W90h90 artist

RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN

ボーカルの声がいいバンド

個人的に好きな声を集めました

作成者:cauliflower (2015.10.08 02:46)

コハクノアカリ

♪fantasy

Artist

歌詞を見る Icon plus
君が頷いて幕を開けた物語
不確かな呪文は今も解けないまま

色あせた街並みも恋に落ちて頬を染める
その魔法にかけられて

ファンタジー 僕だけが知る君の本当の姿
触れたって消えることのない幻
深夜12時を過ぎてもドレスをまとった姿
夢見ることも忘れた夢のような時間の中


君が涙の雨降らせる日は
世界中に君の好きな花が咲きますように

祈る相手さえも忘れ僕は祈った
傘を差しながら見知らぬ誰かが笑った

ファンタジー それでも僕ら
信じるのは愛の姿
花の冠を片手に君が笑う
シンパシー 互いの心の奥へ深く深く
疑うことも忘れて二人の色滲んでゆく


ファンタジー 僕だけが知る君の本当の姿
触れたって消えることのない幻
何年時が過ぎても変わらない愛の姿
それはそれは美しく愛に満ちた物語

Life Core Factory

♪うさんぽ

Artist

歌詞を見る Icon plus
明日の天気はなんですか
それなら散歩に行こう
そんな冷えた君の心もきっと晴れ模様さ

僕はうさぎ目うさぎ科です
ウリはこのふわふわの毛です
だから冷えた君の心を
きっと暖めるから

長い道歩いて鍵かけた扉
すり減らした幼い瞳
また鍵をかけて作る秘密基地
早くて出ておいて

明日雨が降っても 強い風邪が吹いても
うさんぽしよう 辛いときはそばにいるよ

僕はこれくらいしかできることないから
ここにいるよ別に寂しいわけじゃないよ

君と歩いて日々を過ごし
同じ雨にも打たれよう
風邪が吹いて君の心も きっとすぐ乾くから

泥道歩いて歩幅縮まって
無くしたものはいくらですか
半分にすれば1/2 だよ
一緒に歩こうよ

晴れの日は笑って 雨の日はないて
うさんぽしよう 前を向けりゃそれでいいさ

仮面かぶって塞いだその中をなくさないで
たまにそれは外せればいい

さぁ行こうか準備はできたろ
大きく踏み出して

明日雨が降っても 強い風邪が吹いても
うさんぽしよう いい日だったと笑い合おう

僕はこれくらいしか できることないけど
ここにいるよ いつまでも待ち続けるよ
この場所で

arrival art

♪聞こえない。

Artist

歌詞を見る Icon plus
待って... もっとこの世界は
ずっと続いてくはずでしょ?
比率の傾いた想いは
僕だけで10になる
待ってたってこの世界で
ずっと一人きりなんでしょ?
あれほど交わした指切りは
寒空の下 空を切る

ほどけない思いを繋いで
崩れない愛だと信じて
泣いたり笑ったりしてたのは僕だけ?
届かない言葉投げ掛けて
どれだけ耳を澄ましたって
聞こえない。その声 遠くへ

雨は夜半に降りだして
激しさを増すばかり
それでも終わりがあること
今の僕にはよくわかる
光ってずっと大きく眩しい
未来があると思ってた
目が眩み現実や真実を
見失っていったのだろう

戻れない記憶彷徨って
「一人にしないで。」叫んだって
流した涙も呼ぶ声も雨に消え
届かない言葉投げ掛けて
どれだけ耳を澄ましたって
聞こえない。その声 遠くへ

君と居た世界が崩れていく崩れていく
君が居た世界が消えていく消えていく

ほどけない思いを繋いで
崩れない愛だと信じて
泣いたり笑ったりしてたのは僕だけ?
届かない言葉投げ掛けて
どれだけ耳を澄ましたって
聞こえない。その声 遠くへ

ラストラグル

♪始まりの唄

Artist

歌詞を見る Icon plus
始まりの歌

A
見飽きてた木漏れ日が
その日から切なくなるんだ

始まりは突然に
理不尽に引き裂いていった


B
堪えた涙が 映し出す
広がる幾つもの 未来へ

サビ
駆け出したんだ 見果てぬ先は
思ったより日差しが
暖かく照らしたりして

そううまくいかずとも
重ねた数だけ乗り越えて行く

つまづいてしまったら
帰っておいでよ
そうしたら君へ
何度だって背中を押すよ

戻りたい 戻れない
そんな事考えてても
過ぎていく秒針は待ってはくれない


サビ
間違っても立ち止まりはしない
強くなった自分が
側にいるって信じて

もう二度と帰れない
日々に少しだけ会えた気がした

あの日誓った事 思い出したら
今よりずっと 迷いはしないのだろう

C
真夜中の小さな橋の上に
吹き抜ける 始まりの歌


ラスサビ
駆け出したんだ 見果てぬ先は
思ったより日差しが
暖かく照らしたりして

そううまくいかずとも
重ねた数だけ乗り越えて行く

つまづいてしまったら
帰っておいでよ
そうしたら君へ
何度だって背中を押す
もう一度もう一度
踏み出すその場所が始まり

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録