• 優勝アーティスト決定!COUNTDOWN JAPAN 17/18 出演情報も発表中!→RO JACKはこちら
W90h90 artist

RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL

個人的オススメ パート1

全部聴いて個人的なオススメバンドを紹介します。

作成者:ばにら (2016.05.09 23:21)

Auer Last Night Walker

♪We Last 4ever

Artist

歌詞を見る Icon plus
いつだって
この夢に
辿り付かなくちゃって
そういつだって
あの空の様な
イメージをなぞるだけの僕は

辿り着く未来があって
届かない君とこの先で

ずっと側にいて
この手離さないでね
気付いて私の想いを
いつだってここにいて
側で笑っていてね
私の小さな小さな願いを

I feel myself
気付く事が
僕らの力になるんだ
I think my life.
少しずつでいいんだ
歩み出して行こう

いつだって君とこのまま
届かない君とこの先へ
未来へ

ずっと側にいて
この手離さないでね
気付いて私の想いを
いつだってここにいて
側で笑っていてね
私の小さな小さな願いを

if i ain't got you
i wanna never change
if i give my hert to you

この手に掴んだ見えない未来を

ずっと側にいて
この手離さないでね
気付いて私の想いを
いつだってここにいて
側で笑っていてね
私の小さな小さな願いを

アウロラシティ写真館

♪モノクローム

Artist

歌詞を見る Icon plus
孤独に咲いた 花のように
僕たちだけ 世界の中まで
モノクロの世界 差す光もない
僕たちの目は 未来を見てるのに

僕は君のことを 今まで探していたのに
泣いてた 一人きりで
世界の中で気付いた

僕が歌う感情と君が見てた想像に
そうやって こうやって
そういった過去は戻らない
いつか消えた正当性
僕が掴む錯覚は僕が君にあげた、ものだよ

白黒画面 映る姿
幻だけ掴んだ気がした
忘れたのに思い出した
あのころはまだ君だけ好きなのに

彩る 世界の声
聞こえた 君の言葉を
沈んだ 彷徨うだけ
重なる 僕は失くした

君が好きと知っていて 嫌いな気持ち吐き捨て
いつだって何も 分かってるけど届かない
壊すくらい抱きしめ僕がついた嘘は
君がふいに、落とすものだけ

僕が触れた指に 見えない君をなぞるよ
存在の在処でさえ 隠した君は笑った

君が好きと知っていて 嫌いな気持ち吐き捨て
いつだって何も 分かってるけど届かない
殺すくらい好きだった 戻らないと分かった
モノクロだけ、此処に残った

赤い月

♪Vertigo

Artist

歌詞を見る Icon plus
瞼の裏の執着心がめまいを起こし
判断基準 崩壊寸前
理解は要らない
閉じた目を開けてみても
この目は死力も衰えてる
下手な笑顔作っている間に

ああいえばこうで難問不正解
道連れの迷路なら
携わるもの皆々 後ろに乗って下さい

何度凝らしても何も見えない
最前で決めるの

あたしは誰の手のひらで
踊らされる事もなく
望みある知るべき世界へ
虚しさを知るとしても

瞼の裏の執着心が
プライバシーの侵害を
敏感に避けてく
お前が言ってる『みんな』の中に
含まれたくないな
下手な笑顔 下手だね

閉じた目を開けて
その目が威力を恐れて
下手な笑顔作って怯えてる間に

あたしは誰の手のひらで
踊らされる事もなく
今ただ知るべき世界へ
満たされず衰えても
閉じた目を開けて
迷路の中で 手のひらで
虚しさを知るとしても
虚しさを知るとしても

麻針。

♪富と名声のマスカレード

Artist

asayake no ato

♪渚の光芒

Artist

歌詞を見る Icon plus
夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で走り出す

夜のもとに朝が嫁ぐ 鼻を擦り付けて
傷付け合い与え合う 陽だまりの中

おはようとさよならと出会い
遠く懐かしい口笛はこの胸に

夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で
走り出す春の風になり別れの悲しみを拭い去る

褪せていくセピア色 じっと睨んでいる
裸足の指が悲鳴を上げる 夕凪の影

これからは離れ離れの歳月を
幸せが何か知る由もなく追いかける

心の切れはしにも明日は隠れている
見つめているのが幻かどうか
行ってみなければ分からない

夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で
走り出す春の風になり別れの悲しみを拭い去る
それだけでは幸せにはなれないけれど
恐れずに 忘れずに

Attack Come Backer

♪君色

Artist

歌詞を見る Icon plus
あの頃手にしたのは
僅かな灯火だった
消えないように
君を照らし続けた

たとえ道が険しくても
大丈夫って思えた
理由なんかない
僕らは今を生きてる

駆け抜けた日々も今は思い出に変わり続ける
つながってるんだどこにいても
この広い世界の中で君が君であることが
一番大事なこと 僕らの約束だから

指切り交わした日を
今でも覚えてるんだ
その瞬間が
君の”夢の記念日”

時に迷ってしまうことも
悩んで泣いてしまうことも
あるけど それが
君を強くするから

流れ星のように速く掴み損ねそうな夢でも
目をそらさないで君ならできる
その地図をなぞった先に何があるかなんて
誰も知らないから探すんだ
僕らの約束だから

駆け抜けた日々も今は思い出に変わり続ける
つながってるんだどこにいても
この広い世界の中で君が君であることが
一番大事なこと 僕らの約束だから

アノアタリ

♪ハコモノビジョン

Artist

歌詞を見る Icon plus
「本日は晴天です、穏やかな陽気、、」
親切・丁寧なコメントを左右にスルーして
なんでつけたんだっけ?外には出ないのに
もう内容ないのご注意だわ

期待してるの?敵対したいの?
日曜日の合図で抜け出して

このまま再生・逆再生のスタイル貫いて
揃ったら回っちゃおうかな だなんて
次回予告でもないのに
山積み問題に埋もれちゃってもう嫌って
愚図ってもトライは何度目かな 悪いね
引き返すのかよ 1234でも押せないの


流行は再度加熱 饒舌2Dお嬢さん方
サスペンスは迷宮入りかもね

見直してるの? 組直したいの?
いつの間にか合図を見逃して

このまま再生・逆再生のスタイル貫いて
「散々」って笑っちゃおうかなって泣いて
次回予告の時間だよ
山積み問題に埋もれちゃって最初で最後の
チャンスもタイトルもロスト 参るなぁ
引き返すのかよ 1234で戻れないもん


オン/オフ 唸る周波数だけ
見切って見限って また彷徨って歩いて
お呼びじゃないのよ


まだまだ再生・逆再生のスタイル貫いて
「散々」って笑っちゃおうかなって言うな
次回最終回をご覧よ
山積み問題に埋もれちゃって「最後」って笑うの
結局はあの人かな ごめんね
引き返すも手段か 1234でお選びなさい

Althea

♪三角形

Artist

歌詞を見る Icon plus
曖昧な愛で 愛していた
人間って そういうものでしょう

ほら こうやって こうやって
愛を 確かめて 確かめて

三角形で生きる僕を 拙い僕を許してよ
三角形で生きる夜は 「必ず」なんて気持ちも無い

くるくる 回る思考回路 三角形は壊れなくて
ガラリと変わるあなたの色
三角形はまだ続いて

三角形で生きる僕を 拙い僕を許してよ
三角形で生きる夜は どうだっていいよ あなたのことなんて

三角形で生きる僕は 要らないあなたを殺したよ
直線になった 今日の夜は 「あなた」と2人で過ごしたい

あんどりいらんど。

♪ライダー

Artist

歌詞を見る Icon plus


きみが生まれて何日だ
夢の見方は覚えた?

この世界はどんなんだ
どんな夢見た教えて?

きみ笑う顔見たいんだ
明日世界は滅びる?

きみの声が聞きたいんだ
だからとにかく歌おう

歌えライダー

踊れライダー

走れライダー

笑えライダー

イトカムトビコ

♪9秒間の浮遊

Artist

歌詞を見る Icon plus
離して 奪って どこへ隠したの 僕の欠片
刺さった 針は 抜けない 
溢れ出す血はきっと 止まらない

伸ばした 見えた 気がした 光は
それは 幻 幻 それは それは

今だけなら許されないかな こんな僕が僕のままで
君の目に映り込むこと 許されないかな

幻 それは全部 逆さまな世界で咲いた花が
空っぽな 地平線で ほんの少し揺れた それだけ

幻 それは全部 逆さまな世界で咲いた花が
空っぽな 地平線で ほんの少し揺れた
それだけ それだけ
瞬きしたらきっともう さよなら さよなら

イミシン?

♪サマーサイダー!!!!

Artist

歌詞を見る Icon plus
サマーサイダー…
打ち付ける雨

深呼吸の間に刻み付けとこう 君とヴィヨンのフレーズ
人に言えない事 光で溺れそう

錆びついた歯止めと とっくに触れちゃっている本音と
へし折ったこの手を以って 絶望の証明をしよう
ほらまた目覚めたぜ 風がなぞった軌道に沿って
ぬるい使命を背負って

変われない今日を泳いでる みっともないくらいに君を見てた
伝わらないように歌えれば 夕立ちに耳澄ましていよう
さよならを云う代わりにほら 下らない答え導いてた
ありったけをねえ照らしてよ 叶ってしまう前に

サマーサイダー…
今になって 嫌になるほど遡っている熱帯夜
サマーサイダー…
七色のまま

しゃがみ込み太陽を睨んだ 真実になれる気がしたんだ
溢れ出した逆説はまともで居られる為のストラテジーだった
聖なる一秒 それは誰との一致不一致も 侵せない筈なんだよ
で背中押してくれたんだろ?

止まれない今日を泳いでる 認めてしまうとやってられない
理由なら君に他ならない ヒグラシが拐かした夢
さよならを云う代わりにほら 下らない答え導いてた
ありったけをねえ照らしてよ 叶ってしまう前に

サマーサイダー 我儘だった?
歯車系の 日々で良かった
夏のせいだ 喚き散らすのはダメな大人の道理
サマーサイダー 泡となった
凡は微か 溢れていった
希望の崖は崩れ落ちた 卒時ですが暇乞い

サマーサイダー…
雨音
サマーサイダー…
遠くなる
サマーサイダー…
それでも
サマーサイダー…
七色のまま

うぃっち

♪雛鳥

Artist

歌詞を見る Icon plus
らららら るるるる ややや ほほほほほ
funnyなあなたは卵の中にて
小さなそこから出て来ないつもり?
毎日へらへら笑えてはいない

「もう頑張る方法が分からない」
あなたは泣いてそう言いました
そのまま熱くなって固まるの?
息をするのは自分自身なのさ

あなたは飛べるの誰よりも高く
BigでSuperな羽があるから
あなたは空から見下ろして言うの
「辛かった時期も清々しく思えるの」

ずるずる ぼろぼろ はああ ほろろろろ
まだまだあなたは卵の中にて

「もう辞めれる方法を教えてよ」
あなたは泣いてそう言いました
そのまま軟らかく流れるの?
悔やむのは自分自身なのにさ

あなたは飛べるの誰よりも高く
BigでSuperな羽があるから
あなたは空から見下ろして言うの
「昔の自分のおかげで今の私だ」

こちらに表示されていたアーティストは非公開になりました。

エスクレッソン

♪線光花火

Artist

歌詞を見る Icon plus
水たまりに映る虹を全部拾って 君にプレゼントしたいだけさ
朝、怖くて立ち上がれない君に
そう それは優しく手を差しのばすように

水しぶきが飛ぶ空に戻りたいってこと
本当はわかっていたんでしょう?

透明な声に 風鈴なんか鳴っちゃって
無口できれいに笑ってみたりして
火をつける瞬間だけ本当に寂しい顔するから見てられないよ

少し伸びた髪を 強く結んだら
また前だけを見て 歩きだせるかな

本当はただ 傍にいてほしいだけなんだ
無口できれいに笑う君は

生ぬるい風の中 太陽の下
空に手を伸ばす

été

♪スタート

Artist

歌詞を見る Icon plus
君の手を放して進む 言わなかった言葉は胸に

「この先の永遠」だなんて 君は言って 目を瞑った 空を仰げば
曖昧な群青眩んで 僕は知った 見えない世界の色

届かないものばかり見えるのは その身体の重さに気付いてないからで
夢のような時間は過ぎ去って あの日僕らが遠ざけた「外」の世界に僕は もう一度触れてみたいと思った

君の目が涙に揺れて 崩れそうな夜でも 振り向かないように
僕たちが朝になる頃 この寂しさはきっと 消えないだろう それでもいいよ 君が笑った あの日に手を振る

夕方のバス停の隅で
ありもしない孤独に震えて
届かない日々のことばかり 考えてた

君のことを忘れるわけではないけど
このまま手を繋いでいたら僕らはきっとどこへも行けないままだ
あつい日々も、冷たい廊下も、君の笑顔も全て胸にしまって
それでも僕は その先にあるものを 見たいと思う

朝焼けが涙で滲む 知らなかった世界はあまりに綺麗で
君の手を放して進む この寂しさはきっと 消えないだろう それでもいいよ 君が笑ったあの日に

Emu sickS

♪サーチライト

Artist

歌詞を見る Icon plus
サーチライト 照らすその灯
サーチライト 見つかれば終わり
サーチライト 夜の監獄を
サーチライト 命懸けで逃げる

終わってしまう、このままでは変わらないよ
ケリー
あなたならどうしてしまうの
閉ざしてしまう、この中は狭すぎるよ
ケリー
あなたに答えを見せるよ

サーチライト 照らすその灯
サーチライト 見つかれば終わり
サーチライト 夜の監獄で
サーチライト 命懸けで逃げる

Broken Alarm それは麻痺
Broken Alarm 今まさに
Broken Alarm 追いつけない
Broken Alarm スピードで行く

終わってしまう、このままでは変わらないよ
ケリー
あなたならどうしてしまうの
閉ざしてしまう、この中は狭すぎるよ
ケリー
あなたに答えを見せるよ

EmpTeaCup

♪月の夜と砂漠

Artist

歌詞を見る Icon plus
この先見えない どこまで歩けばいいの 正解を教えて
誰かに尋ねた道は目的地まで 僕を運ばなかった

時が過ぎて 振り返ってみると
僕だけの足跡が

遠くを知りたくて 
未来が変わっても
あの日を見せたくて 
言葉を紡いでいたんだって

月の見えない夜はそのままでいいよって言ってくれてる気がした
街の明かりが汚れたところを全部見透かしているようだ

まだ知らないことを恐れても
変わることはなくて

望んだ道へは容易に行けない
どうしたいなんて一番僕がわかっている

君がどんな場所へ進もうとも構わない
明日へこの意思と向かうだけ

遠くへ行きたくて
未来が変わっても
あの日を見せたくて
言葉を紡いでいくんだって

歩みを進め 
私はこのまま
時を重ねて生きていくから
ひとつひとつ

ORDER RECORDS

♪夏の夜と

Artist

歌詞を見る Icon plus
心地良い風が吹く夜に
あなたと手を繋いで歩いた
他愛も無い話をしながら夏の夜に紛れた

どこか遠くへあなたが行ってしまう前に
気がついた気持ちを心にしまった

夏の終わりにあなたは「またね」と
悲しそうに振り返る
もう会う事は無いんだと
言い聞かせて少し笑った
微かに感じる秋の匂いが私の胸を締付ける

眩しい月明かりの下で
私は一人あなたを待っていた
他愛も無い話をしたくて秋の始まりに泣いた

過ぎてしまったあの夏の日々を想う
あなたを待つ事は、もう終わりにしよう

夏の終わりに私は「さよなら」と
声にならない声で告げた
もう会う事は無いんだと
言い聞かせて少し泣いた
微かに残るあなたの温もり
私の胸を締付ける

追いかける光の先にあなたを見つけたいのに
傷跡と共に歩き続ける

夏の終わりに私は今でも
あなたを思い出してしまうの
もう二度と会う事など無い
微かに感じる秋の匂いに
あなたの先の光を見つける

心地良い風が吹く夜に
あなたと手を繋いで歩いた
他愛も無い話をしながら
夏の夜に二人で紛れていた

おいしくるメロンパン

♪色水

Artist

歌詞を見る Icon plus
色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

くるくると回る風車を 君は弄んで
下駄のかかと鳴らしながら
「またね」って笑ったんだ

夏の終わりは通り雨の香り
「喉が渇いたよ」

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

生ぬるい風が吹いて 夏は僕を笑った
茜色に溶けだした空は 僕を見ていた

飛行機雲が淡く線を引く
いつか忘れてしまうのかな

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

写真に写る君の手の中で
風車は回り続けるのに
君が僕にくれたブルーハワイは
今、溶け始めたんだ。

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

硝子越しの暴走

♪uica

Artist

歌詞を見る Icon plus
またそう言い訳がましいような言葉で
彼女のことも切り捨てていくんだろうな
起きたこともない奇跡を夢見てるんだ
追いかけてるんだ


何てこともないような事が
君と僕の距離を研ぎ澄ましていく
季節が変わるその前に
どうかお願い見つけさせて

次の手札を考えてる間に
夜はまた朝に変わっていくんだろうな
君が頷いてくれりゃそれで良かった
認めて欲しい

何てこともないような事が
君と僕の距離を研ぎ澄ましていく
移り変わりのその中で
どうかお願い



声が出るなら叫ばなくちゃ
センキューじゃあねグッバイじゃ逃げらんないよ
瞼の裏の期待にまた光を差して

目を醒ませ


何てこともないような日々が
君と僕の心研ぎ澄ましていく
奇跡が起こるその頃に
どうか君も僕もここに居ませんように

xenonlight

♪ever blue

Artist

歌詞を見る Icon plus

まるで絵みたいな海岸線で
白い息吐いて朝陽を待つ
何気ない日が水平線に
沈まないように もがいている

窓ガラスを叩いた
波風と君の声

今 連れ去ってほしいよ
朝が来る前に 君の隣まで
まだ見てみたいモノばかり
地図を広げては 一人指でなぞるだけ

静まり返った3番線が
二人だけの待ち合わせ場所

窓ガラスの向こう側
遠くなる 君の声

このまま駆け出してしまいたい
朝が来る度に 君の隣まで
まだまだ触れてたいモノばかり
過去を広げても 現在を狭くするだけ

窓ガラスの向こう側
波風と君の声

今連れて出してほしいよ
朝が来る前に君の隣まで
まだ伝えたいことがある
地図を破り捨て朝を迎えに行く

gugaguga

♪ポップパワー

Artist

歌詞を見る Icon plus
嗚呼誰のせいなのかな
僕のせいなのかな
それはわからないよ

曖昧な言葉でほらまた
傷つけてる 気付かずに
ねえそれってさ、誰のせいなのかな
わからないの? 知らないよ

きっと僕もそうだね

嗚呼誰のせいなのかな
僕のせいなのかな
それはわからないよ
君のせいなのかな
それもわからないの?
それもわからないよ

きっと君もそうだね

嗚呼誰のせいなのかな
僕のせいなのかな
それはわからないよ
君のせいなのかな
それもわからないの?
それもわからないよ

誰のせいなのかな

僕のせいなんだろ
それはわかってるの
それはわかってるよ

クチナシ

♪リニューアル

Artist

歌詞を見る Icon plus
自分が自分じゃないみたいで
部品がひとつずつ落ちていくみたい

いつも自然でいたいのに
このままじゃダメだって言われる

どっち?どっち?どっち?が正解なんだ!

リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
リニューアルばたんきゅー?セイ!ノー!
リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
イエス!

バンドは走る
僕らを乗せて
ひとりじゃないよ
変わりはしないよ
声を飛ばして
誰かが食べてくれたらいいな
僕らのうたを

アツくないわけじゃないのに
表にだすのは難しい

敵はいないはずなのに
ゲームオーバーしてしまいそう

どこ?どこ?どこ?がゴールなんだ!

シナリオ通りに
進まない人生
今、戦うために立ち上がり
武器をとった

リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
リニューアルばたんきゅー?セイ!ノー!
リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
リニューアルコンテニュー?セイ!イエス!
イエス!

春まで走れ
コートは捨てて
敵はいないさ
持久力勝負!
バンドは走る
僕らを乗せて
ひとりじゃないよ
変わりはしないよ
遠くまで叫べ
遠くまで届け
君のところへ
僕らのうたよ

CRASHBERRY

♪未来eMotion

Artist

歌詞を見る Icon plus

未来eMotion

We just do it now!輝いて

まぎれた甘い罠
損傷Life続行 冴えない現実を狙う
猟奇的思考 ひそめく理想

暗い世界 将来像 描く壮大イリュージョン
第1歩 踏み出してこれ以上 ここにはいられない

(for your mind)
はばたけ!That's all right ずっと
(starting line)
最初から そうだよ 夢に向き合って

未来エモーション!願った希望
感情まかせ lonely 泣いた日も
ゆるがないmy soul さらけ出していこう
未来アテンション!つまづいても
根性みせて Runway こんな日も
明日を変える強さになる
もう振り返らない誓いを胸に
We just go one road!突き進め!

途切れた直線は残像さえ即効解消
後悔も先にはたたず時効 渦巻いた葛藤

期待自体 存在を隠す状態 症状さえぎって
信じたミチ 両目をひらけばはじまる

(so long day)
探した正解なんてそう
(saying a lie)
足元にころがっているものかもね

時代エモーション!とがった私情
散々すぎる行動問題も
感じたメッセージ 伝えあっていこう
時代アテンション!傷ついても
簡単そうなAnswer 導いて
「ボクならできる。」声に出して
この先立ちふさぐ見えない壁を
We just break it now!打ち崩せ!

ありふれてる言い訳なんて捨てちゃって
思うまま君らしく 輝き放て!

未来エモーション!願った希望
感情まかせ lonely 泣いた日も
ゆるがないmy soul さらけ出していこう
未来アテンション!つまづいても
根性みせて Runway こんな日も
明日を変える強さになる
もう振り返らない誓いを胸に
We just go one road!突き進め!

CROLA

♪again

Artist

歌詞を見る Icon plus
小さな時からただ夢を見続けてた
たくさんの諦念に勝てないでいたよね
いつだって次の夢ばかり追いかけてた
そんな気がするな

砂時計は止まったまま周りは進む
私はこのまま
止まった手は誰が動かすのかくらいわかってる
この今を超えて

叫んだって泣いてたって選ぶのは自分だから
飛び出しても踏み出しても上手くいくわけじゃない
笑いたいなら夢じゃ嫌なら未来をキャンバスに
描いて進んでいこう

あっという間に過ぎていく日々たちに
足りないと嘆くばかりでは変えられない
いつだって次のチャンスばかり追いかけてた
そんな気がするなあ

何もかもつかめないままは耐えられない
進むと決めたなら
歪んでいる色眼鏡も持っていこう
自分らしさなくさずいこう

望むだけなら夢だけなら誰にでもできるけど
掴むのなら欲しいのなら誰かを超えていかなきゃ
つまずいても大丈夫だよ想いが繋ぐから
未来へ進んでいこう

いつか止まった時計は動き出す
繋ぐ想いが一歩に変わっていく
いつか枯渇した穴が満たされて
すぐ近くへ

叫んだって泣いてたって選ぶのは自分だから
飛び出しても踏み出しても上手くいくわけじゃない
笑いたいなら夢じゃ嫌なら未来をキャンバスに
描いて進んでいこう

こうなったのは誰のせい

♪幸福論

Artist

歌詞を見る Icon plus

笑い声が聞こえるこの部屋の隣では
今日も手首に傷つけて泣いてるあいつがいる
どうしてもそれが僕には許せやしなくてさ
だけどこんな人間には何もできないんだ

「楽しいことがありました」
君は笑っていたね
長々と僕に話してくれてありがとう
「悲しいことがありました」
僕は涙を流す
そしたら君も一緒に泣いてくれる気がしたよ


世界で一番幸せなんてありえないから
君のその特別な日々もありふれたものだから
世界で一番不幸になんかなれないんだ
同じように泣いてる人がここには溢れているからさ

ねぇ 気づいてよ


なんで?
わからないよ わかりたくもないんだ
でもここが僕の居場所だから


世界で一番幸せなんてありえないから
君のその特別な日々もありふれたものだから
世界で一番不幸になんかなれないんだ
同じように泣いてる人がここには溢れている

もう世界で一番の幸せはいらないから
ありふれた幸せがいつまでも続いてくれたらいい
もし世界で一番不幸になっても大丈夫さ
それ以下がないのなら少し進めばまた幸せになれる

大丈夫さ 心配しないで


笑い声が聞こえるこの部屋の隣には
誰もいなくなっていた 安心しましたか?
だけどあいつは泣いている
今日もどこかできっと泣いている
笑える日々が来ることを信じて泣いている

コトフル

♪声

Artist

歌詞を見る Icon plus
深い闇 明かりひとつ無い 手探りばかり
長い夜 ただ過ぎてく もうどうしたらいい?

ねえ 私の声 聞こえてる?
あなた耳塞いでばかり

あなたの光 眩しい
もっと照らしてみてよ
深く長い私の闇を

あなたの光 眩しい
もっと明るくしてよ
ねえ はやく

ねえ 私の声 届いてる?
遠くに行かないでよ

あなたの光 眩しい
もっと私を見てよ
深く長い私の闇を

どんなに明るくても深い闇は照らせない
そんなの知ってるの

ずっとずっと気付いて欲しかった
ずっとずっと見ていたかった
また仕舞う重く切ない私の闇

コハクノアカリ

♪愛の底

Artist

歌詞を見る Icon plus
水面は遥か頭上に見える
二人は強く抱き合いながら沈んでゆく
互い知らぬ間に定めてた予防線さえも越えて
心地良い水圧に二人だけの名前つけて
誰の声も届かないところまで

深く深く沈む暗闇の底へ
強く強く光るそれだけに身を預けて

愛している愛している愛している以外
消えてなくなる
信じている信じている信じている
向かう先が終わりだとしても


水面を跳ねる魚の群れが二人を笑う
正論という鱗を纏って高らかに歌う
若さだと愚かだと
その言葉も届かない聞こえない二人きりの世界で
昼も夜も知らず踊り続ける

深く深く沈むここは愛の底
強く強く想う
君以外すべて嘘

愛している愛している愛している以外
消えてなくなる
信じている信じている
たとえ君が僕を裏切り捨てた後も


君を苦しめる僕以外のすべてから守ってあげたい
君を待つ未来が不幸なら
その相手にだって僕がなりたい

深く深く沈む暗闇の底へ
強く強く光るそれだけに身を預けてる

浮かび上がる術はもうない
過去も未来も捨て踊り続ける
愛の底

THE SELECT BUTTON

♪サイエンス・フィクション

Artist

歌詞を見る Icon plus
明日東京に宇宙人が攻めてきたら
きっと僕はとりあえず逃げはするんだろう
生まれてこのかたサバイバルに縁もゆかりもない
この身体を渇かして地球になるんだろう

科学力を結集した光線銃を
ガン=カタよろしくど派手にぶちかます
僕がよかったのにな 僕はそうじゃないんだろうな
アブダクションされた君を 助けには行けないだろうな
そうだろうな

明日早朝のトップニュースがゾンビだったら
きっと僕は掛け布団で震えてるんだろう
意味もないのに避難グッズ枕もとに
ゾンビのように買い溜めたゲームをするんだろう

僕のこと忘れてしまった君の身体を
そっと抱きしめて冷たくなっていく
僕がよかったのにな 僕はそうじゃないんだろうな
世界とは関係なく 静かに壊れるんだろうな
そうだろうな

明日最強のウイルスがあふれ出したら
最初3日は他人事だと気にもしないだろう
意味もないのに花粉マスクを買いだめして
杉の花に出会うことは二度とないんだろう

命をつなぐ薬を片手に握り
己を顧みず奔走するような
僕がよかったのにな 僕はそうじゃないんだろうな
選択を迫られて 迷わず君を選べる
僕になれたとしたら そんな僕になれたなら
光線銃振り回して 弱った君を抱きしめる
僕になるとするなら 僕になるとするのなら
何から始めようか この部屋を整理しようか
そうしようか

桜草

♪voice

Artist

歌詞を見る Icon plus
そう、知ってる
此処にはもういられないことを
わかっている

夢の在り処を探すうちに
君は何処に行ってしまったの

そう、知ってる
本当は遠ざかってるのは
僕だってわかっている

夢の在り処へ
「またね。」
僕はもうすぐ消えてしまうから

もしもこの声がもっと透明なら
君を救うことができるのでしょう
君に触れたい

呼吸することを忘れてから
どれほど経っただろう

「消えたことすらわからないまま彷徨う声は、悲しいね。」

いつだって隣にいたいって叫んでる
耳をすませば
いつだって隣ににいたいって
叶わない願いだから
叫んでいる

もしもこの声がもっと透明なら
君を救うことができるのでしょう
君に触れたい


叫ブ君想フ声

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

メールアドレス登録