RO69JACK 12/13 一次選考通過アーティスト

アイルロポダメラノレウカ

アイルロポダメラノレウカは絶滅危機です。

4人編成:
ミヤザキマドカ(ボーカルギター)、ミズノマドカ(ギター)、クワタナナ(ベース)、アキヤマタカシ(ドラム)
活動拠点:千葉県、東京都
プロフィール:
2009年5月結成

Ailuropoda Melanoleuca:ジャイアントパンダの学名。中国のごく限られた地域に生息。笹や竹を主食とする。
アイルロポダメラノレウカ:千葉県出身のバンド。新宿や下北沢中心に活動。ハッピーな空気を御葬式に変えるのが得意。
-聴き手と共有したいものなどありません。ただミサイルを投下する様な音楽をしています。

公式サイト:http://thedaxiongmao.yu-nagi.com/index.html

アイルロポダメラノレウカ からのメッセージ

余命宣告

10/30をもちましてアイルロポダメラノレウカは

その活動に期限を設ける事を宣言いたします。

アイルロポダメラノレウカの余命は

あと7年ということが分かりました。

それを決めたのはもちろん 私達自身です。


人の命の始まりは当事者の意志ではございません。

勝手に産まれて、気付いたら息をしていたのです。

ですから人の命の終わりも決して当事者の意志で下されてはならぬものだと理解しています。

しかしバンドの始まりは私達自身の意志で定められました。

ですからその終わりも私達が決定し

アイルロポダメラノレウカの息の根を止めるのは私達自身の手でありたいと願っています。


だらだらと成功するまで もしくは何かを勝ち取ったあとも

ただ何となくバンドをやる事

何となく始まり 何となくCDを出し ライブをし

それが何となく楽しかったり あるいは辛かったり

…それはそれで素敵な事だと思います。


私達にとって制限時間を定める事は

自分で自分の首を絞めるリスキーな事でもあります。

あと7年しか無い または あと7年は続けなければならない

そんな強迫観念のうちに20代を終えるのですから

心穏やかではないでしょう。


しかしそれ良いのです。

有限であるということを皆様にも敢えて認識していただく事で

私たちアイルロポダメラノレウカだけでなく あらゆるバンドが全て有限であること

この一度のライブをもう二度と見ることが出来ないという当たり前の事実を

肌で感じていただければ幸いです。


残された時間を大切に 愛を持って活動して参りたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


アイルロポダメラノレウカ ミヤザキマドカ

応援コメントの投稿は終了いたしました。