• エントリー受付
  • 一時選考
  • 一時選考結果発表
  • ユーザー投票
  • 入選選考
  • 入選選考結果発表
  • 入賞アーティスト ライヴ映像収録・編集
  • 入賞アーティスト ライヴ映像アップ&ユーザー投票
  • 優勝アーティスト選考
  • 優勝アーティスト発表
  • フェス出演&CDリリース

――どんな感じで結成したんですか?

西脇:去年の5月に同じライヴハウスで対バン形式でそれぞれバンドをやっていて、そこで知り合って。私がもともとひとりで弾き語りやってたんですけど、バンド組みたい組みたいってずっと言ってたら、友達でスタジオ入ろうってナオちゃんが誘ってくれて、それがきっかけでいいねいいねって言って、正式に今年の1月からThe nonnonっていう形で活動し始めました。

――じゃあ、もともとある程度の目的意識みたいな、ライヴハウス制したるぞ、みたいな。

西脇:それぞれ、多分あったと思うんですけど。

斉藤:最初はほんとに、遊びでスタジオに入る感じで。でも、やってるうちに結構自分でも好きだなあと思うようになってきて、もともとやってたバンドをちょっと休んだりして。The nonnonだったらいいなと思って。

――普段曲作りってどうやっているんですか。

西脇:基本、彼(斉藤)が作って、あと私もちょこっと作ってますけど。

――めずらしいですね。歌う方が作るっていうのが多いじゃないですか。

斉藤:そうですね(笑)。でも、自分が歌うのを意識して作るよりは、友美さんに歌ってもらおうと思って作るほうが、すごくいい曲が作れたりすることが多かったんで。それが良かったのかもしれないですね。全然苦じゃなかったです。

――サマーソニックも出られたんですね。千葉枠だそうですけれど。

西脇:幕張のにぎわいまちづくり委員会みたいなのに書類を出して。いつも使ってるスタジオにそれがあって、てっきり私たちは『出れんの!?サマソニ!?』の応募用紙だと思って普通に書いて出したんですけど、違う裏道ルートだったみたいで(笑)。うまいことつるりと。

――音源は作っているんですか。

西脇:シングル1曲入り100円を作っていて今売っていて、12月にアルバムを自分たちで制作して出します。自主企画が12月14日にあるので。彼が全部ミックスとかやって。

斉藤:録りも全部、宅録です。ドラムだけはスタジオのドラム借りましたけど、時間が限られてると焦って全然いいことできなくなっちゃうんで、家でやるほうが向いてるんです。

――じゃあ次の目標は何ですか。

西脇:彼が年内で抜けちゃうので、このふたりでThe nonnonになるので、目下の目標はベースを見つけることかな(笑)。彼は彼でまた別のバンドやるので、お互いにそれぞれで頑張っていけたらなっていう感じです。

アーティスト詳細ページへ

↑TOPへ戻る