W90h90 artist

RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

ライヴに行くぜ✨

ウタリ

♪サヨナラの決意

Artist

今年こそは、ひたち海浜公園に行きたい!

歌詞を見る Icon plus
幸せな未来は広がって傷んだ
きみに会えてその瞳の魔法にかかって
空まで届くほどこの手を伸ばした
ぼくの夢がきみのそれも照らし出すように

きみと2人だけそんな世界を期待してたんだ
けどそれも叶わないの
どうして

きみのその大きな手に触れたの
海の底 溶け出した 夢の続きのメモリー
ぼくの両の手はまだ空っぽなのに
ひとりぼっちのままねぇ
きみはどこに行くの

きみをブラックアウトして
目がくらむようなんだ
忘れちゃいそうなそれでも
フラッシュバックしちゃいそうな
不思議な感じ
いつかきみに触れる夢を見たの
満身創痍のこの脳裏に焼き付いてるの

きみのその瞳に映る世界
その片隅にすらぼくはもう
いないから

きみの合図でさ、サヨナラするよ
負けるため一歩を

今 未来 踏み出す
きみとは交わらない世界へ
サヨナラ
ありがとう

HelloMusic

♪ホットミルク

Artist

大きな舞台で、真価出てくる。バンドです。スーパーマンなるってライブ言ってました。みんな応援よろしく。

歌詞を見る Icon plus
優しい声が途切れた時は
何回だって歌うよ
いつか同じように
君に出会うために

心無い言葉が追いかけてくる
耳をふさいだ
僕はまだ大人になりきれてないよ
目を閉じたら

ねぇ 宙に浮かべた星を
届けたいよ

優しい声が途切れた時は
何回だって歌うよ
いつだってここにいるよ
まだ見ぬ君のため

履き慣れてない靴で
なんども転んで
少しわかったんだ
僕には君が必要だってこと

優しい声が途切れないように
何回だって歌うよ
いつだってここにいるよ
まだ見ぬ君のため

優しい声が途切れた時は
何回だって叫ぶよ
いつか同じように
君に出会うために
君のことを歌うんだよ

宇宙団

♪恋は宇宙

Artist

違いがわかる人必見。茨城に来てほしいい!

歌詞を見る Icon plus
一瞬の言葉遊び それだけで惚れることもある
相槌のタイミング それから始まることもある

スーパースペシャルな夜に ずっきゅーーんと音がした
恋に落ちる音がした シルバーの雪も降ってきた
赤青黄色の街の真ん中で ふたりは手をとり・・・

踊ってた 買ったコートを羽織ってブギウギ&ブギウギ
星に混ざるミラーボールに照らされ ふたりはブギウギ&ブギウギ
踊ってた 描いた夢になぞってブギウギ&ブギウギ
ロケットにダイヤモンドを積んで 突破しちゃってブギウギ&ブギウギ

ずっと踊っていたい 踊っていたい 踊っていたいのさ

手を振って家に帰り 何から何まで思い出す
どうしていただろう どうなっていただろう

どっかーん!と爆発 頭の中はブギウギ&ブギウギ
飛び散る火花とシャボン降りかかる ふたりは構わずブギウギ&ブギウギ
歌ってた こんな素敵な夜にブギウギ&ブギウギ
今夜だけはたったここだけが世界よ、宇宙よ!

朝起きる 夜眠るときに 思い出してしまうなら
夢にまで見てしまうなら
いま 行け 行け!!!

ふたり
踊ってた 描いた夢になぞってブギウギ&ブギウギ
ロケットにダイヤモンドを積んで 遠くへ飛ばしたら
どっかーん!と爆発 散らばれ私のロマンス
今夜だけはたったここだけが世界よ、宇宙よ!

ずっと踊っていたい 踊っていたい 踊っていたいのさ

カホリ

♪フラワー・パウダー・ロックンロール

Artist

5月7日主催ライブです。チケット持ってる。行く!

歌詞を見る Icon plus
スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!
\スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!/

スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!
\スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!/

毎年2月末になると ニュースで流れるあの映像
今年もあいつがやって来た 辛い季節がやって来た
黄色い粉末舞散って 今年もお盛ん杉の木さん
僕らの鼻を壊さないと 子孫繁栄できないの

鼻がムズムズ 目がショボショボ
眼球取り出し 今すぐ洗いたい
一日中頭がぼーっとしちゃって
ああ 何にも集中できないよ

ファッキン花粉 ファッキン花粉
鼻かみすぎて赤くなるぞ 鼻セ●ブにも無理がある
ファッキン花粉 ファッキン花粉
アレ●ラなんかは 効かないぞ

ずっと風邪だと思ってた おまえと把握するまでは
おまえの存在認めたときから 僕のくしゃみは鳴り止まない!
マスクしたって メガネしたって
しつこく粘膜ひっついて 離れない
憎たらしいこの粉末にさえも 負けを認めなきゃいけないのか

ファッキン花粉 ファッキン花粉
薬を飲めば眠くなるぞ だけど飲まなきゃ辛くなるぞ
ファッキン花粉 ファッキン花粉
マジでどうにかなんないの やり場の無い怒り

僕の気持ちなんて きっと分からないんだろう
辛さをわかち合いたいんだよ
「可哀想だね」って 余計なお世話だよ
同情するなら杉を切れーっ!

ファッキン花粉 ファッキン花粉
鼻かみすぎて赤くなるぞ 鼻セ●ブにも無理がある
ファッキン花粉 ファッキン花粉
薬を飲めば眠くなるだけだしアレ●オンさえも効かないぞ

グッバイ花粉 グッバイ花粉
おまえの時代は終わった おまえの季節は終わった
グッバイ花粉 グッバイ花粉
もうティッシュも目薬もいらないぞ

グッバイ花粉… グッバイ花粉…

フラワー・パウダー・ロックンロール!

1!2!
スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!
\スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!/

スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!
\スギ! ヒノキ! ブタクサ! ヨモギ!/

kulama

♪サイレントコール

Artist

りのちゃん大好きだよ。

歌詞を見る Icon plus

朝を待つ瞳は薄暗い街灯映して闇に佇むだけ
ビル風が交わう通りすがる喧噪潜んだ不安を抱いた目を

足を止めた夜の交差点に
赤く光るたびに胸を撫で下ろした

浮いて離れた自分の影に 僕はここで生きているの
近づく人の影さえも 気付かない暗さ遠のく足音

時に紛れてこの色を塗り替え
霞み消えるこの身を見つけ出して

拭えない自分の弱さ幼さわかってる
重なるその面影がいつも行く手を阻む
何一つ得られない無慈悲無力
見えない味方に密かに縋るだけなのに

a lie where truth was gone?
you know needless to here
何もない世界本当はそうじゃない知っていた
ただ一つ望むならここから出して叫ぼうなんて

照らし合わせた影の先に 僕もここで生きていくと
聞こえた足音 影を辿り
気づく世界の明るさ兆して

時に紛れてこの色を塗り替え
霞み消えるこの身で歩き出して

ザ ドーベルマンション

♪Jumping!Jumping!

Artist

タオルとラババンとCD持ってる。気軽に投票しよう!

歌詞を見る Icon plus
Jumping! Jumping!フル回転 真夜中の大冒険
ひとしずくの汗が今星になる

最高です気分は メラメラ燃えてます
たまには背伸びもいいでしょう?

憂鬱な気持ちも飛んでっちゃうような
夜風が吹いたらさあ踊れ!

Jumping! Jumping!フル回転 真夜中の大冒険
ひとしずくの汗が今星になる
限界なんか超えちゃって 本能呼び覚ませ
この夜はキミのもの

天才も凡人も ハートはレボリューション
耐えてるばかりじゃ哀しいね

救いの言葉を探してるなら
同じリズムでさあ歌え!

Jumping! Jumping!フル回転 真夜中の大冒険
心躍る音楽がここにある
百戦錬磨いつだって 楽しんだもん勝ちだ!
この夜はボクのもの

Jumping! Jumping!フル回転 真夜中の大冒険
ひとしずくの汗が今星になる
限界なんか超えちゃって 本能呼び覚ませ
この夜は終わらない

titilulu

♪Scream

Artist

世界観のあるバンド。ライブ楽しいい。

歌詞を見る Icon plus
every body scream...
wonder horror show
ここからはじまる
Iam Iam jack o lantern

やあやあいらっしゃいな
さあ笑いな 踊りな
君の住む世界は
窮屈 退屈そうだ

真っ暗なふるい屋敷
999人の仲間たちが
君をずっと待っていた

You’re our 1000th guest! and mate!

every body scream...
wonder horror show
ここから始まる 新しい世界
every body scream...
戻れはしないさ
Iam Iam jack o lantern

ルールなんて存在しない
とらわれるものなんて何もない
好きなように そう 音を奏でよう

真っ暗なダンスフロアに
もう目は慣れてきた?
気がすむまで踊り狂えよ

every body scream...
wonder horror show
今更帰れない 抜け出せない
every body scream...
戻れはしないさ
Iam Iam jack o lantern

鳩とスパイス

♪あの日話した夢の続き

Artist

間合いが最高!

歌詞を見る Icon plus
僕が好きだったバンドを教えた
君はそれを気に入ってくれた
いつかこのバンドと同じステージに立ちたい
そんな夢を笑って聞いてくれた

バンドとバイトに明け暮れる日々
いつしか会う回数も減ってたね
見えている優しさに甘えすぎていたんだね
見えない涙に気付けなかったね

君は夜に眠る生活  僕は昼に眠る生活
すれ違っていたんだね、遠ざかっていたんだね
今、すべてが、崩れてく

あの日話した夢の続きは
もう二人一緒に見れないね
あの日描いた夢のその向こうまで
バイバイ、バイバイ、またね

結局僕の音楽は君の一番になれないんだ
一番になる誰かの音楽がこれからの君を守るんだ
なんで僕じゃダメなんだ、なんで僕じゃダメなんだ
結局僕の音楽は君の一番になれないんだ

あの日話した夢の続きは
もう二人一緒に見れないね
あの日描いた夢のその向こうまで
バイバイ、バイバイ、またね

あの日話した夢の続きは
もう二人一緒に見れないね
あの日描いた夢のその向こうまで
バイバイ、バイバイ、またね

バイバイ、僕はいくね
夢の先で待ってるね

PINCH COX

♪NOISY

Artist

最近、聴いてないから。CD持ってるよ。

歌詞を見る Icon plus
いつまでだってIt’s too noisy

どんな時も誰に対しても優しい人がいた
十全十美とまで言わないが眩しい人だった
そんな人がふいにこぼした弱気な一言が
心を突き刺すトゲを溶かしてくれた

なのにいつまでだってIt’s too noisy
雑音が溢れてる
遠く響く声に 意味をまだ探してる

いつも自分自身に厳しい人がいた
無口で会話もなく近寄りづらい人だった
そんな人がふいに見せた一瞬の優しさが
いまだに僕の世界で生き続けてる

だから大嫌いなんて言ってないで
そんなときはあやまろう
「隠れた優しさ」そんな人に惹かれてく

太陽系に吸い込まれて
流星が流れてく
一寸先は闇だって そんなことは気にもせず
なのにいつまでだってIt’s too noisy
雑音が溢れてる
遠く響く声に 意味をまだ探してる

いつまでだってIt’s too noisy

5PEACE

♪ヒカリへ

Artist

ようやく見れました。

歌詞を見る Icon plus

もう一回と訊ね恐れ
金輪際と定めそして
それに似た光景それもまた滑稽

迫り来る夜に怯えていたあの頃
終わりを知ったその瞬間から


秒速約30万kmで迫る「ソレ」に僕はなれないよ
それを求めて失って去って
一歩下がってしゃがんだって掴めなかった

ただ笑った ただ笑った
ただ泣いた あの日を笑った

約何年経ってもあの日の事は忘れられなくて
ただこの身を突き刺すような冷たさの雫が

頬に伝わった あの景色が僕を強くさせた

それから何年間歌ってきても解りはしないな
ましてや後何年歌ってられるかって解りもしないな

恐怖は付きまとって「日々は闘い」そう想って生きている

手を伸ばしても掴めなかったもの
目を凝らしても見えなかった「モノ」があった

くすんで見えてしまった世界(ケシキ)を
一瞬で晴らしてしまうような

変わり行くモノを認められる強さを

ただ見据える先のヒカリを

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録