ロッキング・オンが主催するバンド・アーティストのオーディション

RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18 予選通過アーティスト

So Sorry,Hobo

賞金で戦車を買い替えたいと思っています。

So Sorry,Hobo

♪ふたりはかいぶつ

歌詞を見る
ふたりはかいぶつ


二人はぼんやり最終電車に乗り遅れ
何かに追われる振りする遊びを始める
追うのはお化けかそれとも悪魔か殺し屋か
かいぶつだよと君は言う

黄色いスカート夜風にひらひら翻し
こいつはちょっぴり目立ちすぎるねと指差す
かいぶつたちには黄色が金貨に見えるから
さあ逃避行どこへ行く

知らない誰かの葬列を二人で眺めていた
昼間の君から漏れ出た言葉を想った
位牌を抱えて泣いている女を睨みつけ
「あれが私で、骨が君」

悲しい出来事全てを誰かのせいにして
忘れられるほど薄れていくのを待つのさ
それでも心は休まず日に日に年を取る
痛むことにも慣れていく

本当は僕らも一から十までわかってる
僕らはとっくに人の世界からはぐれた
それでも気付かぬ振りする弱さを許してね
少し隣の人たちよ

なんだか僕らはすっかりくたびれちまってさ
とっくに燃料切れした錆つく身体で
蛇足と呼ばれるすべての無意味を抱きしめる
僕も似たようなものだから

短い呼吸の間で僕らは見つめ合い
千年前から友かのように振る舞う
それでも今更言葉にするのは恥ずかしい
愛も知らずに頬は紅

僕らはまだ途中
僕らはまだ途中
僕らはまだ途中
僕らはまだまだ途中にいる

自分がかいぶつなのかもしれない気がしてさ
僕らはこれからどうなるだろうと呟く
『美女と野獣』ならそこそこ好きよと笑っている
君がかいぶつ そう気付く

祝福されない命があるなら
恐らく僕らがそうなのだ
それでも悲しくないのは
とっくに人ではないからなのだろうか
おっかなびっくり手を繋ぎ
人世の隅っこ歩き出す
かいぶつふたり かいぶつふたり

プロフィール

活動拠点
東京都全国マップ
活動開始
2011年12月結成
メンバー
梶原笙(ボーカル, ギター)、
岩井正義(ギター)、
生田聡平(ベース)、
足立蓮(ドラム)
PR
2011年末結成。2016年春から現編成。
ノスタルジック・パワー・フォーク団体。

「トーキングヘッズをバックにユーミンが歌っているようなバンド」を目指していたんですが、全然そうなってはくれませんでした。
他人は他人で、自分ではない。みなさんもこのことについて、僕たちと一緒に学んでいきませんか?

好きになってください。
公式サイト
http://sosorryhobo.tumblr.com/

So Sorry,Hoboからのメッセージ

メッセージはまだありません。

ライブスケジュール

ライブスケジュールはまだありません。

このアーティストを含む聴けるまとめ(0件)

聴けるまとめはまだありません。

リスナーからの応援コメント(2件)

  • そろそろ日の目を浴びてもらいたいです

    。(25歳)2017.10.10

  • 良いです。

    なかもち(0歳)2017.10.07

応援コメントの投稿は終了いたしました。

その他の予選通過アーティスト


▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。