RO69JACK 10/11

094 音楽家あざらし
優しさと切なさを奏でるユニット
1 イチゴイチエ

イチゴイチエ

壁に打ち付けてるボールのように 
ひとりよがりになんて なっちゃいないよ
砂浜に打ち寄せる波のように
優しく寄り添ったりしたいんだ

Uh 一生に一度きりの想いを
Uh Ah この夏の終わりに言うとするよ

嗚呼、愛しき君の言葉は ひとり僕を弱くも強くもして
奪って欲しいんだよ 何もいらないんだよ
お願い これっきりにしないで

大輪に咲く向日葵のように
僕はもう逃げたりしないよ

体にしみ込んだ君の熱を
Uh このままそばで感じてたい

嗚呼、愛しき君の言葉に 僕だけの音色を織り込んで
歌って欲しいんだよ 他に何もいらない
君のトクベツになるから

君の居場所は僕がほら
どこにでも作ってあげられるから
ねぇ、だからこの夏の終わりに聞いてほしい

嗚呼、愛しき君の言葉と 共に僕の言葉重ねて
交わしていきましょう この次の夏も
僕が幸せにするから

お願い

これっきりにしないで

閉じる

○活動拠点:愛知、東京

○編成:2人
(ボーカル1名、アコースティックギター1名)

○プロフィール
2009年04月結成

「ふとした時に感じる切なさや優しさを音楽に乗せて表現しています。

幕張で僕らの空気に触れて頂きたいと思っています

RO69JACK 09/10 1次選考通過。」

○ホームページ
http://www.myspace.com/neguaza