W90h90 artist

RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

甘酸っぱさがたまらない! 青春を感じさせるストレートなバンド10組

真っ直ぐな言葉をイノセントなメロディに乗せて紡ぐ、ストレートなロックバンドを集めました。

作成者:mvage -ムベージ- (2017.04.30 13:19)

Rollo and Leaps

♪ミッドナイター

Artist

歌詞を見る Icon plus
終電を逃してしまう
この頃何か変だな

自意識の塊が 口を開けた
語る夢 その続き
離れてゆく どこまでも

人がいなくなってた
街を独り占めできた

深い夜
浅い夢
夜は続く

終わり行く
モラトリアム
夢を見てた 嘘をついた



誰かにすがっていた
神様なんか待っていた
ああこんな風になってしまった前に
夢を語る言葉が噓、いつわりない願いが
なんとかなるさ、何ともなってないのにな



神様を信じて
夜に祈って遊んでた

この日々が
作り出す
不安さえも

愛せるかい
モラトリアム
嘘をつくよ



簡単な
ことでしょう
間違えなきゃいいのに

情熱を抱えたまま
ここまできたんだ



時がせまってしまった
神様なんか待っている
僕らはいつか忘れてしまっていた

夜行性の太陽が
街を照らしていた
空から逃げた 僕らと同じようなもの


誰かにすがっていた
神様なんか待っていた
頃に戻ったってまた同じモンを選んで
痛みを持った日々に
繰り返す彼はついてゆく
間違えない人
神様は作れなかった

Francesca

♪Fuckin' ugly day

Artist

歌詞を見る Icon plus
It makes me feel lonely
It makes me feel so bad
It makes me feel so high
It's raining in the city


If I caught a amazing cold
Everyone maybe says whatever?
Frankly speaking
I really envy you


Today is fugly day
Fugly day
My heart is cloudy
Feels like shit today
Fugly day

The333s

♪ワールド・エンド・岐阜

Artist

歌詞を見る Icon plus
サイン いつだって分かってないのは僕の方さ
オーライ また君は 「外じゃ雨が降っている」っていうのさ

ファイン いつだって分かってくれない僕と世界のポイエーシス
オーライ それでいいんだって 何もないただの日々の輪郭を

せめて世界の終わりを
いつだって待ってる
僕らを乗せたまま鉄の機械は
岐阜へ向かう
岐阜へ向かっていくらしい

恐ろしい笑いを笑っただけの人
ひと夏の演劇ショー

今も世界の終わりを
夢に見ている
僕らを乗せたまま冬の気配は
岐阜へ向かう
岐阜へ向かっていくらしい  

sankanshion°

♪チューイングガム

Artist

歌詞を見る Icon plus
みんな みんな憂鬱と書かれたステッカーをおでこに貼り付けて歩いていく
出来るだけ目立たないようにする 何から隠れてるかは分からない

道に寝転がった猫は知らんぷりだ

味のなくなったガムをいつまでも 噛み続けてるようなそんな日々です
今すぐ吐き捨ててしまいたい でも出来ない自称・常識人

気付いたら靴の裏にガムが張り付いていた 誰だこんなところに

誰かを頼るのは苦手だ 頼って欲しいと願うくせに
生きることを何度諦めても 今もこうやってこの心臓は動くことを諦めてくれない

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうのなら
この僕にどれだけの意味がある それを証明したい
もう夜が明けそうだよ 降りやまない雨の音で目が覚める
いつか君に貰ったチューイングガム 朝が来るまで付き合ってチューイングガム

上ばかり見上げて歩いてたら 落ちてる石に躓いて転ぶんだ
擦り剥いて痛む膝小僧が お前は生きてると笑ってる

道に寝転がった猫に手を振る

僕らは生まれたその時から 息の仕方を知っていた
誰にも教わらなかった呼吸で 
今もこうやってここでこうして思い切り深呼吸するんだ

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうけれど
悲しいほどに生きてしまうこと 僕は肯定したい
ああ 俯いて初めて 今 一歩を踏み出すつま先が見える
もう味のしなくなったチューイングガム まだ吐き出せずにいるチューイングガム

大事なものぜんぶ 失くさないように歩いてきたんだけど
気付いたら手のひらは空っぽ 何にも残ってない
でも こんなに悲しいよ 悲しいと思う心がまだあったよ
味のなくなったガムにだって最初は 味があった筈なんだ

もうぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
もうぜんぶ ぜんぶ無くなってしまうのなら
この僕にどれだけの意味がある それを証明したい
もう夜が明けそうだよ 降りやまない雨の音で目が覚める
いつか君に貰ったチューイングガム まだ吐き出せずにいるチューイングガム

これ味が無いから もうひとつくれ


ハンブレッダーズ

♪スクールマジシャンガール

Artist

歌詞を見る Icon plus
歌にしちゃうくらい君が好き
塗り重ね続ける黒歴史
夜は明けるし雨は止むのに
青春は終わらない

君がいつも僕にかけるのは
目を合わせるだけの黒魔術
外科でも内科でもお手上げの
極めてありふれた病

マジシャンガール 君がはにかむたび
理由もなく涙が出そうになっちゃって
「さよなら」すら交わせないのに
メロディは溢れ出す


一言目で既に汗塗れ
何気ない仕草に二目ぼれ
丑三つ時まで反省会
明日こそ頑張る

君がいつも僕にかけるのは
名前を呼ぶだけの黒魔術
詠唱も印も魔法陣も
使わない究極奥義

アイスクリーム 頬張る姿が
たまらなく僕の胸を焦がすんだよ
JPEG画像じゃ見えない色
夏が過ぎてく音


マジシャンガール 恥ずかしいくらいに
君のことばっか考える毎日で
誕生日すら知らないのに
またもや思わせぶられて

マジシャンガール 君がはにかむたび
理由もなく涙が出そうになっちゃって
歌にすりゃ五分で済むのに
青春は終わらない

マジシャンガール
「さよなら」すら交わせないのに
妄想は加速する 愛情はとめどなく
メロディは溢れ出す

オッケーオールライト

♪お金がない

Artist

歌詞を見る Icon plus
お金がなくて困るね
今日も
夢ばかり見てたよ

グラスゴー行きの切符でさ
君とランデブーをするのさ

退屈ばっか殺してみても
生きている気がしない

斜にかまえているその内に
時は過ぎていくのさ

ああ
君のこと
好きだよ

けど少しだけ
歌わせてよ

不安で仕方ない
彼女
洗い物してる
痛くて狭くて不精な愛を
君にあげるよ
来年だって再来年だって
世迷い言ばかり
サイダー飲んで
げっぷしちゃって
なんか
かっこつかないなって

西日の差すこの部屋の
すべて
おぼえていたいよな

冴えない暮らしを波打たせて
さあ何が生まれるか?

ああ
君はまた
怒るけど

君のこと
歌わせてよ

不安で仕方ない
あなたのために歌うのさ

不安で仕方ない
僕ら
こわいものしらず

痛くて狭くて不精な愛が
僕らを救うかい?

来年だって再来年だって
こんなことばかり

サイダー飲んでげっぷしちゃって
笑う
とりとめのない
僕らのことを

ARSKN

♪HELLS

Artist

歌詞を見る Icon plus
健康になりたい でもなんか死にたい僕はもう 愛し愛されたい 分かり合うつもりはないけど
悪口はやめたい 君とは仲良くしたいから いっそもう殴りたい きっと捕まってしまうけど
健康になりたい でもなんか死にたいような日々 全部愛されたい 何一つ愛していないけど
もう何も言えない 誰にも嫌われたくないから いっそもう殴りたい きっと捕まってしまうけど
健康になりたい でもなんか死にたい 健康になりたい でもなんか死にたい 僕はもう

sesta

♪Forever

Artist

歌詞を見る Icon plus
いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから
大嫌いさえも味方にするくらいでいよう

なんだか今日は怒ってる
心の中を掘り返しても
心当たりが星の数くらいで
正解なんて見えやしないんだ
昨日は僕が寝落ちしたんだっけ?
そんなこと考えて今日も過ごすよ

大体全部わかってる
嫌なとこだってわかってる
だけど僕たちは互いに違うから
ちょっとくらいの妥協は要るんだ
怒った顔もたまには良いもんだ
なんて考えてる暇僕には無いみたいだ

「空気の様な〜」なんて
言えるほど僕ら素直に混ざりあえてはいないや
イラつく日もあって逆に息苦しい時もあるけど…だけど

いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから
大嫌いさえも味方にするくらいでいよう
言葉にするのは簡単で濁してしまうから
その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ

会いたくなる日ばかりでも
そんな事も言えなくてさ
過ごした時間が二人の想いを
遠ざけてしまう事もあるんだ
きっと君だってそう思ってんだ
って考えちゃうほど僕は君だけなんだ

少しの不安だって
隣で笑う君がぶっ飛ばしちまうくらいさ
それなら不満なんて
逆に心地良く包み込んでくれるんだ
だから

いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから
大嫌いさえも味方にするくらいでいよう
言葉にするのは簡単で濁してしまうから
その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ

おはようとかまたねとか
繰り返して過ごしてさ
いつか永遠にまたねとか考えたくもないけど
この瞳が君の瞳に偏に映り続くなら
君の全てを君の全てを

いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから
大嫌いさえも味方にするくらいでいよう
言葉にするのは簡単で濁してしまうから
その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ

いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから
大嫌いさえも味方にするくらいでいよう
言葉にするのは簡単で濁してしまうから
その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ

at 4:55

♪雨の駐車場

Artist

歌詞を見る Icon plus
雨の駐車場、1人歩いてた
何分が経ったっけってくらいに長く
通りの交差点、ただ見ていた
変わるライトの色の先を

誰も通らない、夜の駐車場
何年が経ったっけってくらいに長く
街の窓には明かりが灯って
1人の僕の涙を照らす

車に乗っかって遠くへ行っちゃって
決まった時間に帰る君を待ってた

雨が降って僕らは離れ離れになって
流れ出した涙は少し経つと枯れたんだ

何にも聞こえないんでしょう
何にも言えないんでしょう
言葉はいつもその先に
遠くなってった君に歌うの

雨が降って僕らは
離れ離れになって
白く吐いた言葉は
少し経つと消えたんだ

風が吹いたらいいのにな
僕もいつか君と同じ
綺麗な街に行けるかな

離れてもないのに
作ったこの歌も
いつかはあなたの
前で歌えるのかな

離れてもないのに
作ったこの歌を
あの日のあなたは
好きだと言ってた

雨が降って本当に
離れ離れになるなんて
嘘でもこんな歌詞も
作らなければよかったな

こんな事も今夜で
最後になりますね
これからは友達で

さよならです

マチカドラマ(ハッピーエンドより5/1改名)

♪恋

Artist

歌詞を見る Icon plus
いらないモノだけ片付けたら そこから何が見える?

理由を探した明け方過ぎ 冷たい風がただ頬を撫でた
ごめんを繰り返す僕に 君は"いいよ"って、痛くて優しかった

傷つけて傷つけられて 離されて離したくなくて
いつだって遠くなってた

会いたいが絡まって 会えないに変わってく
溢れた想いも声にならなくて
泣いたって笑ったって 曖昧に隠してしまう
そこから何が見える?

咲いて散って砕けて 最低なんて言われて
昨日なんて無かったように
いいなって少しくらいは 言ってほしいなんて思う
それだけなんだ

会いたいが絡まって 会えないに変わってく
溢れた想いも声にならなくて
泣いたって笑ったって 曖昧に隠してしまう
それでも君は

会いたいが重なって 一つは二人 変わってく
当たり前じゃないほどすぐそこで
会いたいが繋がって 伝えるって意味を知った
今度は声にするよ

瞬き 忘れるほど綺麗で 目を反らせないほど 恋しくなった
あの日のあの時 同じように 今でも手を振ってた
そこから何が見える?

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録