メンバー
Vo:村上雄太 G:吉岡伸 B:さとうえみ D:あべゆうき

――今日はどうでした?

村上雄太(Vo)「緊張しましたけども、最後のテイクはなぜだかリラックスできました」

あべゆうき(D)「俺がミスしたおかげ」

雄太「たぶん」

さとうえみ(えみぞう)(B)「ははははは! そうだね」

――このバンドの結成のいきさつは。

雄太「まずは、僕とドラムのあべが別のバンドをやってて。そのバンドがたまたま同じタイミングで解散して、じゃあやりましょうかという感じで始まったバンドですね」

あべ「えみぞうは俺がmixiで見つけた(笑)」

えみぞう「ちょうどこの人たちが解散して新しいバンドやろうぜって言ってる頃に、私は音楽をやりたくてちょうど東京にポコッと来たところで。どうしようと思ってたら拾われました(笑)」

――ひとりで東京にポコッと来たんですか?

えみぞう「来ました(笑)。仕事を辞めて(笑)」

――この4人になってどれぐらいですか?

雄太「2年ちょっとですね」

――その時から音楽的なアプローチは今の延長線にあるものだったんですか?

雄太「前やってたものよりは、ちょっと優しくなった。ポピュラリティーのあるものにはなった。前はもっと叫ぶような感じだったんですけど。叫ばなくなったね、あんまりね」

――それはいつ頃、何をきっかけに変わってきたんですか?

雄太「ある日ライヴテイクで自分の歌を改めて聴いて、なんか下手だなと思って。そろそろやばいなと思ったんですよ。叫んでるだけじゃ通用しなくなってくるっていう。先を考えると不安で、だんだん考えるようになってきた。前から考えてましたけど、さらに考えるようになって」

――楽曲はどういう形でできていくんですか?

雄太「基本的に僕がアコギで弾き語りで持っていったものをスタジオで合わせたりとか、あらかじめ打ち込んで持ってきたりっていうところですかね」

――今回の曲はどういう形でできた曲なんですか?

吉岡伸(G)「前のバンドでやろうとしてできなかった曲なんですよ、実は」

あべ「ああ、そうだった」

「多少はできあがってたけど、結局ライヴでは披露できてなくて」

雄太「披露できないまま解散して、それの生き残りというか(笑)。でもメロディがいい感じだったんで、こっちのバンドでも使えるんじゃないかなっていうので持ってきたっていう」

――このバンドの目標や理想は?

雄太「やっぱりみんなの心の支えになるようなバンドになるっていうことと、最終的にはみんなに愛されるバンドになりたいなっていうのが一番ですね」

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO69JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録