ロッキング・オンが主催するバンド・アーティストのオーディション

RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18 予選通過アーティスト

茂木祐作

世界遺産の町で生まれ育った19歳

茂木祐作

♪Seadrome

歌詞を見る
Seadrome


二人は焼けた肌 寄せ合いながら
優しい波のメロディー 身体を預けて
夕暮れ 冷たい風に 夏の終わり悟っても
気づかないフリをして でもどこか寂しくて
はしゃぎ過ぎた僕らは 夏にとり残されて
戻れなくなってた

潮風に焦がした肩を 壊れそうなほど抱いて
他にはもう何もいらないと思った
「お願い、このままで 離れないでいて。」
君が呟いた

二人は焼けた肌 寄せ合いながら
南へ向かう船をただ見つめていた
夕暮れ 突然の雨 君は涙流して
滲んだ街の灯に 帰らぬ日を浮かべて
季節外れのウミネコと 捨てたカレンダーが
何か言おうとしている

プロフィール

活動拠点
東京都全国マップ
活動開始
2015年12月結成
メンバー
茂木祐作(ボーカル, ギター)
PR
1997年、群馬県富岡市に生まれる。3歳の頃より父親の影響で70年代~80年代のフォークソング・洋楽に興味を持ちおもちゃのピアノでオリジナル曲を作る。
その後、音楽と距離を置いていた時期もあるものの、中学生の頃に曲作りを再開。
高1でギターを手にして弾き語りを始める。高3のクリスマスに初の路上ライブを敢行し、本格的に活動スタート。

茂木祐作からのメッセージ

はじめまして

茂木(もてき )祐作です
聴いてくれてありがとうございます。
この曲は去年の9月に東京の海を見ながら作りました。

Seadrome= sea+syndrome

皆さんの心に響く曲を作るよう、頑張ります

ライブスケジュール

ライブスケジュールはまだありません。

このアーティストを含む聴けるまとめ(1件)

リスナーからの応援コメント(0件)

  • コメントはまだありません。

応援コメントの投稿は終了いたしました。

その他の予選通過アーティスト


▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。