原望(Vo・G)「ヴォーカルの僕以外の3人が、インストのファンクバンドをやってて」

板野哲也(G)「3人とも中学が一緒やったんで」

荻原「それでギターの板野くんと高校で一緒になって、僕が3人のバンドに参加する形でこうなりました」

――インストやってたんでしょ?

板野「まあ、遊びみたいな感じだったんですけど」

――ヴォーカルを入れるっていうことに対する抵抗はなかったの?

板野「探してたんですよね」

――4人になって何年ぐらいですか?

板野「3年です。去年は受験で活動してなかったんですけど」

――影響受けているのは洋楽? そんなことない?

荻原「4人とも聴くジャンルはバラバラで。邦楽も洋楽もいろいろ聴きます」

――みんな最もフェイバリットなものを挙げてもらうとどうなります?

荻原「僕が一番好きなのは、ニック・ドレイクです」

山口哲平(B)「うーん、難しいですね。母の影響で昔からアース・ウィンド・アンド・ファイアーとか聴いてました。それが残ってるのかもしれないです」

石川翔(D)「僕も父の影響で、レゲエが好きで。レゲエとかヒップホップとか、そういうのを聴きます」

板野「僕は、フェイバリットなギタリストはジミ・ヘンドリックスです」

――最初萩原くんが入ってきた時、みんなどう思ったの?

山口「すごい音楽オタクが入ってきたみたいな感じですね」

荻原「高校の時とかはよく新しいもの探してたりしてましたけど、最近はあんましないですね」

――曲はどういうふうにできていくの?

荻原「僕が作ってスタジオでみんなで合わせて、みたいな」

――なるほど。3人はどういうことを意識しながら上がってきた曲にアプローチしているんだろう。ファンクっぽいノリはそんなに強くはないよね。

板野「そうですね。持ってきた曲にできるだけ合うように意識してます」

山口「邪魔にならずにその曲を引き立たせるみたいな」

石川「それができたらベストかなと」

板野「まあ難しいけどね」

萩原「最近はでも――」

板野「作る感じの曲は変わってきていますね」

萩原「高2の時はギターのリフがバンバン入ってくる曲を作ってて、だんだんおとなしい感じになって。今はブラックミュージックをずっと聴いてるので、80年代のディスコの曲とか、マイケル・ジャクソンとか、そういうものから影響受けて作ってます」

山口「この” When I'm Confused”もだいぶ昔の曲で」

荻原「僕が15歳の時に作ったので」

石川「ずっとやってる曲なんですよ、これ。だから今の曲と聴き比べたら結構違いますね」

――なんでこの曲で応募したの?

石川「なんやかんや言って一番評判が高い曲かなと(笑)」

荻原「高校生の時はなんも考えずに作ってて、今になってやっといろいろちゃんと考えて曲作るようになったかなって感じですね」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録